一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 [クルマ]トールワゴンスタイルの広大なユーティリティが人々を旅へと誘う、特別仕様車を先行発売

CAR

[クルマ]トールワゴンスタイルの広大なユーティリティが人々を旅へと誘う、特別仕様車を先行発売

2019.10.23

プジョーは、2019年10月18日(金)に、プジョーの新コンセプトマルチ・パーパス・ ヴィークルであるリフターの特別仕様車Debut Editionを発表し、翌19日(土)9時よりオンライン予約注文申込の受付を開始しました。

プジョーブランドの最新のクリエイションによる卓越したデザインをもって、プジョーリフターは革新的なスタイリングと、人々をアドベンチャーへと誘うタフさを備え進化。堅牢さを感じさせつつシンプルなデザインに、都心のコンクリートジャングルであろうとも、ダイナミックな自然環境であろうとも、このリフターによって冒険心がかき立てられるはず。プジョーの革新的なドライビングのためのUI/UX、i-Cockpit®が備わり、どんな状況でも、鮮烈なドライビングエクスペリエンスが可能です。

新しいプラットフォームEMP2により、リフターはユーザーのあらゆる利用状況に応える能力と耐久性を備えました。最新の1.5ℓクリーンディーゼルと8速オートマチックの省燃費性能と最新のADAS(先進運転支援システム)とともに細部にまで考え抜かれた多くの収納スペースと、多彩なアレンジ、そして両サイドスライドドアなど高い実用性を有しています。つまり、プジョーリフターは、ミニバンとSUVとワゴン、それらの魅力をクロスオーバーさせ、一台に集約させた、まったく新しいトールワゴンスタイルのモデルなのです。

主張することを恐れない。パワフルなデザインをコンパクトに

リフターはデザインとしてもミニバンとSUVとワゴンをクロスオーバーさせた他にない個性をもったスタイリングを特徴としています。1878mmのたっぷりとした全高と両側スライドドア(手動)はミニバン的であり、高い地上高と16インチホイールとそれを囲む樹脂製のホイールアーチと同じく樹脂製のサイドプロテクターとバンパープロテクターはSUV的、長く伸びるル ーフラインとユーティリティはワゴン的といえ、それらを巧みに融合させたところにこのリフターのデザインの真髄が見て取れます。

プジョー
価格:336万円(税抜き)

クリーンでありながら実用的。革新のUI/UX、Peugeot i-Cockpit®とともに

リフターのインテリアを語るうえで欠かせないのはやはりプジョーによる自動車のコクピットにおけるUI/UXの革新、i-Cockpit®でしょう。このi-Cockpit®が、MPVセグメントにおいてリフターを唯一無二の存在としています。500万以上の顧客から支持されてきたこれは、インテリアのクリーンなラインと視認性、安全性、ドライビングエクスペリエンスをさらなる高みへと誘うプジョーの誇るインテリアです。

上下二ヶ所のフラットな部分を持つコンパクトなステアリングホイールがより良いグリップとハンドリングを実現し、視界とドライバーからのリーチを両立させた8インチのタッチパネルと、ヘッドアップディスプレイステアリングホイールの中からではなく上から視認クロームで縁取られたメーターとエレガントな赤い指針が特徴となっています。

プジョー

多彩な収納と利便性。想像力をかき立てるユーティリティスペース

ユーティリティこそがリフターの真骨頂であり、多くの人々が期待してやまないものでもあります。リアドアは両サイドともスライド式。リアシートは6対4の分割可倒式となっており、長さ=奥行きは、5人乗り状態で1m、2人乗り状態で1.88m、助手席を倒せば最長2.7mの長尺に対応。容量は、5名乗車時でトノカバー下597ℓ、2列目シートを倒した最大積載状態では2126ℓとなり、現行プジョーで最大容積をもつ5008の1862ℓを大幅に上回ります(容量はVDA欧州参考値)。

プジョー

ゲートと独立してラゲッジにアクセスできるリアオープニングガラスハッチ

さらに巨大なリアゲートはガラス部分のみを個別で開閉することが可能なリアオープニングガラスハッチとなっています。テールゲートを開けずにガラスハッチから簡単にアクセスでき、狭いエリアでもリアスペースを利用できます。また、フレキシブルラゲッジトレイの高さをミドルポジションにすることで、ラゲッジスペースを上下に分割させることができます。ガラスハッチとリアゲートで荷物を完全にセパレートし使い分けることも可能です。

パノラミックルーフに多彩な収納スペースを融合

ルーフの大半をガラスとするプジョーならではの人気装備、パノラミックルーフにリフターでは収納スペースを融合させマルチパノラミックルーフと進化しました。フロントルーフに収納トレイを設け、さらに中央部にはバッグインルーフとして最大14ℓまでのバッグが収納可能になっています。マルチパノラミックルーフは電動サンシェード付きで夏場の室内温度上昇を和らげます。また、ルーフアーチ中央部には調整可能なムードライトが備わっています。さらにリアシート頭上後方には容量約60ℓのリアシーリングボックスを配置。後席およびリアゲート側の両方からアクセス可能です。

プジョー

リフター Debut Editionは10月19日(土)9時よりオンライン予約にて販売(予約は予告なく終了となる場合があります)。サイトで希望色と希望ディーラーを選択し、商談の予約権を取得していただき、ディーラーにて契約となります。なお、申込金の支払いはありません。

受付期間:2019年10月19日(土)9:00〜
対象店舗:全プジョーディーラー
予約サイト:URL:https://web.peugeot.co.jp/rifter-booking/
※10月18日(金)14:00〜のイベント「PEUGEOT SHOW 2019 - UNBORING THE FUTURE」プレスカンファレンスでの発表と同時にウェブサイトを公開し、同サイトにて19日(土)9:00より予約注文申込の受付開始となります。

問い合わせ先
プジョーコール ☎︎0120-840-240

RELATED

記事の一覧へ