一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 まじめに時計美を追求する「クロノスイス」! 鮮やかなのに品がいいから オンオフ両方で知的に見える!!

WATCH

まじめに時計美を追求する「クロノスイス」! 鮮やかなのに品がいいから オンオフ両方で知的に見える!!

2018.08.09

時計の記事を見てるとタマにでてくるレギュレーターの文字。 これって何 ? と疑問に思ってよく見ると文字盤上に針が散乱しています。 フツーの3針モデルと異なり、時針と分針がバラバラ…しかも分針のほうが目立つ! そのデザインが妙に気になり、思わず二度見してしまうクロノスイスを紐解きます。

スキのない着こなしの男を目にするとき、気になるのはそのディテール。Vゾーンのコーディネートなんかが目につくのはもちろんだが、実は時計のマッチングも重要な要素のはず。にもかかわらず、スーツにチープなカジュアルウォッチをしていたり、カジュアルにビジネス臭い3針時計をしているなど、意外にも無頓着な洒落者が多いのも事実。ファッションに比較して腕時計の選択肢は思いの外少ないからね。


しかし、実は知る人ぞ知るアイテムがまだある。それがレギュレーター・ウォッチ。そしてレギュレーターを得意とするのが、ドイツ発祥の時計ブランド、クロノスイスだということは知っておくべきだと思う。


レギュレーターとは何かと語るなら、まずは特徴的なフェイスにはぜひ注目してもらいたい。いわゆるフツーの時計ってやつは、時針と分針の支点が文字盤の中心で一致しているもの。ところがレギュレーターでは、それがズレてついてる。


つまりは針がいっぱいついているように見えて、表情が豊かなのだ。初めて会う相手が遠目で見ても印象に残るユニークなデザインが、オンでもオフでもイケるということは写真の通り。使いこなす価値のある一本だ。

 

フライング・レギュレーター ナイトアンドデイ

回転する星空がロマンチック

レギュレーター・モデルを作って30周年を記念したモデル。ホーンバックを使ったレザーストラップも印象的。

クロノスイス01
スーツ10万8000円/サンタニエッロ、シャツ3万4000円/ルイジ ボレッリ(ともにバインド ピーアール)

 

クロノスイス02
SSケース、ケースサイズ 41mm、ケース厚13.85mm、ガルバニックブラック文字盤、自動巻き、パワーリザーブ42時間、100m 防水、ルイジアナ・アリゲーターストラップ、世界限定50本。103万円/クロノスイス(栄光時計03-3837-0783 http://chronoswiss.com/jp

 

クロノスイス03
ジャケット5万5000円/チルコロ1901、シャツ2万5000円/ボリエッロ(ともにビームス ハウス 丸の内)

 

クロノスイス04
SSケース、ケースサイズ 41mm、ケース厚13.85mm、ガルバニックブルー文字盤、自動巻き、パワーリザーブ42時間、100m 防水、ルイジアナ・アリゲーターストラップ、97万円/クロノスイス(栄光時計03-3837-0783 http://chronoswiss.com/jp

 

フライング・グランドレギュレーター 限定モデル

インパクトのある色遣いでエネルギーを表現

レギュレーター・モデルを作って30周年を記念したモデル。ホーンバックを使ったレザーストラップも印象的。

クロノスイス05
ニット3万4000円/バフィー、Tシャツ4万3000円/フェデッリ(ともにバインド ピーアール)

 

クロノスイス06
フラッシュイエロー ※世界限定15本
DLCコーティング・ブラックグレーSSケース、ケースサイズ 44mm、ケース厚2.48mm、ギョーシェ仕上げガルバニックブラック文字盤、手巻き、パワーリザーブ42時間、30m防水、ホーンバック仕様ルイジアナ・アリゲーターストラップ、限定15本。145万円/クロノスイス(栄光時計03-3837-0783 http://chronoswiss.com/jp

 

クロノスイス07
スーツ27万7000円/ベルベスト、シャツ3万5000円/ラボラトリオ ナポレターノ、ネクタイ1万4000円/ジョン コンフォート、チーフ2600円/ビームスF(以上ビームス ハウス 丸の内)、メガネ3万2000円/エナロイド(ブリンク・ベース)

 

クロノスイス
レッドパッション ※世界限定30本
DLCコーティング・ブラックSSケース、ケースサイズ 44mm、ケース厚12.48mm、ガルバニックレッド文字盤、手巻き、パワーリザーブ42時間、30m 防水、ホーンバック仕様ルイジアナ・アリゲーターストラップ、限定30本。153万円/クロノスイス(栄光時計03-3837-0783 http://chronoswiss.com/jp

 

島津 明/撮影・人物 島本一男(BAARL)/撮影・静物 黒田 領/スタイリング 向後信行(JANEiRO)/ヘアメイク

記事の一覧へ