一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 [WATCH]本格機械式時計に 「色(カラー)」が加わると 上質「粋(モード)」になる

WATCH

[WATCH]本格機械式時計に 「色(カラー)」が加わると 上質「粋(モード)」になる

2019.12.04

一見してフツーの時計とは造りが違う、クロノスイスのカラフルな個性派モデル「フライング・レギュレーター オープンギア レ・セック」。今冬ならではの「粋な着こなし」をご紹介します。

正統白シャツには緑を合わせるのが上流

例えば白シャツに緑(ブリティッシュグリーンともいう)のカシミヤニットなどを合わせるのは、英国のしかるべき階級の方々が好む上流カジュアルスタイル。ならば時計はライムグリーンの差し色モデルで。

01
CH-6925-BK GRE  SSケース、ブラックDLCコーティング、ガルバニックブラックダイヤル、ケース径44mm、クリスタルケースバック、10気圧防水、自動巻き、アリゲーターホーンバックストラップ、限定50本、153万円/クロノスイス(栄光時計)
02
シャツ1万4000円/トゥモローランド、肩がけしたニット1万7000円/トゥモローランド トリコ(ともにトゥモローランド)、万年筆12万円/カランダッシュ(カランダッシュ ジャパン)

包容力あるブラウンにはあえて赤&黒を

冬の定番色といえば茶。暖色系の色遣いは、パパの包容力を表現するのに欠かせない癒しの色。コワモテな赤&黒の強烈なコントラストも、茶のニットで包み込んであげればアラ不思議。赤の差し色が、なんとも絶妙にスッキリと見えてしまうのでありました。パパったらオトナね。

03
CH-6925-BKRE SSケース、ブラックDLCコーティング、ガルバニックブラックダイヤル、ケース系44mm、クリスタルケースバック、10気圧防水、自動巻き、アリゲーターホーンバックストラップ、限定50本、153万円/クロノスイス(栄光時計)
04
ニット2万6000円/トゥモローランド トリコ(トゥモローランド)、メガネ3万円/カーニー(ブリンク ベース)

知性と茶目っ気を見せるのにぴったり

黒タートルといえばスティーブジョブズ氏。誰が着ても似合う定番ながら、例のカリスマに見えてしまわないこともない。そんな難題の解決は、ビビッドな青がまぶしいクロノスイスにおまかせ。これ一点でノームコアの落とし穴にハマることもありません。なにより小物でインパクトを与えるって、ファッション上級者のワザなんですよね。

05
CH-6925-BLBL  SSケース、ブルーDLCコーティング、ブルーダイヤル、ケース系44mm、クリスタルケースバック、10気圧防水、自動巻き、アリゲーターホーンバックストラップ、限定50本、153万円/クロノスイス(栄光時計)
06
ニット2万4000円/フィリッポ ディ ローレンティス(トヨダトレーディング プレスルーム)、パンツ3万5000円/インコテックス(スローウエアジャパン)

その他にこんな色もおすすめ

よりオーセンティックなテイストを持つ2モデルは玄人好み。

07
(左)CH-6921R-GRSI  18KRGケース、ガルバニックグレーダイヤル、ケース径44mm、クリスタルケースバック、10気圧防水、自動巻き、アリゲーターホーンバックストラップ、限定50本、323万円。(右)CH-6923-SIBL  はSSケース、限定50本、141万円/ともにクロノスイス(栄光時計)

問い合わせ先
栄光時計 ☎03-3837-0783
トゥモローランド ☎0120-98-3522
カランダッシュ ジャパン ☎03-6804-3201
ブリンク ベース ☎03-3401-2835
トヨダトレーディング プレスルーム ☎03-5350-5567
スローウエアジャパン ☎03-5467-5358

SHIN ISHIKAWA(Sketch)/撮影・人物、島本一男(BAARL)/撮影・静物、河又雅俊/スタイリング、向後信行(JANEiRO)/ヘアメイク

記事の一覧へ