一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 我が子にキレイな地球を残したいから、世界初の革新的な水素燃料技術でCO2排出ゼロ!

NEWS

我が子にキレイな地球を残したいから、世界初の革新的な水素燃料技術でCO2排出ゼロ!

2019.07.29

かねてより温室効果ガスの排出削減を目指し、地球環境に優しいエコ燃料技術を研究してきたEneco Holdingsは、水の電気分解の原理を進化応用させたHHO(酸水素)ガス生成装置を発表しました。

限りある資源と地球環境の破壊が世界的な問題として取りざたされる昨今。愛する我が子、そしてまだ見ぬ孫のために、住みやすい環境を子孫に残すのが、現代社会に生きる大人たちの使命でもあります。その使命の実現に向け、かねてより温室効果ガスの排出削減を目指し、地球環境に優しいエコ燃料技術を研究してきたのがEneco Holdingsです。その研究の成果は、2015年には油50%、水50%を完全融合した「エマルジョン燃料」としてすでに現れています。この「エマルジョン燃料」を使用し、バスの公道走行時の二酸化炭素排出を約半分に抑えることにも日本で初めて成功しました。

eneco

世界的に温室効果ガスの排出削減が急がれる状況下、Eneco Holdingsは水素ガスに着目しました。そしてこの度、Eneco Holdingsは、身近にある水を原料に水素燃料(ハイブリットHHOガス)を大量生成でき、CO2(二酸化炭素)を一切発生させない、原料調達の最初から最後まで地球環境に負荷をかけない、世界初の革新的技術を発表しました。それがHHO(酸水素)ガス生成装置、Eneco PLASMA R Hydrogen GASです。この装置は、水の電気分解の原理を進化応用させたもので、少量の水と独自開発した触媒の化学反応により、電気をほとんど使用することなく、低温でありながら出力の高い高濃度なハイブリッドHHOガスの大量製造を可能にしています。現在、日本国内の水素燃料価格は1㎥=100円程度ですが、この装置でハイブリッドHHOガスを生成すれば、その価格は3分の1以下、30円以下になるといいます。

エネコ

Eneco Holdingsが開発したEnecoハイブリットHHOガスは水素と酸素の混合気体とした特殊なガスです。このEnecoハイブリットHHOガスは、化石燃料(重油、灯油、軽油、BDFなど)やガス(天然ガス、LPガス、プロパンガス、シェールガスなど)で稼動している全てのもの(クルマ、重機、船舶、設備、エンジンなど)、これら全てのエネルギーの代替えエネルギーとして使用することができます。また、大きな特徴は、水から水素を取り出し、そして最後には水に戻すという、EnecoハイブリットHHOガスの生成から使用に至るまで、一切、二酸化炭素を出さない(CO2排出ゼロ)地球環境に大変優れた世界初の好循環型エネルギーなのです。

エネコ

地球環境に優しいエコな燃料の切り札は少量の水かもしれません。

エネコ

技術発表会の場ではSDGsとローカルからの変革に取り組む雑誌「ソトコト」の小西副編集長のスピーチや同志社女子大学杉浦教授によるレポートなども発表されました。

エネコ

また、Eneco Holdingsの製品導入が決まったラオスのDNMコーポレーションパブリックカンパニーとの製品導入調印式も行われました。

エネコ

問い合わせ先
Eneco Holdings 0555-22-8601

記事の一覧へ