一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 [LIFE]パパ的資産運用の回し方実用ノート、連載第3回「趣味性の高い消費は高い投資に繋がる⁉」

LIFE

[LIFE]パパ的資産運用の回し方実用ノート、連載第3回「趣味性の高い消費は高い投資に繋がる⁉」

2020.01.11

大切な家族との幸せな毎日を過ごすために、資産を有効に運用することもパパの大切な務め。 それぞれの家族スタイルに合わせた商品を適切にアドバイスしてくれるサービスを紹介します。

今回は、日本の富裕層を読者に持つTHE RAKE JAPANのCEOを務める大城茂稔さんをゲストに迎え、今、日本の富裕層が求めるコトやモノ、行動原理、ライフスタイルに合わせた趣味性の高い資産運用を話し合いました。
マデュロ(以下M) THE RAKE JAPANが日本で創刊されてから5年が立ちましたが、読者ターゲットはズバリ富裕層の方ですよね。実際、読者の方はどのようなことに興味を持たれていますか?
大城 最高級スーツやラグジュアリーブランドのメンズファッションがベースにありますが、旅、船、別荘などラグジュアリーなライフスタイルを送るための情報も望まれています。特に最近は絵画の情報(※1)が望まれています。次に資産をどこに注ぎ込むかを考えた時に、絵画購入の選択肢が高いです。クルマならクラシックカー、時計ならアンティークウォッチなど、趣味性の高い物を購入して、その価値が上がり結果、投資につながる。そんな連鎖に喜びを感じている読者が多いですね。
西川 富裕層らしいハイライフスタイルを送るための嗜好品などの情報を求められているのですね。
大城 最新号では1688年に開業した英国最古のワイン&スピリッツ商「ベリー・ブラザーズ&ラッド」を取り上げて、ワイン投資(※2)について紹介しましたが、かなりの反響でした。
M 絵画は欧米に比べて、日本のマーケットは凄く小さいですよね。ヴァイオリンのストラディバリウスを所有者が日本にいますが、売却する際は手に入れた金額よりも値が上がるとのこと。しかもヴァイオリンにはオーナーだった証拠として名前が刻まれるそうです。
西川 確かに不動産よりもキャピタルゲインはいいですよね。好きなものを手に入れて、付加価値が付くというのは、投資効果だけでなく、自己満足度も高くなります。
世戸 富裕層向け読者イベントはどのくらい開催していますか?
大城 これまで5年で40回ほどの読者イベントを行なっています。その際に参加していただいている読者の方たちと交流し、どんなことに興味を持っているかをリサーチしています。するとやはり資産運用や不動産投資についての話になりますが、わかりづらくて不透明に感じるという声を聞きます。誰に頼ればいいのか?どんな金融商品や不動産に投資していいのか?わからないとおっしゃいます。

エレファント
浪費に見えて、実はそれがネットワークができることが投資に繋がっています(西川)

そういう意味でAIがその人の特性を見極めて、資産運用を提案してくれるエレファントは魅力的です。昔のようにお金を持っていても隠すのではなく、好きなことに堂々と投資して、それを主張する方がここ数年で増えたように感じます。欧米では若いうちから資産運用に取り組んでいる方が多く、ある程度早いうちにキャピタルゲイン(※3)されているせいか、資産運用に対して余裕のある方が多いんです。日本でもこの欧米型の富裕層が増えていく傾向にあります。
西川 目の前の資産を増やすことだけでなく、趣味嗜好の延長として一見は浪費に見えるかもしれませんが、実はその趣味嗜好のネットワーク(※4)や商品が投資に繋がっているケースが日本でも多くなるということですね!
世戸 不動産の側面でも、田園調布のような落ち着いた郊外の高級住宅街の一軒家に住む人が少なくなって、港区などの高級マンション(※5)に住む人が増えてきましたよね。
M それとデュアルライフ(※6)の人も見かけるようになりました。週末は鎌倉や伊豆などで過ごし、平日は都心でバリバリ仕事を楽しんでいる富裕層も多いようです。
大城 エレファントは今後さらに進化していくと伺っていますが、将来的にどこまでサービスができるようになりますか?
西川 センチュリオンのメイン事業である不動産投資はもちろんですが、AIサイトのエレファントでは不動産投資以外の情報を求められているお客様も多いので、様々なニーズに対応したサービスを提供したいと考えています。そのニーズが、例えば絵画やワインなど趣味嗜好の領域まで広がっていけば、そちらの投資情報やサービスを実装していきます。お客様が資産の面で、より一層幸せなライフスタイルを送れるお手伝いができるように進化させていきます。人による恣意性を一切排除して、AIが独自判断し提案することで、ライフスタイルの新たな的確な提案ができればと考えています。

エレファント
富裕層は欲しいものを手に入れるまでの時間も楽しんでいます(大城)

大城 弊誌の読者はオーダーメイドや一品モノが好きな方が多いです。富裕層は自分のためだけの完璧なものに喜びを感じます。そういう意味でも、自分だけのための資産運用を提案するエレファントはオーダーメイドテイストなので、興味を持つ読者も多いと思います。
世戸 人が絡んでしまうと、どうしても売りたいものを最優先に提案してしまう傾向があります。機械が判断することで、潜在的に眠っているお客様の不安や本当に必要としていることがピックアップされます。最近では、不動産以外の税務に関することや弁護士サービスなどもサイト上でフォローしております。
M 価値の共有って大切ですよね。できる営業マンって、1時間の営業マントークの中で、仕事の話は5分未満で、残りのトークは相手の趣味嗜好、傾向に合わせた話題で、相手の特性を掘り起こすことに尽力していますよね。

エレファント
郊外の高級住宅地より、港区などの都心のマンション需要があがっています(世戸)

西川 投資も周辺の環境を整え、ストーリーを作ることで、最終目標がクリアになるかと思います。
大城 弊誌の読者は〝育てる〟感覚が好きな方が多いのも特徴です。時計や革製品もエイジングを楽しんだり、オーダースーツやオーダーシューズなど、数年待ちでもオーダーされています。富裕層は心の余裕もあるので、オーダーしたモノができあがるのを待つ時間も楽しんでいます。
西川 腰を据えた資産運用が重要ですよね! そういう意味では、都心の種地を購入して周りの環境を整えて、その一帯の価値を上げるという発想もできます。エレファントであれば、会話を通してその人の特性をハッシュタグ化して「見える化」しますから、自分自身に最も適した資産運用サービスがわかります。ぜひお試しを!

エレファント
「今月のゲスト」THE RAKE JAPAN CEO 大城茂稔 世界の富裕層を読者に持つシンガポール発のハイラグジュアリーメンズファッション誌THE RAKEの日本版の最高経営責任者。

エレファントの使い方

エレファント
専門スタッフと対面面談し、自身の資産や家族構成、仕事内容などを話していきます。多言語で対応可能です。

エレファント
面談は、東京・大阪の2拠点ですが、TV会議サービスもあるので、場所や時間も気にせず無料相談が受けられます。

エレファント
相談時の会話内容を自動音声認識し、その人の特性をハッシュタグ化します。自分の属性が明確化されるので安心です。

エレファント
不動産収益物件や金融・保険商品など自分にあった資産運用商品が画面上に表示。相続や節税、法務相談もできます。

Elephant˚Cとは!?

多言語対応の音声認識により、顧客属性にマッチした資産運用を提案するシステム。資産運用や相続全般に関わる総合サービスで、場所や時間に制約されず、無料相談を受けられます。 上の文章中の太字の※1~5の注釈も下記のwebサイトでご説明!

www.elephant-cent.jp

RELATED

記事の一覧へ