一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 [クルマ]ロールスロイスのビスポークモデル「ベイサイド・ドーン エアロ・カウリング」発表

CAR

[クルマ]ロールスロイスのビスポークモデル「ベイサイド・ドーン エアロ・カウリング」発表

2019.07.28

ロールス・ロイス・モーター・カーズ横浜は、2017年に導入したビスポーク モデル「ベイサイド・ドーン」の成功を受け、海へのオマージュを込めたデザインをさらに進化させた特別仕様車「ベイサイド・ドーン エアロ・カウリング」を発表しました。

今回ビスポークされたベイサイド・ドーン エアロ・カウリングは、海が身近にある横浜をイメージし、カーボンファイバーと天然素材を組み合わせた最先端技術の高級ヨットやスピードボートにインスパイアされ、ヨットデザインの経歴があるイギリス・グッドウッドのロールス・ロイス本社で活躍するビスポーク・デザイナーによって手掛けられました。

デザインに関しては、モーター・ヨットの「ボート・テイル」を彷彿させるリア・エンドを特徴とするドーンを、水を切って進むような流線型にすべく、リアシートをリアデッキから延びたカバーで覆っている「エアロ・カウリング」( トノカバー)により、大人4人を快適に包み込む4シーターのドーンを伝統的なロードスターのリアスタイルを模して、滑らかな2シーターのモデルに変身させています。

RR

6層構造の幌により、世界で最も静かなコンバーチブルであるドーンは、エアロ・カウリングを取り付けたことでロードスターらしい洗練されたデザインを味わうことができるのはもちろんのこと、幌を開けた際の運転席や助手席への風の巻き込みを軽減し、より快適な走行を楽しむことができます。また、エアロ・カウリングは脱着も容易なため、いつでも4シーターとして使用できます。

RR

手作りのエアロ・カウリングは、強くて軽い素材として最新のスピードボートでも採用されるカーボンファイバーとアルミニウムで構成されています。左右のカウルの間の部分が見えるように設計されており、直径0.014 mmという極細の航空機用アルミニウム糸を互いに織り込んだカーボン・ファイバートリイリッシュというだけではなく、それぞれのカウルに本革のライニングがほどこされた鍵付きの小物入れスペースが確保されています。

RR

青い海とヨットの白い帆をイメージさせるボディカラーとレザー、ヨットのデッキを連想させるチーク材のトリム、そして最新技術のカーボンファイバーを採用することにより、遠くから眺めても横浜ならではのビスポーク・モデルであることが伝わってきます。

RR

エクステリアは、アンダルシア・ホワイトのボディにミッドナイト・サファイア・ブルーのボンネットと同色の幌が添えられ、ショルダーラインにエレガントなネイビー・ブルーのコーチラインが流れていきます。そして幌をたたむと、アークティック・ホワイトとネイビー・ブルーレザー張りの内装が現れます。ネイビー・ブルーのカラーリングは、ドアのアームレスト、ステアリング・ホイール、そしてカーペットとフロアマットまで反映され、ヘッドレストには「RR」の文字がネイビーのステッチで施されています。

RR

一方、白いドア・ポケットは、クルーズを楽しむ紳士のポケットチーフかのような小粋なコントラストを与え、白いシートにほどこされた白と青の組みひも状のビーズがヨットのブレードロープを思わせます。また、左右のフェンダーに搭載されているロールス・ロイス特有の傘も同じテーマに揃え、ネイビー・ブルーの本体にアークティック・ホワイトのビーズを加えています。

RR

ウッドトリムに関しては、ロールス・ロイスの創業者の一人である「ヘンリー・ロイス」が別荘を置いていたフランス南部の海岸「カナデル」にちなんで名づけられたオープンポアーのチーク材カナデル・パネルがリアデッキからセンターコンソールまで採用され、この特別な一台のドーンががまるで水上を滑る別荘かのごとくを思わせます。

RR

最後の仕上げとして、トレッドプレートに特別な海事の記号を使っています。船と船、そして船と陸上の間では、アルファベット文字旗26、数字旗10、代表旗3、回答旗1の計40の旗を組み合わせて通信を行いますが、その同じ旗を使って「DAWN」(ドーン)という文字を書いています。

RR

ロールス・ロイスはボートとの縁が深く、ファントムのオーナーでもあった英国人のマルコム・キャンベル卿が1937年にロールス・ロイスのエンジンを搭載したレース用パワーボートで乗り出し、時速126.32マイル(約203.29km/h)という記録を打ち立てたことから、陸、空、そして水上でも世界最速記録を達成したロールス・ロイスのR型エンジンの優れた性能をあらためて広く知らしめました。ロールス・ロイスは、その卓越したデザインとエンジニアリングを追求する英国伝統の姿勢が製造するすべてのクルマに息づいており、それこそがロールス・ロイスを超高級車の頂点に立つブランドたらしめているのです。

ベイサイド・ドーン エアロ・カウリングは、メーカー希望本体価格5297万8000円(税込み)。

RR

ロールス・ロイス ドーン
全長×全幅×全高:5295×1945×1500mm
ホイールベース:3110mm
トランク容量:244~295ℓ
車両重量(DIN):2560kg
エンジン:6591 ccV型12気筒DOHC
最高出力:570ps(420kW)/ 5250rpm
最大トルク:820Nm / 1500-5500rpm
最高速度:250km/h (リミッター作動)
0 - 100km/h加速:5秒
幌開閉:22秒

問い合わせ先
ロールス・ロイス・モーター・カーズ横浜
0120-188-250
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1
営業時間:10:00-19:00
定休日:月曜日(祝日の場合は営業)
www.rolls-roycemotorcars-nicole.com

山田芳朗/撮影

RELATED

記事の一覧へ