一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 [FASHION]広告マンのジャケパン姿に欠かせない名ショップ

FASHION

[FASHION]広告マンのジャケパン姿に欠かせない名ショップ

2019.11.27

ひとくちに働くパパといえど、その職種は千差万別。すなわち、標榜すべきビジネススタイルも多種多様です。 そこで、本誌読者に多いテイストをクローズアップ。ブランドの最新コーデ&アイテムをご紹介いたします。

PR会社&広告会社系

ユナイテッドアローズ

創業30周年を迎える、言わずと知れた名セレクトショップ。チェックものを多用した、感度の高いジャケパンスタイルを提案します。 

本文
ジャケット3万4000円、シャツ1万3000円、パンツ1万6000円/すべてユナイテッドアローズ、メガネ1万9000円/ユナイテッドアローズ バイ カネコ オプティカル、ネクタイ1万6000円/ホリデー&ブラウン、シューズ6万8000円/カルミーナ(すべてユナイテッドアローズ 原宿本店) 

ネイビージャケット、グレスラ、レジメンタルタイでドレスアップ。ジャージー組成により着心地良好。ブレスウォッチもシンプルなネイビーダイヤルを選べば、手元とのリンクが演出可能。

本文
ジャケット17万円/カルーゾ、ニット1万6000円、パンツ1万7000円/ともにユナイテッドアローズ、チーフ6500円/フラテッリ ルイージ(すべてユナイテッドアローズ 原宿本店)

モノトーンのハウンドトゥースジャケットは、イタリアの名門カルーゾのアイコン仕立てで軽快なコンストラクションを特徴とする「バタフライ」。白いタートルネックニットにネイビースラックスの清涼感溢れるコーディネートが、一着で大人っぽく格上げされます。

本文
スポーツウェア用のポリウレタン、ナイロン、ポリエステルで作られた、伸縮性に優れた話題作。2万2000円/トライアーノ(ユナイテッドアローズ 新宿店)
本文
全面にガンクラブチエックが施された、ゆとりのあるAラインシルエットのバルマカーンコート。オンオフ問わず品良く馴染む便利な一着。6万8000円/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 原宿本店)
本文
クリエイティブアドバイザーの鴨志田康人氏が手掛けるニットジャケット。カシミヤ混ウール製ゆえカーディガン感覚で着用可能。4万円/カモシタ ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 原宿本店)
本文
シボ革で再構築された別注「シャンボード」。グッドイヤー製法によるすっきりとした印象も魅力的。7万円/パラブーツ フォー ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 原宿本店)

問い合わせ先
ユナイテッドアローズ 原宿本店 ☎03-3479-8180
ユナイテッドアローズ 新宿店 ☎03-5321-7531

片桐史郎(trolley)[P58 ~ 77]/撮影・人物
島本一男(BAARL)/撮影・静物 髙塩崇宏/スタイリング 
向後信行(JANEiRO)、LIMO /ヘアメイク、瀧川修平[P58 ~ 77]/文

記事の一覧へ