一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 [グランピング]週末キャンプ&バーベキュー服を紹介 Vol.4

FASHION

[グランピング]週末キャンプ&バーベキュー服を紹介 Vol.4

2018.09.07

家族でキャンプへ繰り出そう! と息巻いたまではいいですが、 さて何を着て行けばいいのやら。そこで、マデュロが考える、 大人のキャンプスタイルに不可欠な8アイテムをご紹介します。

夜になると冷えるから
サラっと羽織れる
シンプルパーカ


まだまだ残暑厳しい秋口ですが、
日が陰ると肌寒くなる山中。


脱ぎ着しやすいジップアップパーカが
あればそんな心配は無用です。


日中は肩や腰に巻いておけば、
こなれ感にも一役買ってくれます。

simplepaka
共地のショーツが展開されるコットン製のコーデュロイパーカなら、
ご覧のようにセットアップで着用可能。
ベロアを彷彿させるリッチな素材感と比翼風の前立てにより、
労せず優雅なグランピングスタイルをかなえてくれます。
パーカ3万2000円、Tシャツ1万3000円、パンツ2万6000円/すべてロンハーマン☎03-3402-6839、
サングラス3万6000円/オリバーピープルズ(オリバーピープルズ 東京ギャラリー☎03-5485-2361)
simplepaka6
名だたるビッグメゾンで活躍したデザイナーが手掛けるパリブランド発。
ハートとアミのAを組み合わせた新ロゴが茶目っ気満点なパーカなら、
着ているだけで感度の高さをアピールできます。
3万8000円/アミ アレクサンドル マテュッシ(アミ オモテサンドウ☎03-5778-4472)
simplepaka7
スウェットパーカを看板とするLAブランドから、
中厚手コットンにriri 製のダブルジップを乗せた
「フラッシュ デュアル フルジップ」。
ジャスティン・ビーバーも愛用するミニマムな大人顔です。
2万9000円/ジョン エリオット(サザビーリーグ☎03-5412-1937)
simplepaka8
70年代サブカルチャーからインスパイアされたLAブランド、フリーシティ。
ペイントで太陽とアイコンの鳥を随所に施した薄手のパイルパーカにも
西海岸的ボヘミアンテイストが反映されています。
2万9000円/フリーシティ(ガイジンメイド☎03-5784-2381)
simplepaka9
ポリマイクロファイバーを編んだパイル生地、
コージーシックの肌ざわりはぬめりがあって病みつき必至。
マリン風味なネイビーのボーダーデザインは、
クルージングでも絵になること請け合い。
2万3000円/ベアフット ドリームス(サザビーリーグ☎03-5412-1937)

 

RELATED

記事の一覧へ