一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 [ライフ]パパ友談議連載第8回右へならえ的なお受験が本当に子どもにとっての幸せか?

LIFE

[ライフ]パパ友談議連載第8回右へならえ的なお受験が本当に子どもにとっての幸せか?

2019.11.10

今回はカリスマCxOとしてフォーブス・ジャパンでも特集されたデジタル業界のカリスマ長瀬次英さんと、子供の教育や将来の話で盛り上がりました。

本文

CENTURION 西川将史代表取締役
ついに小学校受験本番が近づいてきた西川パパ。緊張感のある毎日を送っています。


本文

MADURO 大久保清彦総編集長
6歳の男の子を持つ大久保パパ。MADUROの総指揮を執りながら、精力的に子供とのコミットメントを図っています。

今月のゲストパパ代表

本文

デジタル業界のカリスマ元祖CDO 長瀬次英さん
インスタグラムの日本事業代表責任者や日本ロレアルCDO、LDHジャパンのCDO兼 執行役員を経て、2019年10月にBORDERS at BALCONYの社長に就任。中学2年生の息子さんを持つパパさんです。

8回目のパパ友談義は、私立中学2年生の息子さんを持つ長瀬さんが参戦。

大久保 最近、毎日ネットニュースで取り上げられているデジタル有名人の長瀬さん。私と長瀬さんはよく仕事でお会いしてデジタル談義を交わしていますが、LDHジャパンのCDO兼執行役員から柴田陽子事務所のCSOとアパレルブランドのCEOに就任、まさに時の人ですよね。

西川 初めまして!うちは小学校お受験がもうすぐですが、将来宇宙飛行士になるための体力作りとして毎朝一緒に走っています。長瀬さんも息子さんの私立小学校のお受験は大変でしたか?

長瀬 いや、まったく。今は離婚して別居していますが、息子からリクエストベースで週末一緒にいるようにして、食事や買い物に出かけたりしながら、色々と話をしています。結婚生活している時からワーカホリックで土日くらいしか家にいなかったので、昔も今も息子との生活は大して変わりません。ただ、息子は今、不登校なんですよね。

西川 それってちょっと心配じゃないですか?

長瀬 全然心配してないんです。学校なんて行きたくないのが普通だと思います。いい学校に入った方が将来的に有利と必死に子供に受験させる傾向にありますが、幼稚園から高校までの経歴って、就職する時に履歴書に書きます? また今は会社の名前で就職するのではなく、職種や何をしたいのか?に重きを置く時代です。デジタル社会において、仕事や職業を生み出す方法も多種多様化(※1)しています。幼い頃からお受験に時間とお金をかけるのって、僕の価値観では無駄だと思うんです。

大久保 今どきのお受験パパと全然違うスタンスですよね。でもIT系職種のパパたちは、お受験に真剣な人たちが多い中、良い意味でマイノリティとオリジナリティな教育観をお待ちですね!

西川 長瀬さんの教育思考って理にかなっていますよね。私も本来はそういう考え方なんです。お受験にも魅力があるので、今は頑張ってますが…。

長瀬 僕自身が父親が商社マンだったので、中学高校は米国の現地校(※2)に通っていました。大きな声では言えませんが、相当ハチャメチャでした。でも10代の時にNYで遊び尽くした結果、帰国して大学に入ってからは勉強ばかりしていました。周りの学生はみんなお受験から解放されて、遊んでいましたたけど(笑)。

西川 日本は小中高と受験で押さえつけられているから、大学で遊び始めちゃうんですよね。

長瀬 アメリカの青春ドラマや映画って大体、中高生の話が多いんですよ。『OC』『バック・トゥ・ザ・フーチャー』(※3)とか。大学生になったらもう大人のカテゴリーで、本気で勉強しているから、面白い話にならないんです。

西川 確かにそうですね。アメリカは日本の教育環境とは大きく違いますよね。

長瀬 息子は学校に通わなくても、最低限チューターやサマースクール(※4)で好きな事を学んで、勉強はそれなりにこなしてくれればいい。この間も1か月弱、1人でフィリピン(※5)に行っていました。

大久保 中学高校の時の1ヶ月の海外経験って、一生を左右するくらいの影響力がありますよね。

長瀬 時代も世界も大きくデジタルシフトしているのに、今までと同じような教育では通用しない。学歴よりも、語学力、コミュニケーション力、自分の頭で判断できるクリエイティブ力(※6)が大切。僕は息子のために会社という箱を作る予定です。高校に行きたくないなら、中学校を卒業したら、すぐに働けばいい。会社を作っておいて、そこで息子と一緒に働けば、僕のデジタルビジネス(※7)を手取り足取り教えてあげられるでしょ?そのほうが実践的ですよね。

西川 非常に勉強になりました。そのくらいの余裕を持った思考がデジタル社会のパパには求められるのですね。今、私の会社で、Elephant°C[エレファント](※8)っていうAIを活用した資産形成システムを運営していますが、次回はその仕事面でもご相談もさせてください。

長瀬 ぜひ!

もっと詳しく見たい方は下記のサイトへGO!
このサイトでは、パパのいろんな悩みあれこれに答えてくれるんです♡
上の文章中の赤字の※1~8の注釈は下記webサイトでご説明。
www.cent-media.com

RELATED

記事の一覧へ