一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 [ライフ]パト親子の湘南ライフ連載第6回「話題のトランポリンを親子で体験」

LIFE

[ライフ]パト親子の湘南ライフ連載第6回「話題のトランポリンを親子で体験」

2019.10.28

数々のファッション誌のメインモデルを務めてきたパトリシオが彼の子供たちと一緒にアクティビティを紹介する本企画。今回は東京五輪に向けて盛り上がってきたトランポリンに挑戦してきました。

楽しそうに見えて相当体力を使います

幼い子供がいると、熱中症の心配がある暑い夏よりも、少し涼しくなってきてからの方が、子供とのアクティビティも思い切り満喫できますよね!で、秋一番に息子と一緒に、最近話題のトランポリンに挑戦してきました。で、早速僕ら家族が住んでいる湘南近くにあるピーストランポリンジム寒川に行ってきました。ここのトランポリンジムの特徴は、毎週土曜にキッズタイムがあるので、子供が思いっきりトランポリンを楽しめるところ。

本文
トランポリンジムのスタッフに協力してもらい、高く飛ぶ感覚を得たい長男の陽。

で、今回、トランポリンなんて小学校以来だったので、最初、最近体験したことない強い揺れのせいか酔ってしまいました(笑)。でも、子供たちはそんな揺れも酔いも関係ないようで、ずっと飛び跳ねていました。

トランポリンにも種類があり、ここで長男の陽と次男の怜がトランポリンしているのがタントラという体操などの練習で使う長いタイプ。

パト4
本文
本文

僕も負けずに高くジャンプしていたんですが、想像以上にすごく体力を使います。すぐにヘバっちゃいました。普段使わない筋肉を使い、体幹も鍛えられ、ダイエットにいいということで体力と酔いの限界まで挑戦しました。

実際にトランポリンしてみると想像以上に高く飛ぶので、最初は身体と感覚のズレがあり、徐々に慣れていきどんどん高く飛べるように。

パト5

聞くところによると、子供にいいところを見せようとして、張り切りすぎてしまうパパもいるとのこと。MADURO読者のパパも気をつけてくださいね!確かに格好よく飛びたいので、僕はコソ練することにしました(笑)。

スノーボードを使ってのジャンプ。実際に夏の間、スノボーのプロ選手も練習でトランポリンを使うとか。

パト6
パト7

子供たちが尊敬の眼差しで見ていたトランポリンが、使い壁を歩くウォールトランポリン。スタッフの方は簡単そうにできましたが、実際にやってみるとまったく壁に登れませんでした(笑)。

今回親子で体験したアクティビティ
ピーストランポリンジム寒川

五輪でも使用される競技用トランポリンを設置。競技力向上だけではなく、ダイエット・健康目的の家族も多く、小さな子供でも安心して利用できるトランポリンジム。

Data
☎0467-38-6992
神奈川県高座郡寒川町倉見1117
営業/10:00~20:00※土のみ9:00~、キッズタイム土曜9:00~11:00 11:00~13:00 料金/入会金1080円、大人1時間1300円、中高生1時間1190円、小学生1時間860円、幼児(3歳~)1時間650円※料金は10月1日から変更の可能性があります
http://ps-trampolinegym.com

トヨダリョウ/撮影

RELATED

記事の一覧へ