一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 [グルメ]創業141年のチョコレート・ジェラート専門店ヴェンキが銀座にオープン

RECOMMENDS

[グルメ]創業141年のチョコレート・ジェラート専門店ヴェンキが銀座にオープン

2019.10.31

ヴェンキは、2019年12月12日に、イタリアで創業から141年続く老舗高級チョコレート・ジェラート専門店 「ヴェンキ」の第一号店を銀座松屋通りにオープンします。

「ヴェンキ」は1878年、ジャンドゥーヤおよびイタリアの菓子の発祥の地であるトリノにチョコレートショップとして開業。現在は世界各国に100を超える直営店を持ち、70か国に輸出されています。
バラエティに富んだチョコレートは丹念に選ばれた天然の材料を中心に作られています。銀座店では、43種類のチョコレートを取り揃え、自分の好みで1粒から選ぶことができる量り売りの形式で販売。他にも、80種類以上の様々な詰め合わせギフトボックス、チョコレートバー、ココアパウダー、スプレッド等を多数用意します。

ヴェンキ
店内は参考イメージ

あわせてジェラートラボを併設し、合成香料、フルーツアロマ、着色料、添加物の使用をおさえた、鮮度にこだわったジェラートを提供します。ジェラートはヘーゼルナッツとチョコレートのハーモニーが美味しいクレミノ、ダークチョコレートのクオール ディ カカオ、ピスタチオなどのイタリアらしい16種類のフレーバーで展開。これまで海外でしか味わうことのできなかった「ヴェンキ」のジェラートを手軽にお楽しみいただけます。今後の展開として、2020年春に新店舗の出店と首都圏百貨店や商業施設内の出店も開始し、2021年には日本各地の大都市圏への出店も順次行っていく予定です。

ヴェンキ
キュボット チョキャビア ギフトボックス

1878年、シルヴィアーノ・ヴェンキはジャンドゥーヤおよびイタリアの菓子の発祥の地であるイタリア トリノにチョコレートショップを開きました。ヴェンキはそれ以来、職人技あふれるチョコレートを作り続けています。2000年にピエモンテ州クーネオから別のマスターショコラティエとしてPietro Cussino氏を迎えました。Cussinoは情熱家として知られ、彼が作るラム酒で満たされたcuneesiチョコレートも有名でした。ヴェンキ社の専門知識と経験をCussino氏と共有し、ヴェンキ社は新たな歴史を歩み始めました。

2007年より新たにジェラートのレシピ開発をスタートしました。バラエティに富んだチョコレートやジェラートの原料の多くは、丹念に選ばれた天然のものを中心に使われ、ジャンドゥイオットやヌガティーヌなどの数世紀の歴史を持つイタリアのレシピから、革新的で冒険的なフレーバーの組み合わせに至るまで独自の味の世界を展開しています。

ヴェンキ

日本初の銀座店舗のファサードのパターンはまさにイタリアのクリエイティブ。ヴェンキ140周年を記念して、昨年、ヴェンキは30種類以上ものヴィンテージ広告、ラベル、ポスター、ロゴを使ったコラージュをつくりました。コラージュはカラフルでジョイフルであると同時に、オーセンティックでした。そして、このコラージュをさらに発展させました。花、葉、鳥のような自然描写の18世紀イタリアの伝統的な絵の上に、140周年のコラージュを転写しました。そしてさらに、ヴェンキのジェラートを象徴する小さなスプーンのパターンを載せ、軽さとフレッシュさを加えたのです。こうしてつくられた銀座店のファサードは、遠目からみると、花・葉・鳥のモチーフで、近づくと小さなスプーンで描かれていることがわかり、さらに小さなスプーンの中を覗き込むとヴィンテージコサージュが見えます。

ヴェンキ
ジャンドゥイオット

ジャンドゥイオット

1878年に誕生のヴェンキの歴史的レシピ。ローストしたピエモンテ特産ヘーゼルナッツとカカオを組み合わせたものです。60%ダークチョコレート、ヘーゼルナッツ32%以上入り、ベネズエラ産カカオ入り、75%カカオ使用、砂糖無添加の5種類を用意しています。
価格:単品1gあたり 17.3円(税込み)/1個:約140円(税込み)

ヴェンキ 銀座店
所在地:東京都中央区銀座四丁目3番2号1・2階 路面店
営業面積:30坪 (約99㎡)、1階売場(15坪)、2階ジェラートキッチン等(15坪)
営業時間: 平日 9:00~21:00、土日祝日 9:00~21:00
定休日: なし

問い合わせ先
ヴェンキ お客様専用窓口 ☎︎0120-560-746(12/2~開設)
※12/1までは、ヴェンキ・ジャパン ☎︎03-6381-7480

RELATED

記事の一覧へ