一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 ミニであってミニじゃない! ひとつ上の本格派にうっとり

CAR

ミニであってミニじゃない! ひとつ上の本格派にうっとり

2018.08.18

スタンダードなミニも十分魅力的で可愛いが、もっとゴーカートフィールを楽しみたい! なんて方のために用意されたJCW(MINI JOHN COOPER WORKS)。それをサーキットで走らせるため韓国までひとっ飛び。編集長・九島が、JCWだらけのサーキットデーをアドレナリン全開で楽しんできました!

ミニにとってJCWは特別なモノ。簡単に言えば、メルセデスのAMG、BMWのMといったポジションですが、その名前の謂われがいい。言わずもがな、JCWはジョン・クーパー・ワークスの頭文字。直訳すれば「クーパーさんの作品」ってことになります。

ジョン・クーパーはご存知、50年代に活躍したF1をも手がけるレーシングコンストラクターで、マシンにはジャック・ブラバムが乗っていたという一流中の一流。登場人物がレジェンド的ですね。でもって60年代にミニをチューニングして大活躍。いまもクラシック・モンテカルロラリーでその足跡を垣間見られます。

メイン

なんて話はここまでにして、先日マイナーチェンジした3ドアハッチバックベースのJCWとお馴染みクラブマンとクロスオーバーのJCWをサーキット試乗してきました。韓国のインジェ・スピーディウムで。

3.9㎞の本コースで最大限そのパフォーマンスを披露してくれたのはクラブマンでした。231psにスープアップされた2リッター直4ツインパワーターボは迫力満点。コーナーのどこからでも踏んでいってパワーを出します。ものすごく太いトルクで。

しかもボディ剛性が高いので車体が捻れることなく挙動を安定させます。足のセッティングがサーキット向きなのでしょうね。抜群の接地感です。

気持ちよく走ってピットに戻ると、チャーリー・クーパーという方と会いました。ジョン・クーパーのお孫さんです。JCWのアンバサダーだとか。もはやJCWは家業なんですね。

 

試乗できるのであれば、どこへでもひとっ飛び

サブ1
サブ2

インジェ・スピーディウムは2013年開業でスーパー耐久が行われたレーストラック。場所はソウルからバスで3時間と遠いが、サーキットホテルが隣接されていた。そしてそこで全開のパフォーマンスを見せてくれたのがJCW。試乗車はハッチバックとクラブマン、クロスオーバーの3種類。どれも同じエンジンで、サスペンション、ブレーキなどにも手が加えられる。

 

ロングホイールベースの利点はここにもあった!

サブ4
サブ5

今回意外なまでにスッキリした走りを見せてくれたのはクラブマンJCW。高い運動性能とロングホイールベースから生まれる安定感が際立った。コレは新たな発見! クロスオーバーも背の高い分コーナリング速度は落ちるが迫力の加速を見せてくれた。

 

 

九島辰也/文 BMWジャパン/写真提供

RELATED

記事の一覧へ