一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 [EYEWEAR]爽やか明るめな細いセルフレームの眼鏡なら顔まわりも軽快になる!

FASHION

[EYEWEAR]爽やか明るめな細いセルフレームの眼鏡なら顔まわりも軽快になる!

2020.03.18

眼鏡に季節はないけれど、厚さや色を変えて、明るく春らしさを感じる顔まわりを作ってみてはどうでしょう?今回は、そんな眼鏡の紹介です。

眼鏡単体で見てしまうと明るさの際立つ眼鏡でも、フレームの幅を細くしたことによりカラーのインパクトが弱まったことで癖なくすっきりと掛けられるのです。ほんのりクリアなオレンジカラーは肌馴染みもよく、定番のブラウンやべっ甲柄と比べると、ほどよく個性を引き立たせてくれます。春を意識した明るいカラーは、爽やかで優しいパパをつくるのにうってつけって訳なのです。 ジャケット3万9000円/アンドレア フェンツィ、ニット3万2000円/ブリューワー(ともにコロネット)

メガネ連載

「細さ」と「カラー」が春らしく軽快な印象を演出!
街には春服が並び始め、新しい季節の到来に向けて準備万端。さて、パパの顔まわりは、衣替えの準備はできてますか?いつもの眼鏡でいいなんて思ったら大間違い! 眼鏡でも季節感を取り入れることは可能なのです。せっかくなら、清々しい気持ちで暖かな春を迎え入れたいもんですよね。
「春らしさ」を顔まわりで表現するにはどんな眼鏡がうってつけか? それが「細さ」と「カラー」なんです。例えば、プラスチックフレームの眼鏡では、フレームの幅や厚みが顔の印象を大きく左右します。肉厚なフレームでは軽快感はだせません。それなら、シルバーやゴールドのメタルフレームはどうか? これは、軽さはありますがビジネス感が否めません。細いプラスチックフレームに爽やかな色が入ることで、軽快な装いが生まれるのです。カラー眼鏡ってキャラたちすぎない?と思う人もいるかもしれませんが、ご心配なく。それは、前述したフレームの細さが解決してくれます。華奢なフレームラインはさほど主張しないので、カラーが上手に顔を引き立ててくれます。着ている洋服と色をさりげなくリンクさせるのもありですね。
ものは試しなので、まずは騙されたと思って掛けてみてください。意外にもすんなりとハマって、爽やかなイメチェンが実感できますから(笑)

ARCH OPTICAL

[アーチ・オプティカル]3万1000円

アイウエアショップが始動させたオリジナルブランド
2018年にスタートしたアーチ・オプティカルは、「コンティニュエ」が立ち上げたオリジナルブランド。写真の「A/a-HEG」は、癖のあるヘキサゴン型を柔和なラインで描くことで掛けやすくし、ほんのりとしたオレンジカラーで肌馴染みの良いナチュラルな質感が◎(コンティニュエ)

メガネ連載

10 eyevan

[テン アイヴァン]5万8000円

眼鏡通も唸る希少なセルロイド製の名作が誕生!
ウェリントン型「No.7Ⅲ」の「カシミアグレー」は、ひなびたグレーが知的な雰囲気。飾りカシメやテンプルチップにはシルバー925、ノーズパッドには天然貝を用い、細部までこだわった素材使いが大人のための一品です。※直営店限定色(アイヴァン PR)

メガネ連載

Lunor

[ルノア]3万7000円

ヴィンテージ感漂う大人のためのシックな一本
細身ながら堅牢な作りが人気の「A5」シリーズ。パントゥシェイプの226は、レンズ幅の低い小ぶりなサイズ感がクラシックムードを漂わす。明るいイエローでもフレームが細いため決して悪目立ちはしません。(グローブスペックス エージェント)

メガネ連載

GLCO

[ジーエルシーオー]3万円

エアリーさが上品な西海岸ブランドの雄
力強さのあるスクエアシェイプも、GLCOにかかればこの通り。「JUSTICE-CH」は、華奢なフレーム幅と角に丸みを持たせ、さらにシャンパンのように透き通った上品なカラーリングにより威圧感は皆無。すっきりした掛けこなしが可能です。(G.B.ガファス)

メガネ連載

ayame C_TOKYO

[アヤメ・シー・トーキョー]3万5000円

恵比寿の名店とタッグを組んだ話題の眼鏡
「大人ための東京スタイル」をテーマに、アヤメとコンティニュエが協業したカプセルコレクション。クラウンパント型「SPIKE」をベースに、より小ぶりにリシェイプ。ジャストフィットなサイズと明るいカラーがモダンな一本です。(コンティニュエ)

問い合わせ先
コロネット ☎03-5216-6521
コンティニュエ ☎03-3792-8978
アイヴァン PR ☎03-6450-5300
グローブスペックス エージェント ☎03-5459-8326
G.B.ガファス ☎03-6427-6989

筒井義昭/撮影・人物 島本一男(BAARL)/撮影・静物 向後信行(JANEIRO)/ヘアメイク 河又雅俊/編集・文・スタイリング

記事の一覧へ