一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 [BIKE]新型STREET TRIPLE R LOW〜ローライドハイトのストリートファイター

CAR

[BIKE]新型STREET TRIPLE R LOW〜ローライドハイトのストリートファイター

2020.02.13

トライアンフは、新型STREET TRIPLE R Lowを発表。メーカー希望小売価格126万7000円(税込)〜、2020年春頃発売予定です。

ゼロからカテゴリーを定義
2017年にミドルウェイトスポーツカテゴリーを再定義した765㏄ Street Tripleラインナップは、アグレッシブなルックス、軽くて直感的なハンドリング、765ccエンジンのスリリングな性能、ユニークなトリプルサウンドトラックを組み合わせて、エントリーモデルとしての地位を確立しました。軽く、速く、楽しく、機敏でスタイリッシュ。Street Tripleは、2007年に発売されて以来、その独特のキャラクターとスリリングなトリプルエンジンにより、モーターサイクル業界に大きな影響を与えてきました。2020年、数々の賞を受賞したStreet Triple Rは、さらにアグレッシブでレスポンシブ、あらゆるライダーにとって乗りやすいモデルとなります。

トライアンフ

遥かにアグレッシブになったスタイル
最高仕様を誇るRSモデルのアグレッシブで新たなスタイリングでアップデートされた2020年モデルの新型Street Triple R Lowは、フライスクリーン、エアインテーク、サイドパネル、リアユニットを含む最新のボディワークを備えています。これらの装備はよりスポーティなラインを持ち、車両にクリーンでモダンなラインとユニークで新しい外観をもたらします。
フライスクリーンとエアインテークがより際立ち、新型ツインLEDヘッドライトの形状を反映して、突出したポジションライトにより印象的で新しいスタイルがもたらされます。これにより、はるかに特徴的なフロントエンドと視認性の向上を実現します。
コンパクトでモダンな新型サイレンサーおよび調整機能が改良された新型ミラーも、Street Triple R Lowのアグレッシブで新たな外観を強化するためにスタイリングが強化されました。サファイアブラックまたはマットシルバーアイスの2種類の新ペイント&グラフィックスキームが用意されています。どちらのスキームも、ディアブロレッド×アルミニウムシルバーのデカール、ハンドペイントのレッドホイールピンストライプ、Street Triple R Lowのトレードマークであるレッドのリアサブフレームを備えています。

トライアンフ

よりレスポンシブな高性能765㏄エンジン
Euro 5準拠で更新されたStreet Triple R Low の特徴的な765㏄エンジンは、世界的にも有名でクラスをリードするパフォーマンスを維持し、回転慣性を7%減少させることで、より一層レスポンシブに。低回転域からミッドレンジにわたって発揮される並外れたトルクにより魅惑的な走行が実現します。また、Street Triple R LHRは、118 PS @ 12,000 rpmの最高出力と77 Nm @ 9,400 rpmの爽快な最大トルクを発揮します。
この新世代のエアボックスとエキゾーストシステムに施された改良によって、Euro 5規制への準拠が可能となり、より一層ユニークになったトーンで、さらに明瞭でピュアなサウンドが轟きます。このディープでリッチなトライアンフのトリプルサウンドは、吸気音とサイレンサー音のバランスがよりスムーズになったことでサウンドの切れ味が向上しています。
最高仕様を誇るRSモデルと同様に、Street Triple R Lowの洗練されたギアボックスは、ファーストギアレシオとセカンドギアレシオが近く、優れた加速性能と滑らかなシフトチェンジを実現します。また、スリップアシストクラッチを備えているため、クラッチレバーの操作が容易となり、ライダーの快適性と制御性が向上します

高仕様の装備
精密で機敏、ニュートラルなハンドリングセットアップで著名な新型Street Triple R Low は、最高の制動力を発揮するため、最適化されたブレーキを装備。高仕様のBrembo製M4.32 4ピストンラジアルモノブロックフロントキャリパーと最適化されたブレーキパッドコンパウンドで、オートバイのフィールを向上させます。Street Triple R Lowのリア部には、Brembo製シングルピストンスライディングキャリパーが装備されています。
サスペンションもまた、Showa製41mm径倒立式セパレートファンクション・ビッグピストンフォークおよびShowa製ピギーバックリザーバータイプモノショックリアサスペンションといったハイスペックのサスペンションが採用されています。どちらもプリロード、コンプレッションダンピング、リバウンドダンピングがフルアジャスタブルです。
タイヤは、長期にわたり一貫した性能を発揮する、ロードでの使用にフォーカスした全天候型Pirelli製Diablo Rosso IIIタイヤです。このタイヤのプロファイルと構造により、新型Street Triple R Lowには、コーナーでの優れたグリップと安定性がもたらされ、よりスポーティなフィールが得られるのです。
また、高速走行時の安定性を最大限に高めるため、ガルウィングリアスイングアームがねじれ剛性と横方向の柔軟性を提供し、最適化されたピボットポジションにより、急加速時におけるリアサスペンションの圧縮に対する自然な抵抗が得られます。これにより、タイトなコーナーの出口でのスムーズなコーナリングと正確なシャーシ動作が可能になります。
技術面では、Street Triple R Lowには、Triumphシフトアシスト(シフトアップ/シフトダウンクイックシフター)が標準装備されており、ライダーのフィードバックを反映してロードとトラックでのライディングが向上しています。Triumphシフトアシストにより、アクセルの位置を維持しながら、クラッチを使用することなくスムーズで快適、迅速なシフトチェンジが可能となります。
ロード、レイン、スポーツの3つのライディングモードもあり、あらゆる状況で最大限のコントロールが可能です。これらはスロットルレスポンスとトラクションコントロールの設定を調整し、Street Triple R LowのTFTディスプレイを介して走行中でも簡単に選択できます。レインモードでは、最高出力を100PSに制限して、より良いフィールと滑らかな乗り心地を実現しています。
テクノロジーを補完する仕様として、Street Triple RSには、ライドバイワイヤ、ABS、トラクションコントロールが装備されています。

トライアンフ
トライアンフ

トライアンフ

より乗りやすくよりリーズナブルに
ライダーのフィードバックを反映するように調整された装備仕様により、新型Street Triple R Lowは、よりリーズナブルな価格の仕様で、より多くのライダーにとって親しみやすい存在に。
新型Street Triple R Lowは、標準のシート高よりも45mm落とした780mmのローライドハイト(LRH)となります。これは、専用のサスペンション設定と修正されたシート構造により達成され、より多くのライダーにとってアクセスしやすくなっています。
春の発売をぜひお楽しみに。

問い合わせ先
トライアンフコール ☎︎03-6809-5233

RELATED

記事の一覧へ