一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 4月14日はオレンジデー!オレンジを使った"旅するチーズケーキ"第三弾を発売

DINING

4月14日はオレンジデー!オレンジを使った"旅するチーズケーキ"第三弾を発売

2020.04.14

yolozが、シェフの山﨑真人氏監修のもと、ブラッドオレンジの生産者である児玉恵氏(愛媛県宇和島市)が提供するブラッドオレンジと、Beasty Coffee by amadanaが提供するコーヒー豆を使った「旅するチーズケーキ with Beasty Coffee」の販売予約をスタート。

「旅するチーズケーキ」とは
各地のフルーツ生産者の方々と"旅するシェフ"こと山﨑真人氏による、毎月行われる期間限定のチーズケーキのコラボレーション企画となります。弊社の「生産者の"想い"を消費者に届ける」というビジョンのもとにスタートしたサービスです。
購入者と生産者の想いが繋がることを目的としており、産直のフルーツと生産者の方々の想いを、yolozがチーズケーキに乗せて、届けます。なお、購入したチーズケーキにはがきが同梱されており、購入者から生産者の方々へ想いを届けることができます。  
オレンジデーとは
4月14日は第3の愛の記念日“オレンジデー”となっています。“オレンジデー”とは、 日本記念日協会に登録されている記念日です。 大切な人にオレンジやオレンジ色のプレゼントを贈り、 お互いの愛や絆を確かめる日で、 バレンタインデー、 ホワイトデーに続く、 “第3の記念日”と言われています。

旅するチーズケーキ

第三弾「旅するチーズケーキ with Beasty Coffee」について
4月14日がオレンジデーということで、愛媛県産のブラッドオレンジと、奥渋でショップ展開をするBeasty Coffee by amadanaのコーヒー豆を使った、大人なチーズケーキです。ブラッドオレンジは、果汁が豊富で深みのある品種の”モロ"をふんだんに使い、チーズの香りをグッと引き立て、味に深みを出すビターなコーヒー豆をアクセントに加えました。
ホール: ¥4,500(税込)ハーフ: ¥2,500(税込)予約先URL: https://hacari.theshop.jp/

旅するチーズケーキ

生産者の児玉恵氏
「若い人たちが夢をもって柑橘経営に携われるよう、ブラッドオレンジを介して 産地を育成し、魅力ある宇和島に少しでも貢献したい」という児玉さん。1991年のオレンジの輸入自由化を受けて愛媛の柑橘栽培について考えたときに、地球温暖化による気温の上昇を活かしてブラッドオレンジの栽培に取り組み始めました。そんな児玉さんが生産する宇和島ブラッドオレンジは最高峰。特に、今回チーズケーキに使用する”モロ”は、赤みが強く、コクのある甘みや濃厚な香りを持っており、スイーツに重宝されている品種です。

旅するチーズケーキ

Beasty Coffee by amadana
「ビースティーコーヒー」は、インテリアとして、道具として、部屋に置いておきたい、人に伝えたい。そんな気持ちになる、プロが使えるコーヒー器具や生産者から届けるコーヒー豆を提供するブランドです。店舗URL: http://beastycoffee.com/

旅するチーズケーキ

山﨑真人氏プロフィール
1984年、新潟生まれ。
都内の飲食店で10年ほどシェフをした後、恵比寿にYというお店をオープン。
3年で一度店を閉める・その後メキシコ・ペルー・イギリス(ロンドン)・フェロー諸島・アメリカ(サンフランシスコ)と世界5カ国を回りながら、各地にてシェフをする。ペルーのレストランは、「ラテンアメリカベストレストラン50」(https://www.theworlds50best.com/latinamerica/en/list/1-50)にて常にトップ5に入るCentral。
帰国後は、日本国内の様々なレストランとコラボレーションイベントを開催。
2018年に行われたコンテスト「RED U-35 2018」(https://www.redu35.jp/chef/1187/2018/?bmb=1)にて「2018 SILVER EGG」を受賞。
今現在は、顧客宅のディナー会、各企業へのケータリング、食関連のコンサルタントなどを行なっている。

コロナウイルスの影響でなかなかお出かけのできない状況となりました。そんな今だからこそ、チーズケーキと美味しい果物で味覚の旅を一緒にしませんか!

予約先URL: https://hacari.theshop.jp/

記事の一覧へ