一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 [クルマ]悪路だってへっちゃら!アウトドアに使える超◎なボルボ新ワゴン

CAR

[クルマ]悪路だってへっちゃら!アウトドアに使える超◎なボルボ新ワゴン

2019.05.27

本格的なアウトドアシーズンが幕開けしました。サーフィンやゴルフなどに熱中するアクティブ家族は、このボルボV60 クロスカントリーで颯爽と出かけ、アウトドアな週末を満喫してはいかがでしょう。

1970年代のアメリカ西海岸から発信されたカルチャーの数々は枚挙に暇がありません。ベルボトムに象徴されるコーストファッション然り、ローラースケートやスケボー然り、はたまたイージーライダーのようなグランジスタイルだってこの頃の西海岸からのディープインパクトです。

乗り物カルチャーに目を移せば、有名なのはキャルルック。そしてサーファーたちから火がついた車高を上げる「ハイライダー」に至っては、今さらブレイクしそうな雰囲気…と思っていたら、やっぱりきました。

ボルボV60クロスカントリーは、ミドルクラスのステーションワゴンのV60をベースに、サスペンションセッティングを変更することで車高をアップ。それに伴ってタイヤハウスにかかるフェンダーのスタイルもカスタム。これこそ "あの頃" 流行ったハイライダーカスタムの基本中の基本。まるで、遊びの達人たちに支持されたスタイルを、ボルボが品よく現代的にアレンジしたかと思うような出来栄えです。

実用面でもいいことずくめで、車高が上がっていることで、サーファーにとってはビーチ周辺の悪路も不安なく走行できますし、もちろんキャンプに出かける際のドライブにも威力を発揮します。また、広大な荷室やルーフキャリアを駆使すれば、ファミリーの遊び道具を余裕で搭載できます。そうそう、パパとママ、そして子供のキャディバッグだって、楽ラク積めますから!

そんなボルボの遊び心を満載したV60 クロスカントリーは、ぜひファミリーで使い倒してほしいクルマです。


オフロード性能を引き上げた足長仕様のボルボワゴン

VOLVO V60 CROSS COUNTRY T5
[ボルボ V60 クロスカントリー T5]
価格549万円 ※税込み

ボルボ V60 クロスカントリー T5
エンジン:2ℓ 直列4気筒 DOHCターボ、最高出力:184kW(250ps)/5500rpm、最大トルク:350Nm(35.7kgm)/1800-4800rpm、全長×全幅×全高:4784×1850×1499mm(ボルボカーズジャパン)

ミドルクラスとはいえ、国内では存在感あるサイズのV60をベースに、ストロークの長いサスペンションなどで車高を上げ、オフロード性能を磨き上げたボルボ渾身のバリエーションモデル。


海と山のアクティビティにはハイセンスなワゴンが必須です

ボルボ V60 クロスカントリーのオーナーAさん
年齢
 38歳
職業 サーフショップ経営
居住地 鎌倉の海際の一戸建て

ボルボV60クロスカントリー オーナーAさん
若い頃からバックパッキングやサーフィンの虜に! それが嵩じてサーフショップを経営(アウトドアグッズも少し販売)。平日は自宅の前の海でサーフィン、週末は自称"山ガール"妻と息子をボルボに乗せて、トレッキングやキャンプに出かけます。家族みんなは新型ボルボの快適な乗り心地と、カーゴルームの使い勝手に大満足!


使い勝手抜群でアクティブ家族には鉄板チョイスです

V60 クロスカントリーの車高は、サスペンションで60mm、タイヤサイズで15mm、合わせて75mmと僅かながらのアップですが、シートに座ってみると実に新鮮な眺めに感激します。大型SUVに匹敵する "上から目線" は、運転が格段にしやすくなるので、クセになりそうなほどいい感じ! また、「ちょっと腰が…」なんてハードゴルファーのパパには乗り降りのしやすさに加え、屈まなくていい荷室へのアプローチも隠れた魅力です。車高75mmのアップは、小さいようで実はかなり大きいのです。

さらに、長くなったサスペンションストロークのおかげで、乗り心地はノーマルのV60よりもソフトで、街中だけでなくロングドライブも楽チン。それでいてミニバンのようなフワフワ感は一切ないので、高速も山道も安全かつ快適に走ることができます。

ドライバーサポートも万全で、しかもモードを選んでおけば、あとはそれぞれの機能が必要に応じて働いてくれるというスタンス。アクティブ家族にいちばんありがたいサポートは、急坂を下る際に役に立つ「ヒルディセントコントロール」でしょうか。オフロードモードにしているだけでこの機能が働き、駆動力と速度を絶妙に調節して、目もくらむような急坂を滑ることなく下ってくれます。

どうです? 機能的で安全、しかも快適なボルボ V60 クロスカントリーは、アクティブ家族には鉄板チョイスじゃありませんか!

スカンジナビアンな雰囲気が心地よいインテリア

ボルボ V60 クロスカントリー T5
ボルボ V60 クロスカントリー T5

高機能な装備、デバイスを誇るV60 クロスカントリーですが、それらの操作系統はタッチパネルや最低限のダイヤルに集約されているため、ミニマムで美しいインパネデザインを実現しました。ハンドルのパドルもデザイナーが嫌ったのか、8ATはシフトレバーのみの操作。大ぶりで座り心地のいいシートもボルボのお約束で、リヤシートも前席同様に快適です。広大な荷室と相まってファミリーユースにベストなパッケージングでしょう。

サーフィンにもキャンプにも余裕で行ける走破性!

ボルボ V60 クロスカントリー T5

最低地上高、つまりボディの下に余裕があるから少々の段差、岩場なども余裕で走れます。サスで60mm、タイヤで15mm 車高が高くなっていて、それに合わせるようにオーバーフェンダーを追加装備。この雰囲気が、70年代ハイライダー風なんですよ!


ボルボに乗って家族で行くゴルフはとても楽しいんです!

ボルボ V60 クロスカントリーのオーナーBさん
年齢
 49歳
職業 出版社営業部部長
居住地 港区骨董通りの3LDKマンション

ボルボ V60 クロスカントリーのオーナーBさん
ファッション雑誌編集部に新入社員として配属してから30余年、今は営業部で外回りの毎日。仕事で仕方なく始めたゴルフにいつしかハマり、最近は家族みんなでフェアウェイを歩くのが楽しくて堪りません。千葉のメンバーコースまでの足はもちろんボルボ。家族全員のキャディバッグが余裕で積めるカーゴスペースに納得!


問い合わせ先

ボルボ・カスタマーセンター ☎0120-922-662

POW-DER/文 ANGIOLETTA GRACE/イラスト

RELATED

記事の一覧へ