一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 [アウトドア]/アウトドアライフが10倍便利になるポータブル電源「アイパー」上陸!

NEWS

[アウトドア]/アウトドアライフが10倍便利になるポータブル電源「アイパー」上陸!

2019.07.09

7月2日(火)、アイパー・ジャパンは都内で発表会を開き、多彩なシーンで利用できる大容量ポータブル電源の販売開始をアナウンスしました。

アイパー・ジャパンがこの度販売を開始した大容量ポータブル電源シリーズは、時間や場所に縛られず、電気をもっと自由に使いたいという方にぴったりの商品です。アイパーのポータブル電源は、USB、AC出力ポート、DC出力に対応しており、これ1台あればスマートフォンから家電製品まで、様々なデバイスに電力を供給することができます。家庭用電力に近い「正弦波」を採用したことにより、PCなどの精密機械にも使用することが可能です。

アイパー

ポータブル電源というと、災害時の非常用電源をイメージする方も多いでしょうが、アイパー・ジャパンは非常用電源としてだけでなく、日常での使用、例えば近年盛り上がりを見せているアウトドアシーンでの活用など、ライフスタイルに合わせた活用方法を提案していくとのこと。

アイパー

発表会ではアイパー・ジャパンによってアウトドア充電大使に任命されたタレントのユージさんと快適生活研究家の田中ケンさんも登場し、「アイパー」の便利な使い方やどのように使いたいかなどのトークを繰り広げました。

アイパー

今回、日本市場には150W~800Wまでの4種類の大容量ポータブル電源を導入。アイパーのポータブル電源の中でもっともコンパクトなのが150Wの「FLASH」で、場所を選ばないサイズ感が最大の魅力。家庭用の非常用電源としてはもちろん、ポータブル電源として持ち運ぶのにも適しています。iPhoneであれば約15回の充電が可能。価格は1万6800円。300Wの「DAYWALKER」は上部にワイヤレスチャージ機能を搭載。ワイヤレスチャージ対応スマートフォンであれば、トレイ部におくだけで充電が可能です。価格は4万8800円。500Wの大容量を誇る「ELECTRO」は、クルマのバッテリースターターとしても使えるジャンプスターター機能を搭載。iPhoneを約52回充電することができます。価格は6万8800円。「ELECTRO」の上位機種となる800Wの「ELECTRO PLUS」は庭先でのDIYなど、屋外で機器を作動させるときに真価を発揮します。iPhoneなら約63回の充電が可能です。価格は9万9800円。そのほか、ソーラーパネル60W(1万7800円)、ソーラーパネル100W(2万7800円)などもあわせて販売を開始しました。

アイパー

問い合わせ先
アイパー・ジャパン https://aiper.jp

撮影/山田芳朗

RELATED

記事の一覧へ