一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 [FASIHON]格好いいパパの作り方・パトリシオパパの実例「最近は子供とスケボーで遊びます」

FASHION

[FASIHON]格好いいパパの作り方・パトリシオパパの実例「最近は子供とスケボーで遊びます」

2020.02.12

今回のテーマは"格好いいパパ"。そこで、本誌でお馴染みのパパモデルやお洒落な読者代表として定評のあるパパの週末の過ごし方を紹介いたします!

本誌のメインモデルを務めて、子供たちとの連載を行っているパトリシオ。プライベートでは3児のパパとして、湘南生活を満喫中です。

そんな自然体の姿にファッションも合わせて、服はカジュアルなものがほとんど。「子供たちが活発になってきたので、最近はより動きやすさと素材の着やすさ、そしてシンプルなデザインを選んでいます」と話す通り、冬は自身が好きなブランドの服のパーカにスウェットなどが基本。今回は長男と次男の服も自身と同様にパーカとスウェットパンツの親子おソロコーデで登場してくれました。

普段の生活でも格好よく見せるために心がけていることがあるのかと思ったら、「格好よく見せようと特別なことをするのではなく、自然体で家族に接しています。それが家での居心地よさにもつながればと考えています」。だからこそ、撮影した写真からも良きパパ感が出るのかもしれません。

Q.週末のファッションは?
A.「子供と遊ぶためにも動きやすいアイテムをチョイス」

長男が9歳、次男が6歳とどんどん活発になってくる年代に。「そのせいもあって、最近、ますますカジュアルなスタイルになってきました(笑)」。今季はなぜかアウターは緑が気になり、買ったのが自身も大好きなブランドのは、スタンダードカリフォルニアのものとのこと。

本文

Q.週末によく使っているアイテムは?
A.「サーフィンに続き、ハマっているのがスケボー。子供も乗れるのがいいんです!」

湘南に住んでいることもあり、普段からサーフィンにハマっているパトリシオ。陸でのアクティビティはこちらのスケートボード。「サーフィンでロングボードに近い形のスケ―とボードで、シャープな形が魅力です。子供たちも乗れるようになったので週末はよく教えています。

本文

Q.仕事の際のファッションは?
A.「週末と変わらないけどちょっと清潔感を心がけています」

仕事の際のファッションは、カジュアルな中にちょっとキレイめな印象を取り入れること。「実はこのパンツ、フリース素材なんです。でも、ハットとパンツをダークトーンにすることで、カジュアルでありながら全体的にシックな印象に。これなら仕事でも僕なりのちゃんとしている感がだせるんです」。アウターは週末同様、最近ハマっている緑(カーキ)で、こちらはもう1つのお気に入りブランド、レミレリーフのもの。

本文

Q.家族が喜んだ旅行先は?
A. 「ヒルトン小田原 リゾート&スパはプールが広くて、 ご飯も美味しいから家族みんな大満足」

国内ヒルトン初のスパリゾート。全ての客室が相模湾を一望できるオーシャンビューで、リゾート気分が盛り上がります。「プールが大きいから、子供たちに大人気のホテルです。夏はもちろん、室内プールなので冬でも楽しめるのが◎! レストランのブッフェも旨くて、子供はもちろんママからも大人気です」。

ヒルトン小田原 リゾート&スパ
Data
☎0465-29-1000
神奈川県小田原市根府川583-1
料金/シンプルステイプラン(2名1室)2万7300円~(税・サービス料込み、ヒルトンツインルーム、朝食付き、入湯税・リゾート管理費別途)など、パターゴルフ(1名)1400円など
https://www.hiltonodawara.jp

本文
本文
本文
本文

Q.週末に家族で遊びに行くスポットは?
A.「電車にすべり台と子供が喜ぶものばかりなわんぱくらんどがおすすめです」

こちらも小田原にあるアミューズメントパーク「子供の森わんぱくらんど」。大自然の中に機関車が走っていたり、動物がいたりと子供が大喜びする要素が満載。「特に子供たちがハマっているのが、超巨大なすべり台。ソリを使ったもの凄く長いものがあります」。春夏は小川で水遊びができるので、暖かい季節もおすすめ。

小田原子供の森公園
わんぱくらんど
Data
☎0465-24-3189
神奈川県小田原市久野4377-1
営業/9:00~16:30 
料金/入園無料、列車ロードトレイン大人(中学生以上)300円 小学生100円 1日フリーパス710円など
https://streetpastacompany.amebaownd.com

本文
本文
本文
本文
本文

パトリシオパパ
36歳・モデル/息子9歳・6歳・1歳
Profile

スカウトをきっかけに17歳からモデルとして活動。ファッション誌を中心に、ブランド広告やカタログなど様々なジャンルで活躍。海のそばに住みたいという長年の夢をかなえ、4年前から湘南に移り住み、趣味のサーフィンを楽しみながら、ママと3人の男の子と一緒にナチュラルなライフスタイルを送っています。

 

記事の一覧へ