一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 九星でパパと家族の2018年下半期を占う[四緑木星の運気]

LIFE

九星でパパと家族の2018年下半期を占う[四緑木星の運気]

2018.08.01

陰陽五行説をもとに9つの星の動きで運勢を観る「九星気学」。ここでは、四緑木星と呼ばれる「本命星」のかたの運気を占っていきましょう。

まずは自分の「本命星」をチェック

表

本命星は生まれた年で9つに分類されるので、生年が何にあたるかをチェック。ただし、九星気学では1年は立春から節分までと考えます。1月1日~2月3日に生まれた人は、前年の本命星(例えば、昭和55年1月25日生まれの人なら昭和54年生まれと考えます)になるので注意してください。同じ“九星”なら同じ気質・運気を持つといいます。ぜひママや友人、仕事仲間の“九星”もチェックしてください。

 

全体運

今までの努力がしっかりと報われる下半期

バイオリズム

運気好調の上半期を経て、下半期はこれまでに頑張ってきたことが“目に見える成果”として現実化します。努力してきた人には輝かしいスポットライトが当たり、表彰されたり、賞を取ることもあります。しかし逆に、怠けてきた人にはなにも起きませんので上半期次第の下半期といえます。また、この時期はすべての物事が表面化しやすく、隠し事や悪事は白日のもとに晒され、清算を求められることも…。気をしっかりと引き締めて、いつ誰に見られても恥ずかしくない正しいおこないをすれば、運気を巻き返せるので頑張ってください。

 

金運

大盤振る舞いの出費にご注意を

仕事での活躍が期待できるので、金運は良好。ただ、社会的に活躍することでアウトフィットやつき合いに出費がかさみ、入った分だけ出てしまいます。また、大盤振る舞いしてお金を貸すと戻ってこない可能性もあるので注意を。貸すならあげる気持ちで。

 

仕事運

これまでの種まきが、ついに開花

これまでの努力が開花する時期。素晴らしいアイデアが次々と浮かび、周囲にも注目されてやりがいを感じるでしょう。勢いがある分、明暗がはっきり出るときなので奢らず、調子に乗らず、誠実な行動を。確実な積み重ねが成功をもたらします。

 

家庭運

ママへの協力が評価拡大のチャンス

これまでくすぶっていたことが表面化する下半期。人づき合いがうまい四緑木星なのに家庭で何となく疎外感を感じているなら、いまが解決するグッドタイミングです。明るい表情で、家事や育児を少し頑張るだけでママから格段に評価されます!

 

健康運

仕事でのストレスをうまく解消するように

仕事の忙しさはありがたいとはいえストレスが溜まりやすいので、うまく解消するように心掛けたいもの。また、頭に血がのぼりやすい時なので、イライラしないように。この機会に効果的なストレスマネージメント方法を見つけてください。

 

運気を上げる色、方角、食べ物は?

方位

色ならば、静かながら熱く燃える「パープル」。方角は、「西北」が勝負運、財運、出世運がアップする大吉方位で、サポーターや引き立ててくれる人の出現も。「東北」は良い変化が起こる大吉方位で、有形無形の相続運や不動産運もアップしそう。いまは貯金もままならない人でも、先々に良い物件が見つかるなど変化が出てきそうです。四緑木星の性質は「風」ですので、その風が長くなればなるほど力を得ます。そして長いほど運気があがるのは食べ物も同じ。「うどん」「中華そば」「パスタ」などの麺類、「うなぎ」などの長い生き物が開運フードです。また三碧木星と同じで野菜も運気を上昇させます。

 

ちなみに…、四緑木星のママはこんな人

和を重んじて、だれとでも合わせられるタイプ

社交的で人づき合いが上手な四緑木星は八方美人な部分もありますが、基本的には人々に引き立てられる幸運を持ち合わせています。どんなグループにもなじむことができますが、胃腸が弱いので要注意。周囲に気を使いすぎたり、プレッシャーで急にお腹が痛くなることも。

 

監修/さくまさちこ

2000年より都内自宅にて退行催眠、九星気学、バッチフラワーなどを取り入れたサロン、「アクアディヴィータ」主宰。ヒプノセラピスト、九星気学アドバイザー、バッチ財団登録プラクティショナー、バッチ国際教育プログラム認定講師、産業カウンセラー、ソフィア認定フィトセラピスト。講師やセラピストとして活動する傍ら、ニューエイジ音楽ユニット「SEIRIOS(セイリオス)」の運営にも関わる。

 

 

RELATED

記事の一覧へ