一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 [ライフ]ママ、子供にモテるパパの実例 フォトグラファーパパの場合

LIFE

[ライフ]ママ、子供にモテるパパの実例 フォトグラファーパパの場合

2019.08.12

今回のテーマは“家族にモテる”。フォトグラファーパパのモテる秘訣をうかがいました。

羽田 徹さんの場合

45歳・フォトグラファー/娘15歳

「娘の話をよく聞き、ときにはショッピングに付き合ってます!」

赤ちゃんのハーフバースデーや1歳の誕生日、七五三、入園・入学、卒業、結婚など、家族のかけがえのない瞬間を捉える羽田さん。自身が気さくで飾り気がない人柄だから、映される人たちは皆リラックスした表情を見せるのでしょう。
週末のアウトドアコーデも、黒いTシャツ&ジーンズにスニーカーという、アウトドアだからといって肩肘張らずいい感じで〝力が抜けた〞印象です。レストランとかに出かける格好はいつもどおりのコーデに、ちょっとだけ気取った感じを加えた装いが好印象です。
「確かに、いつも自然体を心がけているかな。15歳の娘と接する際も〝年頃の女のコ〞と構えることなく、気軽に一緒の時間を過ごしますし、なんでも話しますよ。ショッピングに付き合ったときは、服の色とかをアドバイスしますから」と笑う羽田さん。
気取らず気張らず家族と接し、リラックスして日常生活を送る。これって簡単なようで実は意外と難しい生き方ですよね?
そんな肩ひじ張らないライフスタイルだからこそ、年頃の娘さんとも仲がいいのかもしれません。

羽田1

Profile
1974年生まれ。2000年からカメラの師匠につき技術などを学び、2003年でフリーランスとして独立。現在はファッション誌やマタニティ・ベビー誌などを中心に活躍。また、ファッションフォト、ポートレートフォトの撮影も行なっています。

家族にモテる秘訣01

「週末は、よく娘と屋外で過ごします!シンプルな服を親子で楽しんでいます」

「『チャンピオン』のTシャツに『アメリカンイーグル』のジーンズ、それに『コンバース』というカジュアルスタイルが定番」と、自身のコーディネートを説明。15歳のなつさんは作業着風のワンピース。「公園の散歩や街中の買い物の最中に、2人でいろんなことを話します」とか。

羽田2

家族にモテる秘訣02

「長男の成人祝いのプレゼントは息子が誕生した年に選んだ腕時計を!」

2001年に長男の健久(たけひさ)さんが誕生。「息子が成人したらプレゼントしようと思って、生まれた年に購入。2年後の成人式が楽しみなんです」と笑う羽田さん。いやはや、息子の成人祝いを生まれた年に買って、あえて日常で使い続けている…なんて素晴らしいパパなんでしょう!オメガ スピードマスタームーンウォッチ プロフェッショナル 35万円(当時)を渡される息子も、渡すパパも幸せですね。

羽田3

家族にモテる秘訣04

「南国の高級リゾートならみんなが心身ともにリラックスできます!」

フリーのカメラマンの羽田さんは、休みを比較的自由に決められます。そこで定期的に沖縄への旅行を企画し、みんなで南国リゾートを満喫するそうです。「マリーンアクティビティ、料理、サービスなど、すべてが行き届いている『カヌチャリゾート』なら、僕も妻も子供たちも思い思いに楽しむことができます」と羽田さんは絶賛!こういう家族サービスを欠かさないことが、パパの好感度をアップさせるのです。

羽田4-1
羽田4-2
羽田4-3

沖縄・名護
カヌチャリゾート

Data
☎0980-55-8880(代表) 沖縄県名護市字安部156-2
宿泊/7~10月 WEB 公式サイト シンプルステイプラン(特典なし)2名1室:1名 1万2000円~(税サ込)
https://www.kanucha.jp

家族にモテる秘訣05

「定番の沖縄家族旅行の楽しみ!那覇にあるイケメンピザ屋がお気に入り」

沖縄観光で島内を回る際には、那覇市内の『BACAR(バカール)』に行くそうです。羽田さん曰く「ここのピザはこだわりがあって、マルゲリータとマリナーラの2つしかないんです。どちらも凄く美味しいし、お店の雰囲気はお洒落だし、店員さんはみんな格好いいし、いやはや文句のつけようがありません」と!沖縄本島に行ったら、家族サービスでぜひこのBACARにお立ち寄りください。絶対満足しますよ。

羽田5-1
羽田5-2

沖縄・那覇
BACAR

Data
☎098-863-5678 沖縄県那覇市久茂地3-16-15
営業/17:30~22:30頃LO 無休 料金/ピッツア マルゲリータ1620円、ピッツァ マリナーラ1620円、ゼッポリーネ410円、ほか
http://bacar.jp

内田裕介(MAETTICO)/撮影・人物 

髙塩崇宏/スタイリング
向後信行(JANEiRO)/ヘアメイク
瀧川修平/文

RELATED

記事の一覧へ