一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 [グルメ]シーバスリーガルと日本酒の満寿泉がコラボ「リンク8888」数量限定発売!

DINING

[グルメ]シーバスリーガルと日本酒の満寿泉がコラボ「リンク8888」数量限定発売!

2019.11.13

スコッチウイスキーのリーディングブランド「シーバスリーガル」と日本酒の老舗ブランド「満寿泉」との新しい試み。「満寿泉」の日本酒を「シーバスリーガル」の樽で熟成、ブレンドした特別な日本酒「リンク 8888」2018年12月19日(水)から50本限定発売。

ペルノ・リカール・ジャパンが展開するブレンデッドスコッチウイスキー「シーバスリーガル」と、桝田酒造店の銘酒「満寿泉」とのコラボレーションによって誕生した純米大吟醸酒「リンク 8888」を2019年12月2日(月)から数量限定で発売します。昨年12月にPRの一環としてわずか250本限定で瓶詰めし、好評を博した特別な日本酒「リンク 8888」が、より多くの方に楽しめるよう本年度の製造本数を約10,000本に拡大します。

リンク

8,888km離れた、スコットランドのキースに蒸留所を構える「シーバスリーガル」と、富山市に蔵を構える「満寿泉」。カテゴリーや国、文化の壁を超えて絆が生まれ、特別な日本酒「リンク 8888」が誕生しました。2つのブランドの出会いは、2017年1月、日本の食文化やものづくりを精力的に世界へ発信されている中田英寿氏がシーバスリーガル主催のビジネスアワードを受賞したことがきっかけとなっています。やがて、中田氏を介して桝田酒造店の五代目社長、桝田隆一郎氏と出会い、「満寿泉」と「シーバスリーガル」はクラフトマンシップの縁結びを目指し、お互いをパートナーとするプロジェクトをスタートさせました。
両ブランドの間で合意できたコラボレーションとは、「シーバスリーガル」の原酒の熟成に12年以上使用したアメリカンオーク樽をスコットランドより日本へ送り、それらの樽で特徴の異なる数種の「満寿泉」を熟成させるという、未だ経験のない試みでした。
「シーバスリーガル」のDNAである“アート・オブ・ブレンディング”を日本酒造りに取り入れています。数種類の異なる「シーバスリーガル」の樽、異なる酵母を使った精米歩合35%の純米大吟醸を中心としたブレンドによって、唯一無二とも言える日本酒を造り上げました。オーク樽由来の微かなオークやバニラのアロマにコーティングされたフレッシュでありながらミルキーでクリーミーな日本酒のミドルボディの味わいを愉しめます。

リンク 8888

リンク

8,888km。遠く離れた2つのお酒、シーバスリーガルと満寿泉の間に、カテゴリーや国、文化の壁を超えた絆が生まれました。人と人が出会い、異なる伝統と伝統が繋がり、新しい文化が芽生え、新しい純米大吟醸『リンク 8888』が誕生。次々と波状に拡がるアイデアとフレンドシップの連鎖(リンク)が、8という数字に象徴されています。

発売日:2019年12月2日(月)
小売価格:オープン価格
参考小売価格:5500円(税抜き)
容量:720ml
アルコール度数:17度
販売者:ペルノ・リカール・ジャパン株式会社
製造者:株式会社桝田酒造

問い合わせ先
シーバスリーガル / ペルノ・リカール・ジャパン ☎03-5802-2671 
https://amzn.to/2NVQXiC

記事の一覧へ