一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 [BIKE] 数々のレースで大活躍!圧倒的に速くて強い!ストリートでも王者の風格な「 KTM」

CAR

[BIKE] 数々のレースで大活躍!圧倒的に速くて強い!ストリートでも王者の風格な「 KTM」

PR 2020.04.24

ダカールラリー18連覇やMotoGPTMでの活躍で有名なオーストリアのスポーツバイクメーカーKTM。そんな本格派のバイクを普段の自分を脱ぎ捨てて乗ってみては?

数々のレースで大活躍!圧倒的に速くて強い!ストリートでも王者の風格

プランターのミニトマトをこまめに面倒みたり、ママがお疲れだったりしたら家事を引き受けるような良きパパにこそ、このKTM 1290 SUPER DUKE Rがお似合いです。何故なら…!?

KTM
レザージャケット8万9000円、Tシャツ1万1800円、パンツ4万2000円、シューズ4万円/すべてディーゼル(ディーゼル ジャパン)ヘルメット7万9500円、グローブ7976円/ともにKTM(KTM Japan)

KTM 1290 SUPER DUKE R
KTM 1290 スーパーデューク R
217万9000円※税込み
フルモデルチェンジした野獣はクールなパパが乗りこなしたい

ネイキッドモデルですから、レーシングスーツではなく、カジュアルファッションで乗りたいもんです。フレームワークのオレンジ色を、コーディネートの“差し色”にするのがポイントです。ホイールベース:1497mm±15㎜、車両重量:約198kg(半乾燥)、エンジン:水冷DOHC8バルブV型2気筒、総排気量:1301cc、最高出力:180ps/9500rpm、最大トルク:140Nm/8000rpm、トランスミッション:6速、タンク容量:約16ℓ、シート高:835mm。(KTM Japan)

パパライダーにとってバイクは非日常的な乗り物であり、普段と違う自分を見つける道具でもあったりするわけです。となると、自分のキャラと対極にあるバイクほど、〝乗り物〟としても〝道具〟としてもその効果は大きいと言えます。だからこそ、ニックネームがTHE BEAST、つまり「野獣」のバイクが、意識高い系のクールなパパの方が圧倒的にハマるのです。

KTMが素晴らしいのは、野獣をきちんと躾けて、エキサイティングでありながら、じつに乗りやすく仕立てているところ。フルモデルチェンジした2020モデルの1290 SUPER DUKE Rはシャシーやスタイリングが新設計となっただけでなく、全面的に軽量化が施されました。また、数あるバイクメーカーの中でも、サポートデバイスを積極的に装備して、誰もが180psを存分に、そして安心して楽しめるモデルとなっているのです。つまり、「野獣」がより乗りやすく、よりスポーティに生まれ変わったということ。しかも余計なカウルなど一切まとわないネイキッドバイクだから、意識高い系パパライダーにはお似合いではありませんか! 普段は柔和なパパがアクセル握った途端にウィリーしながらカッ飛んでいく、なんてシーン…。すなわちジキル&ハイドな取り合わせが冒頭の理由です。

KTM
KTM
装備もサポートデバイスも ハイエンドらしい贅沢さ! スマホとの連携も可能。情報量の多さはもちろん、グラフィックのカッコよさもオーナーには嬉しいポイント。また、剛性をアップした新型フレームとリンク式 のリアサス採用で路面追従性を向上させ、誰もが180psを安心して楽しめます。

KTMKTM 1290 SUPER DUKE GT
KTM 1290 スーパーデューク GT 
236万円※税込み
旅の行程までもが楽しさに満ち溢れます!

非日常をバイクで味わうなら、旅に出るのも悪くありません。フロントスクリーンで高速道路の走行も苦にならず、また豊富なラゲッジのオプションを活用すれば、ママと一緒に日本一周だって夢じゃない!? ワインディングでも最高に楽しめます!(KTM Japan)

 

KTMKTM 1290 SUPER ADVENTURE S
KTM 1290 スーパーアドベンチャー S 
203万6100円※税込み
こう見えてストリートも得意分野です! 

都会で高性能なSUVを乗りこなすように、あえて冒険バイクでストリートを駆け抜ける... KTMの得意技! フロントタイヤを19インチとすることで、オンロードでの走りやすさもキープ。 もちろん、サスもたっぷりしてますから、乗り心地もバッチリ。(KTM Japan)

 

KTMKTM 1290 SUPER ADVENTURE R
KTM 1290 スーパーアドベンチャー R 
218万9900円※税込み
KTMといえばダカールラリーでしょう!

砂漠の過酷なレースで18連覇を果たしたKTMのマシン、そのDNAを受け継いでいる逞しい冒険バイク。それでいて、低速域で乗りやすいエンジン設定や、車格の割に軽い車重などなど、パパライダーが安心して乗り出せる性能が素敵です。(KTM Japan)

問い合わせ先
KTM Japan ☎03-3527-8885

RELATED

記事の一覧へ