一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 [時計]フランク ミュラーのトノウ カーベックス パーペチュアルカレンダーに新作登場

WATCH

[時計]フランク ミュラーのトノウ カーベックス パーペチュアルカレンダーに新作登場

2019.10.02

2017年にアニバーサリーモデルとして登場し、人気を博した“2851”コレクションに、複雑機構“パーペチュアルカレンダー”を搭載したステンレススティールモデルが登場しました。

フランク ミュラーのブランド創設初期に生産された2851ケースは、“トノウ型の代表作”であり、フランク ミュラーのイメージを牽引する時計として使われています。そして、パーペチュアルカレンダーは1990年代初期の“看板”モデルに搭載されていた複雑機構のひとつでした。2851ケースは、現行のトノウケースよりも細長いシェイプにデザインされています。文字盤はホワイトマット仕上げに黒のビザン数字のレタリングがこれ以上ない絶妙なバランスでレイアウトされ、ケースの四隅に向かって放射状に傾斜がある文字盤が、美しい立体感を生んでいます。

フランクミュラー

パーペチュアルカレンダーは、2100年までのカレンダー(暦)を正確に指し示すことができるよう、機械式のムーブメントに完璧に組み込まれている機構です。たとえば、月名を表示する歯車は1年で1周、閏年を表示する歯車は4年に1周するために、つねに緻密な動作を受け持つことになります。これとは対照的に、ムーブメントの心臓部は、1年間に10億90万回以上ものビートを打っていることになります。つまり、ムーブメントの歯車は、1個1個がそれぞれの役割を担い、それぞれの機能は歯車の歯の数によって分担されています。秒、分、時間を表示する歯車は、互いに噛み合って時刻を表示するように調整されています。

パーペチュアルカレンダーは、この一連のギア・トレインに、日付、曜日、月名、閏年のそれぞれの歯車が連動していくのです。この超複雑な機構を備えた腕時計は、人が時を知るうえで、その最小単位である秒から最大単位の年まで、そのすべてを完璧に内蔵し、さらに月齢を知らせるムーンフェイズまで表示できるため、まるで腕時計のなかを小さな天体が運行しているかのようです。

1582年から始まり今なお用いられているグレゴリオ暦による、人の作った“時”の巡り。フランク ミュラーは、わずか5cmの腕時計の中に、100年という人の一生以上の時間を刻々と刻み続ける機構を搭載しました。「トノウ カーベックス パーペチュアルカレンダー25th」は、四季を感じ、有限の時を人と同じように刻み続けます。そこには、ひとつの人生を共に語る時計として、誰よりも時を愛し、固定概念と闘ってきた正真正銘の創造者ならでの哲学が込められているのです。

トノウ カーベックス パーペチュアルカレンダー 25th
473万円(税抜き)
自動巻き、時、分、パーペチュアルカレンダー、ステンレススティール、ステンレススティールブレスレット、25本限定

問い合わせ先
フランク ミュラーウォッチランド東京 ☎︎03-3549-1949
フランク ミュラーウォッチランド大阪 ☎︎06-6251-4101
フランク ミュラーウォッチランド福岡 ☎︎092-739-1949

RELATED

記事の一覧へ