一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 [時計]カシオ・エディフィスにホンダレーシングとのコラボモデル登場

WATCH

[時計]カシオ・エディフィスにホンダレーシングとのコラボモデル登場

2019.08.23

ホンダF1エンジンに使われる特殊素材をベゼルに用いた薄型クロノグラフがエディフィスから登場です!

カシオは、「Speed and Intelligence」をコンセプトとした高機能メタルウオッチ「EDIFICE(エディフィス)」より、「ホンダレーシング」とのコラボレーションモデル第2弾として、「EQB-1000HRS(世界限定900個)/ EQB-1000HR(世界限定2900個)」を10月18日に発売します。

ホンダ1

「ホンダレーシング」は、ホンダが世界で展開するモータースポーツ活動の総称で、カシオ計算機がサポートしている「スクーデリアトロロッソ」に2018年からパワーユニットを供給しています。「ホンダレーシング」と「エディフィス」は、ともに日本で生まれ、高度な技術を追い求める精神を有していることから、2018年10月に初めてのコラボレーションモデル「EQS-800HR」を発売し、好評を博しました。そして今回の第2弾モデルでは、「ホンダレーシング」の協力のもと、ホンダの四輪モータースポーツの技術開発を行う研究所、HRD Sakuraと共同で開発を進められました。

今回のモデルは、ホンダより実際にF1エンジンのバルブに使用されている特殊素材「チタンアルミナイド」の提供をカシオ計算機が受けたことによって商品化が実現しました。まさにパワーユニットの部品を搭載したコラボレーションモデルとなっています。

ホンダ

「ホンダレーシング」のイメージカラーである赤いバンドの「EQB-1000HRS」には、削り出しの「チタンアルミナイド」をベゼルに用いています。さらに、エンジンの内部にも実際に行われているダイヤモンドライクカーボン(DLC)加工をベゼルの表面に施し、耐摩耗性に優れた外装を実現しています。

「EQB-1000HRS/EQB-1000HR」のベースモデルには、タフソーラーとスマートフォンリンク機能搭載の薄型クロノグラフ「EQB-1000」を採用。文字板には、エンジンシリンダーの中で点火した瞬間の燃焼をイメージして、赤と黒のグラデーションカラーが施されました。両モデルの文字板や裏蓋、「EQB-1000HRS」のバンド部には「ホンダレーシング」のロゴをデザインし、ホンダのパワーユニットと、それを搭載する「スクーデリアトロロッソ」のF1カーの写真がレイアウトされたカードを同梱。プレミアム感あふれるモデルに仕上げられています。

ホンダ5

EQB-1000HRS

ホンダ2

バンド素材(カラー):クロス(赤)
価格:11万円(税抜き)  
限定個数:世界900個  
発売日:10月18日

EQB-1000HR

ホンダ6

バンド素材(カラー):ステンレス(ブラックIP)
価格:6万2000円(税抜き)
限定個数:世界2900個
発売日:10月18日

防水性:10気圧防水
通信仕様:通信規格 Bluetooth® low energy
通信距離:~2m(環境により変化)
ストップウオッチ:1秒単位で表示、 24時間計、ラップメモリー200本、ラストラップインジケーター付
アラーム:時刻アラーム1本
そのほかの機能:モバイルリンク機能(約300都市のワールドタイム設定機能、自動時刻修正、ワンタッチ時刻修正、簡単時計設定、携帯探索機能、1/1000秒単位でのストップウオッチデータの転送)、フルオートカレンダー、日付・曜日表示、バッテリーインジケーター、デュアルタイム
使用電源:タフソーラー(ソーラー充電システム)
連続駆動時間:パワーセービング状態※2で約19カ月
大きさ:49.9×45.6×8.9 mm
質量:EQB-1000HRS約64g/EQB-1000HR約135g

問い合わせ先
カシオ計算機 お客様相談室 ☎︎03-5334-4869

RELATED

記事の一覧へ