一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 [グランピング]週末キャンプ&バーベキュー服を紹介 Vol.10

FASHION

[グランピング]週末キャンプ&バーベキュー服を紹介 Vol.10

2018.09.16

家族でキャンプへ繰り出そう! と息巻いたまではいいですが、 さて何を着て行けばいいのやら。そこで、マデュロが考える、 大人のキャンプスタイルに不可欠なアイテムをご紹介します。

あると便利な

キャンプに欠かせない

3種の神器

あるとないでは大違いなキャンプにおける
3種の神器をご紹介。日中の日差しから身を守る帽子とサングラス、
そして手回り品がコンパクトに収まり両手も開くボディバッグです。

 

1. かぶりもの

 

ポロ ラルフ ローレン
1万2000円

かぶりもの1
様々なアイビースタイルに身を包む
ポロベアーが所狭しと刺繍された、茶目っ気たっぷりなコットンハット。
実はリバーシブルで、裏返すとポニーアイコンがあしらわれた
赤いハットに早変わりします。(ラルフ ローレン)
ラグ&ボーン
1万7000円
かぶりもの2
デザイン、素材感、色使いともにラギッドな
6枚はぎのベースボールキャップ。
バックアジャスターにはレザーベルトを採用。
全方位的にこだわりが光る、
アウトドアシーンと好相性なレトロ顔です。
(ラグ&ボーン 表参道)

カシラ
4500円

かぶりもの3
90年代のアウトドアスタイルを彷彿させる
メランジ糸で編まれた、ほっこり暖かなウール製のバケットハット。
クラウンの高さやブリムの長さが
現代的にアップデートされているため、
古臭さは皆無。(カシラ ショールーム)

2.サングラス

 

アイヴォル

1万8000円

サングラス1
アイヴァンチームが手掛けながら1万円台で手に入る、
クラシコ顔なスポーツグラス。
ナイロン製のストレートテンプルTR-90に
TPE 素材のグリップパッドを貼付。
すべての人に快適な装着感を約束します。
(アイヴァン PR)

レイバン
2万6000円

サングラス2
1枚仕立てのミラーレンズとフレームが一体化した
レンズオーバーフレーム構造による「レイバン ブレイズ」。
そのウェイファーラーは近未来的なテイストがムンムン。
スポーティな装いとも好相性です。
(ミラリ ジャパン)

アイヴァン 7285
4万4000円

サングラス3
川遊びには水面の照り返しを抑える
偏光グラスを搭載した「717W」がおすすめ。
セル巻きリムの内側にメタルリムを覗かせるという
テクニカルな構造が今どきな目元にひと役買っています。
(アイヴァン 7285 トウキョウ)

 

3.ボディバッグ

 

ブリーフィング

1万3000円

バッグ1
お値頃な今季新作「ファニーパック XP」。
野外での使用を想定し、軽量かつ耐久性と防水性に
優れる屋外使用に最適なナイロン素材、X-パックを採用。
旅行の相棒としても重宝します。
(ブリーフィング ギンザ シックス店)

 

アークテリクス

5000円

バッグ2
貴重品の携帯に最適な2.5ℓサイズの
「マカ2 ウェストパック」。
背中に接するメッシュパネルには、
ガジェット用の隠しポケットを配置。
内装の充実ぶりは本格ブランドの面目躍如です。
(アークテリクス コールセンター)

ザ・ノース・フェイス
4200円

バッグ3
貴重品、補給食、薄手のシェルなどの収納に
打ってつけな「スウィープ」。
天面にはメッシュ状のガジェットポケットを完備。
片手でアジャストできる片引きストラップも山仕様ならでは。
(ザ・ノース・フェイス 原宿店)

 

 

 

 

 

RELATED

記事の一覧へ