一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 [九島辰也のDRIVEN MADURO]移動する高級リビングが身近になって登場!前編

CAR

[九島辰也のDRIVEN MADURO]移動する高級リビングが身近になって登場!前編

2018.09.18

今年1月に発表されたベンテイガのV8モデル。秋のデリバリーを前に それを英国で試乗。聖地クルーの工場見学を含め、いま一度ベントレーの 魅力を検証してきた。ディープなベントレーワールドとはいったい……。

Bentley Bentayga V8

Driving

 

ベントレーがグローバルで売れています。昨年の販売台数はなんと1万1089台。EU圏、北米、中国、中東でかなり数字を稼ぎました。

でもってその立役者になったのがこのベンテイガ。クラス初のSUVですからね。
ウルスやカリナンが後を追っても一日の長があります。


とはいえ、この先それほどのボリュームが見込まれるかどうかは不明。というのもベンテイガの値段は2786万円。いくらSUVブームとはいえ買う人は限られます。それじゃ! てことで登場したのが、このベンテイガV8。なんと価格は2000万円切りの1994万6000円。もちろ
ん高額ですが、新型カイエンターボが1855万円ですから、それなりにターゲットは広がりそうですよね。

 


ということで、秋の日本デリバリー開始の前に英国でテストドライブをしてきました。ルートはベントレーのお膝元クルーからコッツウォルズ。その翌日のロンドンまでとなります。

 

608psを発揮する6リッター12気筒と550psの4リッターV8ツインターボの違いは、サーキット走行でもしない限り違いはわからず。

ですがパワーウェイトレシオを鑑みればV8の高い性能は想像していただけるでしょう。ドーンという加速の後ヒラリヒラリと向きを変えてコーナーを駆るのですから目がテン。コンチGTで世に知らしめたスポーツカーブランド、ベントレーの味は健在です。


そして車内を覗き込めば英国車らしいジェントルな世界。これはもう移動する高級リビングです。本物の大人のクルマをお探しの方、必見でっせ!

ベントレー1
あらゆるシチュエーションに
対応するデザイン
ベントレー1
コッツウォルズのエレンボローパークホテルのエントランスでパチリ。
都市はもちろんシャトーや田園風景にマッチするのがベンテイガの魅力。
郊外ではサイズも気にならない。

新世代ベントレーは
ハイテクの宝庫と化す

ベントレー3
ソフトウェアを含むインターフェイスの点で一歩遅れていた感のあるベントレーだが、
ベンテイガからそれは解消された。
2つのメーターのセンターにある液晶モニターを含め最新のデジタルデバイスが搭載される。
もちろんApple CarPlayにも対応。
スマホでしたいことをセンターにある
インフォテイメント画面で操作できる。
ベントレー5
と同時に、お馴染みブライトリングのアナログ時計があるのも彼ら流。
クラシックとモダンの融合がここにある。
ベントレー4
また天然木を使ったウッドパネルは真骨頂。
匠の技が車内各所にちりばめられる。

デザインで大切なのは
ファミリーの一員であること

ベントレー6
ル・グレゴリー氏によるとベンテイガは新たな挑戦であったそうだ。
第一にひと目でベントレーの一員であることがわからなくてはならないこと、
それとSUVとしての力強さをアピールする必要があったという。
大径ホイールもそのひとつ。
ベンテイガは見事それを具現化した。

スペックを並べるともはや
2シータースポーツカー

ベントレー7
搭載されるのはアウディの開発した4リッターV8ツインターボ。
それをベントレー流に味付けしたものだ。
最高出力は550ps、最大トルクは770Nmを発生させる。
最高速度は290km/h、0-100km/h 加速4.5秒はさすがだ。
ギアボックスはZF 製8速AT。4WDのトルク配分は前40、後60の割合となる。
ベントレー9
タイヤはピレリでサイズは標準が21インチ、オプションが20と22インチという設定。
どれもスーパーカーレベルの数値。走りがド級なのは言わずもがなだ。
ベントレー9

 

 

九島辰也/文 ベントレーモーターズ/写真提供

RELATED

記事の一覧へ