一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 [レジャー]80年前、プラネタリウム発祥の地、有楽町にまたプラネタリウム

VACATION

[レジャー]80年前、プラネタリウム発祥の地、有楽町にまたプラネタリウム

2019.06.15

東京初のプラネタリウムはどこにあったでしょう? その答えは有楽町。そんな有楽町に再びプラネタリウムができました。

1938年、有楽町に東京初のプラネタリウムがオープンしました。それから80年が経った昨年12月、同じ有楽町にオープンしたのがこちら。80年という時間はプラネタリウムを劇的に進化させました。「多目的デジタルドームシアター」は全天周の星空映像以外にも、音楽ライブや俳優が出演する作品の放映など、既存のプラネタリウムの枠にとどまらないコンテンツも魅力です。80年の時を経て有楽町にできた最新のプラネタリウムはスゴかった!

コニカ1
コニカ2

大迫力の「多目的デジタルドームシアター」では、全天周映像以外にも、映像とアクターが共演する作品や音楽ライブ、バラエティ豊かなコンテンツを用意。もうひとつの「プラネタリウムドームシアター」では、プレミアムな銀河シートを設置していて、ユニークな形のソファに寝そべりながらリアルで美しい星たちを眺めることができます。

コニカ3
コニカ4

東京 有楽町

コニカミノルタプラネタリア TOKYO

Data
☎03-6269-9952
東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン9F
営業/平日10:30~21:00最終受付、土曜・日曜・祝日10:30~21:30最終受付
無休
料金/DOME1 多目的デジタルドームシアター プラネタリウム 一般シート1600円、4歳~小学生1000円 ※税込み
https://planetarium.konicaminolta.jp/planetariatokyo

POW-DER/文

RELATED

記事の一覧へ