一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 【連載 This is LOVE!】港区パパも、ずっと永く愛せる服選び

FASHION

【連載 This is LOVE!】港区パパも、ずっと永く愛せる服選び

2018.08.24

熟成したワインのようにいい味が出てきたマデュロ世代。ブランド名や流行に影響されない本当の新定番をご紹介します。

1.プラダのウールデニムジャケット

プラダ
27万3000円(プラダ クライアントサービス https://store.prada.com/ja/pradajp/man/man-new-arrivals/?cc=JPhttps://store.prada.com/ja/pradajp/man/man-new-arrivals/?cc=JP)

暑い日が続きますが、そろそろ秋物も気になりだす方もいることでしょう。ショップではセールも一段落して、ボチボチ秋の新作が並び始めていますし。とはいえ、残暑厳しい時期ですから、軽めのアイテムで攻めたいところ。そこでこれから活躍するのが一枚仕立てのジャケットなんです。

そこでウールをデニムのように織り込んだカジュアルな雰囲気が特徴のプラダの新作ジャケットに注目。縦糸に染色したウール、横糸には未染色のウールを使って織られているので、発色もデニムそのものです。ルックスはデニムですが、生地の滑らかな手触りや、コシがありながらもしなやかな素材感は、上質なウールを使用しないと出せない独特の風合いで、さすがの出来栄え。また、ラペルに入った二重のステッチがワークな雰囲気を演出し、カジュアル感を強めています。これ一枚羽織るだけで、休日のこなれた成熟パパをアピールできる、戦闘力の高いジャケットなのです。

 

2. ロエベのバックパック

ロエベ
33万3000円(ロエベ ジャパン カスタマーサービス https://www.loewe.com/jap/ja/%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BA/%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B0/%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AFhttps://www.loewe.com/jap/ja/%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BA/%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B0/%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AF

休日バッグとしてバックパックは定石ではありますが、カジュアルすぎるものはちょい心許ない。カジュアルアイテムこそ素材やデザインでラグジュアリーさを追求して、そのギャップで大人らしい余裕をアピールしたいもの。それにピタリなのが、ロエベのパズル バックパックなのです。

最大の特徴は、一見してわかる革新的なキューブ型のフォルム。正確なカットによりボリューム感を出し、ソフトグレインカーフスキンの極上の触り心地と機能的な作りがポイントです。

クール&エッジーなスタイルで、ドレスからカジュアルまで様々なコーディネートとの相性も◎。トップはドローストリング入りで、斜めフラップの下に安全で機能的なバックルが付き、中身を整理収納できる内部コンパートメントのおかげで、安心して荷物を運べます。さらに頻繁に出し入れするものはビッグジップフロントポケットに入れられて便利。デイリーユースから旅行まで幅広く活用できますぞ。

 

3. ランバンのバイカーパンツ

ランバン
9万1000円(ランバン ジャパン https://www.lanvin.com/jp/shop/%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BA/%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2-%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BA#{"ytosQuery":"true","department":"rtwmn","gender":"U","yurirulename":"searchresultwithdepartment","page":1,"productsPerPage":"20","suggestion":"false","facetsvalue":[],"micro":["30269"],"totalPages":4,"rsiUsed":"false","totalItems":"78","partialLoadedItems":"20","itemsToLoadOnNextPage":"20"}https://www.lanvin.com/jp/shop/%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BA/%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2-%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BA#{"ytosQuery":"true","department":"rtwmn","gender":"U","yurirulename":"searchresultwithdepartment","page":1,"productsPerPage":"20","suggestion":"false","facetsvalue":[],"micro":["30269"],"totalPages":4,"rsiUsed":"false","totalItems":"78","partialLoadedItems":"20","itemsToLoadOnNextPage":"20"}

ここ数シーズン、メンズのファッションアイテムの中でもボトムスへの注目が高まってきています。中でもマデュロがプッシュするのがランバンの定番アイテムのひとつである、このバイカーパンツです。

膝にはダーツが入り、裾にジッパーが付いた細身のシルエットでやや丈の短いデザインは、今どきのスタイルと相性抜群。後ろ身頃のヒップ部分は、脇に向かって丸みを帯びたカッティングで後ろ姿をスマートに見せてくれます。全体的にカッティングが多く入っているにもかかわらず、ハードになりすぎないヴィジュアルになっており、程よいフィット感を感じられ、休日のリラックススタイルにぴったり。今シーズンの新作は、細かいヘリンボーンのウール素材を用いており、落ち着いたシックさとカジュアル感のバランスが絶妙です。トップスやアウターを選ばずコーディネートしやすいバイカーパンツ。港区パパのワードローブに欠かせない一本となることでしょう。

 

4. トッズのスニーカー

トッズ
7万8000円(トッズ・ジャパン http://store.tods.com/Tods/JP_EN//p/XXM69A0W920JKL56JHhttp://store.tods.com/Tods/JP_EN//p/XXM69A0W920JKL56JH

暑いサマーシーズンは、エスパドリーユやグルカサンダル、ローファーなど軽めの足元で過ごしていた港区パパも、そろそろ秋に向けてモードチェンジ。休日のカジュアルなシューズといえども、秋の装いに合わせシックなスタイルを心がけていきたいところです。さてそんな中、マデュロの心をときめかせてくれたのがトッズの新作スニーカーです。

ネオプレン素材を使用したミドルカットのデザインで、スポーティでありながらも落ち着いた雰囲気。その要因はレザーをミックスすることでトッズらしいラグジュアリーさを表現しているから。単なるカジュアルスニーカーとは放つ威光が違います。さらにこのスニーカー、履き心地が格別。ソックススニーカーのような感覚で、足全体から足首にかけてのホールド力が抜群なんです。ストレスを感じず、長時間履けるので子どもとのお出かけはもちろん、旅行やドライブにも最適。この秋、指名買いの一足ですぞ。

島本 一男(BAARL)/撮影 POW-DER/文

RELATED

記事の一覧へ