一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 [ライフ]パパ友談議連載第7回「子供が自分の意思で将来を選択できる教育環境とは?」

LIFE

[ライフ]パパ友談議連載第7回「子供が自分の意思で将来を選択できる教育環境とは?」

2019.10.06

今回は端正なルックスに男気をまとい、家族愛に溢れる早川 晋さんを囲んで、悩めるパパ4人でワイワイ話が盛り上がりました。

本文画像CENTURION 西川将史代表取締役
5歳と11カ月の2児の男の子のパパ。多忙を極めながらも、小学校受験に向け様々な問題クリアに奮闘しています。

本文画像

MADURO 大久保清彦総編集長
6歳の男の子を持つ大久保パパ。MADUROの総指揮を執りながら、精力的に子供とのコミットメントを図っています。

今月のゲストパパ代表1

本文画像

ゼネラルリンク取締役 早川 晋さん 
会計監査、某上場企業、DeNA、シーエー・モバイルを経て、2018年にゼネラルリンク取締役に就任。現在41歳、1男1女のパパさんです。

今月のゲストパパ代表2

本文画像

日活株式会社  社外取締役 杉山全功さん
ザッパラス、enishの2社を東証一部上場へと導いたことで知られる上場請負人。現在54歳の中学2年生になる娘さんのパパです。

公立小に通う1年生の息子さんと幼稚園年中の娘さんの2児のパパである早川さんがパパ友談議に参加。仕事上の先輩的存在である杉山全功さんも参戦され、4人の熱い談義が交わされました。

西川 もう小学校お受験直前。今、小学校お受験に向けて最後の追い込み学習中ですが、志望校に入れなかった時のことも考え始めるように…。早川さんの息子さんは、今年から小学生ですよね?

早川 目黒区の公立小学校に通っています。幼稚園から公文(※1)に通っていましたが、小学生の頃は近隣に住んでいる地元とのつながりを大切にしたいので、小学校お受験は考えませんでした。でも、中学校受験は計画してますので、今から渋谷の四谷大塚(※2)に通っています。

大久保 最近は中学受験の塾に入るのも大変なんですよね。渋谷区や港区周辺だと、小学校4年生からでは遅すぎて、もう有名塾は定員オーバーと言われています。今年、お子さんが港区の公立小学校に進学した知り合いのパパは、幼稚園を卒園したら、すぐ中学受験塾に入れてましたね。

早川 私自身、学生時代に個別指導塾でバイトをしていたので、勉強を教えることは得意なんです。息子とは毎朝6時30分から1時間、一緒に勉強しています。ちゃんとできたらいっぱい褒めています。そうすると自分から進んで勉強しています。

杉山 私の娘は幼稚園、小学校、中学校とお受験してきました。現在は中学2年生ですが、中1になってすぐに大学受験に向けて塾通いがスタート。地方創生の一環として文科省主導で大学合格者数の大きな絞り込み(※3)が始まり、大学受験が大変みたいです。なので、大学付属の学校(※4)は人気が上がり過ぎて、偏差値が参考にならないほど。小・中学校受験がより難しくなっていますね。

西川 小学校受験は面接など親のウエイトが圧倒的に大きく、小学校受験の勉強はまだ親が子供に教えられるので、親主導で受験を進めていきますよね。中学受験となると、もはや親が教えられるレベルの試験ではなく、子供の自主性も出てくるので、より大変なのでしょうか……。

杉山 そういえば最近、中学受験を題材にした漫画が話題になっているの知ってますか?「二月の勝者」(※5)という漫画なのですけど、これから中学受験を目指すパパにぜひおすすめ。中学受験の絶対的バイブルと評価されています。

西川 早速読んでみます! 塾代もお受験が近づくにつれて、直前対策や個別指導などアドオンされていって、費用がかさんでいきます。インターは費用が高すぎる(※6)と言わますが、小中高に渡って受験対策し、塾通いしていくコストと、小中高インターに通うコストは変わらないかもしれませんね。むしろ社会に出て、これからより大切になってくる学歴より英語力なのでインターの選択も考えています。

早川 大学生のときに塾講師のバイトをしていましたが、夏期講習だけで30万円以上を払っている親御さんも多くいました。今年、小学校1年生なった息子には、算数と国語(※7)を毎朝、集中的に学ばせていて、希望校の中学に受かれば人生の選択肢が広がるよって話しています。それと家の中で一番偉いのは父親で、次は母親と教育しています。一見すると昭和っぽいですが、私は永久不滅なテーマと思っております。息子にいつも尊敬されるパパでありたいし、息子にも将来我が子に尊敬される父親になってほしい。娘にはママのような女性になりなさいって言っています。

西川 家族観はうちも近いですね。子供のことはもちろん大切ですが、依存はしたくない。僕は奥さんのことも第一に大切に考えてもいますので、2人の子供がいる今でも、キチンと2人きりで頻繁にデートして、夫婦の時間も大切にしています。

杉山 教育環境を整えることが、子供への最大の遺産だと思います。勉強だけじゃなくて、生きていく上で人間力をつけるという大きな意味合いで。だからお受験は、その一部であると思っています。

西川  素晴らしい!  子供への向き合い方は各家庭でそれぞれですが、パパとママが一緒に協力して、家庭環境を作っていくことが大切ですよね!

もっと詳しく見たい方は下記のサイトへGO!
このサイトでは、パパのいろんな悩みあれこれに答えてくれるんです♡
上の文章中の※1〜7の注釈は下記webサイトでご説明。
www.cent-media.com

RELATED

記事の一覧へ