一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 [クルマ]新マカンターボは最高出力440psに!

WATCH

[クルマ]新マカンターボは最高出力440psに!

2019.09.03

ポルシェのミドルサイズSUVであるマカンのトップモデルとなるマカンターボにもマイナーチェンジが施されました。新しいマカンは最高出力は440psで、コレまで以上に俊敏で快速なポルシェらしいSUVになりました。

ポルシェの新マカンターボは、ポルシェのミドルサイズSUVのトップモデル。大幅に再設計された新しいトップモデルの新しい2.9ℓ6気筒ツインターボエンジンの最高出力は324kW(440ps)。これは、排気量は先代より20%ダウンサイズしながら、出力は10%増えたことになります。オプションのスポーツクロノパッケージを使用すると、静止状態から4.3秒で100km/hに到達(先代比マイナス0.3秒)。最高速度は270km/hです(同プラス4km/h)。ポルシェの常でニューモデルではブレーキも強化。新マカンターボには、最適化されたシャシーの一環として、パワフルなポルシェサーフェスコーテッドブレーキ(PSCB)を標準装備しました。

また、マカンターボのエクステリアは、ターボ専用フロントエプロンやダブルウイングデザインによる固定ルーフスポイラーなど、ユニークなアクセントでターボであることを主張します。標準化された18wayアダプティブスポーツシートやBOSE®サラウンドサウンドシステムも新たなマカンターボのハイライトです。

ぽ01

センターターボレイアウトによるパワフルなツインターボエンジン 

新マカンターボの2.9ℓエンジンで採用されているセンターターボレイアウトは、ポルシェカイエンとパナメーラにすでに搭載されています。エンジンの最高出力は、先代モデルの3.6ℓ6気筒ターボエンジンを29kW(40 PS)上回り、1800-5600rpmで550Nmの最大トルクを発生します。そしてこのパワーとトルクは、7速PDKデュアルクラッチトランスミッションとポルシェトラクションマネージメント(PTM)4WDによって地面に伝えられます。燃料消費量は9.8ℓ/100km(NEDC)。 

ポルシェサーフェスコーテッドブレーキをすべてのマカンにオプション設定 

新マカンターボには、優れたドライビングダイナミクスに合わせて、ポルシェサーフェスコーテッドブレーキ(PSCB)が標準装備されます。ポルシェ専用のこの革新的な高性能ブレーキは、ディスクにタングステンカーバイドコーティングが施されているため、従来の鋳鉄製ブレーキと比較して、レスポンスは速く、摩耗は少なく、ブレーキダストは最大90%低減。ハイグロスのブレーキディスクとホワイトに塗装されたブレーキキャリパーが特徴のPSCBは、他の全てのマカンモデルでもオプションで装着可能です。

ぽ02

フロントターボエプロンとリアのダブルウイングによるユニークなデザイン

新マカンターボは、3つの大型エアインテークとハイレベルフロントライトを備えた専用フロントエプロンと、ポルシェダイナミックライトシステム(PDLS)を組み込んだ標準装備のLEDヘッドライトによって、トップエンドモデルとしてのステータスを明示します。専用に開発されたダブルウイングデザインの固定ルーフスポイラーは、ターボモデル特有の装備です。また、標準装備されるスポーツエグゾーストシステムは、独自のシルバーカラーツインテールパイプによって認識される。 

18wayスポーツシートとサラウンド サウンド システムを標準装備 

新マカンターボには、スムースレザー仕上げのレザートリム、18way電動調整機能とコンポートメモリパッケージを備えたアダプティブスポーツシートが標準装備されます。アルカンターラルーフライニングとブラッシュアルミニウムインテリアパッケージによってハイクオリティのインテリアが強調されます。完全にネットワーク化された標準装備の10.9インチフルHDタッチスクリーン搭載ポルシェコミュニケーションマネージメント(PCM)は、14個のスピーカーと665Wの出力を備えたBOSE®サラウンドサウンドシステムに接続されます。リアルタイム交通情報とボイスコントロールによるオンラインナビゲーションもここに含まれます。その他の標準機能として、Porsche Connectには、LTEテレフォンモジュール、外部SIMカード用スロット、Wi-Fiホットスポット、多数のPorsche Connectサービスが付属します。 

ぽ04

問い合わせ先
ポルシェ カスタマーケアセンター ☎︎0120-846-911
http://www.porsche.com/japan/

RELATED

記事の一覧へ