一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 [LIFE]フランス人に愛され続ける寝具メーカーが日本に初上陸!

LIFE

[LIFE]フランス人に愛され続ける寝具メーカーが日本に初上陸!

2020.03.12

フランスの老舗ダウンブランドとして有名なピレネックスが、伊勢丹立川店7階リビングフロアに初登場。軽やかで心地良いピレネックスのベディング&ホームウェアとともに、春から気持ちのいい快眠を手に入れてみませんか?

160年の歴史が織りなす、世界最高基準のダウン製品ピレネックスは2019年に創業160年を迎えました。1859年にフランス南西部サン・セベで、食用処理後の羽毛をダウンやフェザーなどに加工する会社として誕生。当初は羽毛加工のみを行っていましたが、1940年には人道支援を目的として、最初のダウンジャケットを製作。ダウンジャケットは赤十字社を通じてドイツに届けられ、サン・セベ出身の捕虜たちを寒さから守りました。
やがて寝具の製作もスタートし、1968年にはピレネックスブランドを設立。その後、登山用ダウンジャケットなども手掛けるようになり、さらなる成長を遂げていきます。そして2000年代には、ファッションシーンへの進出も果たしました。今や、フランスを代表するダウンブランドとして世界中で人気を博しています。
ピレネックスが大切にしているのは、生産地などが明確であるという「トレーサビリティ」と「環境」。自社工場の近くにある、厳選された飼育場の羽毛のみを採取しています。放し飼いに近い自然環境でストレスを与えずに育てられた成鳥からは、大きくて保温性の高いダウンが採れるのです。また、工場と飼育場との距離が近ければ、羽毛の鮮度も高いので、臭みも少なくなります。
さらに、羽毛の仕入れから製品まで、世界的にも珍しい「自社一貫生産」を手掛けているのも特徴です。羽毛へのこだわりや、代々受け継がれてきた職人技、そして製造工程のコントロール。これら全てを組み合わせることで、上質かつ革新的なダウン製品が生み出されるのです。

ピレネックスの魅力的なホームファブリックが日本初登場!
日本に初登場するピレネックスのベディング&ホームウェア。寝具・ホームウェアを中心に展開しています。いずれも高質のフレンチダウンが用いられており、羽毛の加工から縫製まで全てフランスメイドです。
暖かさ、着心地や使い心地はもちろん、ファッションブランドならではの優れたデザイン性も兼ね備えています。家の中でもおしゃれを楽しめ、幅広い年齢層の方におすすめです。

DUVET(掛け布団)
4万8000円〜17万5000円 ※ピレネックス特製収納袋付き
軽く暖かく、繭のように体をふんわりと包み込んでくれる掛け布団「DUVET」です。シングル・ダブルの2サイズを展開しています。ブランドロゴ入りの袋に収納されており、おしゃれに、すっきりと片づけられるのも魅力です。薄手から厚手まで揃っているので、季節やお好みに応じて使い分けが可能です。

ピレネックス

PILLOW(枕)
5000円〜2万3000円 ※ピレネックス特製収納袋付き
絶妙なふわふわ感とクッション性で、心地よい眠りに導いてくれる枕「PILLOW」です。45×65cm・50×70cmの2サイズを展開しており、重量もお選びいただけます。また「DUVET」と同様に、おしゃれな袋に収納されているのも、うれしいポイントです。

ピレネックス

LOTUS VEST(巻付けベスト)
3万8000円
巻付けベスト「LOTUS VEST」は、ユニークかつ洗練されたデザインが特徴です。体に巻付けてベストのように着たり、広げて膝掛にしたりと多彩にご活用いただけます。軽く、暖かく、着心地は抜群。フリーサイズで、カラーはクリーム・ブルー・グレー・ネイビーの4色を展開しております。

ピレネックス

KYOTO PARKA(ジャケット)
3万8000円
ゆったりと心地良い、薄手のジャケット「KYOTO PARKA」です。ベルトでウエストマークして、おしゃれに着こなせます。クリーム・ブルー・グレー・ネイビーの明るく可愛らしいカラー展開で、ちょっとした外出時にもおすすめです。サイズはS・M・Lの3サイズをご用意しています。

ピレネックス

KOBE VEST(ベスト)
2万8000円
軽い、薄手のベスト「KOBE VEST」です。体幹を暖めながら肩・腕を楽々動かせるので、家事も快適にこなせます。胸元のブランドロゴが、おしゃれなアクセントに。サイズはS・M・Lの3サイズ。カラーは5色と豊富であり、シックな色からポップな色まで揃っています。

ピレネックス

 

日本初登場のピレネックスのホームファブリック。今回紹介したほかにも、伊勢丹立川店7階リビングフロアではピレネックスの素敵なアイテムをご用意。ぜひ、店頭でその魅力を確かめてください。

問い合わせ先
ロイヤルテックス https://www.royaltex.jp

記事の一覧へ