一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 九星でパパと家族の2018年下半期を占う[八白土星の運気]

LIFE

九星でパパと家族の2018年下半期を占う[八白土星の運気]

2018.08.11

陰陽五行説をもとに9つの星の動きで運勢を観る「九星気学」。ここでは、八白土星と呼ばれる「本命星」のかたの運気を占っていきましょう。

まずは自分の「本命星」をチェック

表

本命星は生まれた年で9つに分類されるので、生年が何にあたるかをチェック。ただし、九星気学では1年は立春から節分までと考えます。1月1日~2月3日に生まれた人は、前年の本命星(例えば、昭和55年1月25日生まれの人なら昭和54年生まれと考えます)になるので注意してください。同じ“九星”なら同じ気質・運気を持つといいます。ぜひママや友人、仕事仲間の“九星”もチェックしてください。

 

全体運

去年からの運気がさらにパワーアップ

バイオ

昨年から続いている上昇運の影響が感じられた上半期、大成功を実感できた人も多いはず。下半期はやや下降気味とはいえ、引き続き素晴らしい好運期に恵まれます。周囲の信頼を得て物事がうまく整うので、新規事業や転職、マイホームを買うなど何をするにも良い時期。ただこの幸運期を享受できるのはこれまで誠実に頑張ってきた人であり、周りの協力に感謝できる人。そこを怠ってきた人には思わぬ落とし穴や邪魔が入ることもあります。運気を活かすも殺すも自分次第。自己を顧みながら慎重に物事を進めてください。

 

金運

景気が良くても貸し借りは厳禁

もともと金銭感覚は堅実で、浪費を嫌うのが八白土星です。下半期は良好な仕事運、金運に加え、ラッキーな臨時収入があるかもしれません。ただし、せっかくの運気を乱すもとになるのが、他人にお金を貸すこと。ココはきっぱりと断ってください。

 

仕事運

これまでの信頼関係が下半期を左右

これまでコツコツと貯めてきた“信用”が今期の仕事運を左右します。努力を重ね、丁寧に準備・計画してきた人にとっては花開く時。開運の鍵は人でありチームワークです。ココを押さえれば社内や顧客の信頼を得ることができ、遠方の取引も成功します。

 

家庭運

家族の愛がさらに深まる時期

家族間の信頼が強まり、深い絆を感じることができる時期。これまで家族を大切にしてきた人なら、しっかりと結びつきながらも、風通しの良い家庭の雰囲気に癒されるはず。この時期は家族に慶び事もありそうで、連帯感もより強まるでしょう。

 

健康運

心身ともに充実…、でも油断は大敵

この時期は、心身ともに充実した健康な状態がベースになっています。満足感はしっかりとありますが、限界を超えないように無理は禁物です。健康であるからこそ、良い運勢の上昇スパイラルにのれると心して、自己管理を徹底してください。

 

運気を上げる色、方角、食べ物は?

方位

目標達成を補う「グリーン」がキーカラー。社交的になれば人脈も広がります。男性としてひと回り大きく成長する好機を掴むなら…、「東」は発展運、出世運、活力が生まれ、クリエイティブ運がアップする大吉方位となるでしょう。金運、社交運を活発にするなら「西」。家庭運、不動産運、仕事運を一気に上げるなら「西南」へどうぞ。本来、骨という意味がある八白土星。そこで骨の周りいついているお肉を食べましょう。特に牛肉が◎。骨がついた「スペアリブ」「リブステーキ」はもちろん、骨繊維に近い筋を使った「牛筋の煮込み」などもおすすめです。また甘いもの、とくに「最中」が開運アップにつながります。

 

ちなみに…、八白土星のママはこんな人

家族はもちろん、親族も大切にする子煩悩タイプ

第一印象は強気で近寄りがたく感じられますが、気心知れるとなかなかいい人だとわかり、一気に仲良くなるタイプ。マナーや所作の美しさも大人の女性としての魅力を高めます。八白土星のママは何かと実家や親族との付き合いが多く、家族を大事にする子煩悩の人が多いようです。

 

監修/さくまさちこ

2000年より都内自宅にて退行催眠、九星気学、バッチフラワーなどを取り入れたサロン、「アクアディヴィータ」主宰。ヒプノセラピスト、九星気学アドバイザー、バッチ財団登録プラクティショナー、バッチ国際教育プログラム認定講師、産業カウンセラー、ソフィア認定フィトセラピスト。講師やセラピストとして活動する傍ら、ニューエイジ音楽ユニット「SEIRIOS(セイリオス)」の運営にも関わる。

 

 

RELATED

記事の一覧へ