一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 [九島辰也のDRIVEN MADURO]クルマ業界も完全デジタル化!?で生まれた王様的シート

CAR

[九島辰也のDRIVEN MADURO]クルマ業界も完全デジタル化!?で生まれた王様的シート

2019.03.23

北米自動車ショー、通称"デトロイトモーターショー"が今年も行われました。 1月開催のショーとしては最後となる今年。アメリカのメーカーのほかに気を吐く日本のメーカー。 スープラを横目に日産のコンセプトカーにズームイン!

いろいろ世間を賑わせている日産。自動車業的にはルノーとの協力体制に興味が注がれます。それぞれの技術をどうシェアしていくのか。ただEVなど環境技術については日産がリード。eパワーもそうですし、リーフの航続距離からも目が離せません。

今回の北米自動車ショーもその意味見応えありました。もちろん、ショーで話題をさらったのはトヨタ・スープラですが、じつは日産も注目すべきコンセプトカーを発表しています。それがこのニッサンIMsです。

このコンセプトカーはEVです。なので内燃機関は持たず、前後ふたつのモーターと電池が搭載されます。そして完全自動運転で走ります。まぁ、ここまではそう珍しくないですが、ユニークなのはそれを目的としたキャビンのつくり方。ドライバーははじめ運転席に座ります。そして自動運転を確認すると内側に15度回転するドライバーシートを回してリアシートへ。このとき、センターコンソールもなければ床もフラット。EVなのでプロペラシャフトはありません。移動はラク。

リアシートは真ん中に座ります。通常リアは左右のシートがメインで真ん中はなおざりにされますが、こいつは逆。左右のシートバックを前へ倒し肘掛けにします。う~ん、まさに王様シートですね。広々してます。

このほかにも仕掛けはたくさんありますが、要するに今後エンジンがなくなるとデザインはより自由になることを言いたかったんですね。となると、そのうち注文建築のように発注できたりして。デザイナーが腕を発揮する時代到来です。

実際のシートに座ってその出来栄えを確認!

NISSAN IMs

1969年型ダットサン・フェアレディを所有する九島編集長。日産ウォッチャーとして今年もデトロイトへ。デザイナー、アルフォンソ氏とも親交を持つ間柄。IMsの王様シート、正式名称プレミアシートの座り心地を確認の図。

NISSAN IMs

外からじゃわからないインテリアの進化

NISSAN IMs
NISSAN IMs
NISSAN IMs

ステアリングもメーターも個性的なデザイン。未来感炸裂ですが現実味を帯びているのがわかります。シートレイアウトは「2+1+2」。リアシートのセンターを中心にした仕様で、実際は「2+1(+2)」といった感じで、決して3列シートではありません。リアシートを1名掛けにすることもできますし、左右を使って3名掛けにすることもできます。日産はこれを「プレミアシート」と名付けました。

INFINITI QX inspiration

EV化の波が一気に来そうなことを予感させる一台

INFINITI QX inspiration

昨年Qインスピレーションコンセプトを発表したインフィニティの今年のコンセプトカーがコレ。EVプラットフォームを想定したクロスオーバーモデル。インフィニティは2025年までにグローバルの販売台数の半分以上を電動化にする予定です。


INFINITI PROTOTYPE 10

頭の中に広がるのはまさに"マッハ号"の世界

INFINITI PROTOTYPE 10

昨年8月ペブルビーチで行われたコンクール・デレガンスで発表したコンセプトモデルも今回インフィニティブースに展示されていました。シングルシーターのスピードスタータイプで、セダンやSUVにも使えるモジュラー式のEVプラットフォームからなります。

NISSAN FORMULA E

レースからのフィードバックで電動化は早そうな気配

NISSAN FORMULA E

昨年から参戦を開始したフォーミュラカーも展示されました。F1ではなくフォーミュラEのほう、つまりは電気自動車です。日本のメーカーとしては初となるだけに期待大。フランスのレーシングチームe.damsとのタッグを組んでいます。


デザイン部門のトップがEVを語る

アルフォンソ・アルバイサ氏

日産のグローバルデザイン担当の専務執行役員アルフォンソ・アルバイサ氏曰く、EVはエンジンをはじめとするパワートレーンを積む必要がないため、パッケージングのスペース効率がいいとのこと。モーターとバッテリーは搭載しますが、これまでの内燃機関用パワートレーンよりずっとコンパクトにまとめられるからです。よってキャビンは広く、フロアはフラットにつくることができます。それにエンジンベイがないのでフロントの足元も広くできるそうです。

九島辰也/文 日産自動車/写真提供

RELATED

記事の一覧へ