一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 【知的なカーライフ連載】ママの大好きな北欧デザインと、パパが大好きなSUVが合体

CAR

【知的なカーライフ連載】ママの大好きな北欧デザインと、パパが大好きなSUVが合体

2018.06.06

スカンジナビア・デザインを身に纏った=品の良いSUV。しかも、お手頃サイズに高性能をギュッと凝縮=知的なSUV。それらを実現するボルボXC40に乗れば、スマートなカーライフが楽しめること請け合いですよ。

乗っているだけで「知的で、センス溢れた、品格ある大人」に見えるクルマ。我が子を乗せ、街の視線も集まるなかで、そんな目線でクルマも選びたいですよね。例えば、ボルボ。ドクターズ・チョイス、すなわち「医師が選ぶほどの堅実さと安全性」というフレーズは1970年代の世界中を駆け巡り、確かなブランドステートメントをゲット。平たく言えば、アッパー層に売れるクルマの仲間入りを果たしたのです。

ボルボ全景
4425×1875×1660mmのコンパクトなSUVは、ボディとルーフで2トーンカラーとなる配色で"品があるスタイリング"を演出。ルーフ付近まで伸びたリアコンビネーションランプが、ここ最近のボルボのSUVの血統をアピール。そんな個性的なボディにターボ付きの2リットル直列4気筒エンジンを搭載、252PS(T5)でアクティブに走ることができます。398万円~(ボルボお客様相談室)

ボルボXC40は、先頃カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど、実に評判がいいCセグメントの新型SUV。同クラスは、今や各メーカーからこぞって渾身のモデルがリリースされている超激戦区。そこで日本カーオブザイヤーに選ばれるのですから、クルマとしての実力は掛け値なしに「いいモノ」に違いありません。

いい人に見えるだけでなく、モノもいいクルマ、XC40こそ読者の皆さまに相応しいかと。これなら、知的で品がよく、アクティブなカーライフを楽しめますよ。

ボルボと言ったら安全性と快適性

さり気なくドライバーを守るボルボの運転支援システム

安全性PH

「2020年までにボルボ車での交通事故による死亡者や重傷者をゼロに!」と謳うだけあって、XC40には命を守る最新のテクノロジーが満載。例えば駐車場からバックで出る際、接近する車両&歩行者を警告音と画像で知らせる「クロス・トラフィック・アラート」は秀逸だ。

快適なカーライフのためにボルボがサポートします!

カメラPH

運転する際の煩わしさを取り除くことで、「より運転に集中することが安全につながる」というのがボルボのスタンス。その象徴とも言えるのが、この「360°ビューカメラ」。クルマの周囲が一目でわかるので、縦列駐車やバックでの車庫入れがスムーズかつ安全にできます。

スカンジナビアンテイストに溢れた機能的なインテリア

内装

高級な北欧家具でまとめられた応接間のような雰囲気のコックピットは、最新のユーティリティが凝縮しています。スイッチ類をできる限り排したインパネ&コンソールで注目なのは、直感的操作が可能な9インチのタッチパネル。新世代SENSUSがその機能性を集約!

POW-DER/構成・文 

記事の一覧へ