一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 パパを優しく上品に見せるのは、英国的な“茶スエードローファー”

FASHION

パパを優しく上品に見せるのは、英国的な“茶スエードローファー”

2018.07.06

パパにうれしい足元には茶スエードのローファーがおすすめ、というお話。

タッセルローファーといえば、ドレスシューズでありながら、スニーカーのように軽やかかつ、足元の上品さを演出できる万能靴。とくに茶のスエードともなれば、その効果はさらにアップいたします。

一重に茶スエードといっても様々な色がありますが、上品さを演出するなら薄いほうがいいわけです。そこで、おすすめしたいのがこちら。

01
コインローファー7万9000円、タッセルローファー7万9000円/クロケット&ジョーンズ(伊勢丹新宿店)

で、上品をキーワードに見つけてきたのがこちらのタバコカラーのスエード。実はこれ、すごくレアなアイテムなんです。

ん? クロコでもないし、コードヴァンでもないし、何が激レアなのでしょうか。

ここから少し昔話。

今から数十年前。ジャーミンストリートにあるクロケット&ジョーンズの店舗に、とある顧客の姿がありました。その顧客は、ディアスキンをこよなく愛し、スコットランドでセレクトショップを経営する人物。彼がぜひクロケット&ジョーンズで靴を作ってほしいと革を持ち込んで、なんと実現化。以来、この顧客の専用ストック革として、使用・保管されてきました。しかし、その後タンナーは廃業。マニアの中では幻の革とされてきたのです。

そして月日は流れ2018年。

なんとクロケット&ジョーンズのファクトリーで、現存するディアスキンを発見! 今回紹介する2型に採用することが実現したのです。ね、激レアでしょ? 

その希少性はもちろん、革質においても魅力満載のディアスキン。環境のよいニュージーランド産の同革は、柔らかく、滑らか、そして傷がありません。このキメの細かいいかにも上質感の漂うタッチを見たら、欲しくなっちゃいますものね。

英国的な雰囲気に、この素材感。上品で優しく見えること間違いなしですな。

より

ハンドグレードの文字とともにアウトソールに刻まれる、鹿のモチーフ。エクスクルーシブならではのレア感を、より盛り上げてくれますね。靴マニアの間では密かに高い評価を集めていただけに、即完売は必至? 早速、お問い合わせを。

RELATED

記事の一覧へ