一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 くまの人形を抱いたクマのある男性

LIFE

パパの目の下のクマは、どうしてあるの?これでクマとはおさらば!「クマ別アプローチ」編

2020.05.18

顔のパーツの中でも「目は口ほどにものを言う」と言われるほど目元は顔の印象を左右する大事なパーツです。そんな目元の印象を悪くしてしまうのが目の下クマ。「体調は万全なのに、どうしてクマが?」と思ったことありませんか。クマのケアをしっかりと行い、毎朝鏡で目元を確認してため息を打つ日々に終止符を打ちましょう。

一種類ではない目元のクマ

クマに悩む男性

目の下のクマは一体どのようなメカニズムでできるのでしょうか。一般的には、疲れていたり十分な睡眠が取れなかったりすると、クマが出来るイメージかと思います。

しかし「疲れているわけでも、寝不足なわけでもないのにクマが取れない」という方もいらっしゃるはず。実は、疲労・寝不足のみがクマを引き起こす原因ではないのです。

そもそもクマは一種類ではないのです。原因別で分類するとクマは全部で三種類。「茶クマ」「青クマ」「黒クマ」に分けられます。

クマの見分け方

ご自身のクマは、どのクマに分類されるのでしょうか。クマの見分け方を紹介します。目尻を優しく横に引っ張った状態と上を向いた時のクマの見え方を確認しましょう。

目尻を横に引っ張っても、上を向いても何も変わらないという方は「茶クマ」タイプです。
目尻を横に引っ張った時、クマは薄くなっても完全には消えないという方は「青クマ」タイプ。「青クマ」は日によって見え方が違うのも特徴です。
上を向くとクマが薄くなるという方は「黒クマ」タイプに分類されるでしょう。

ご自分のクマが何色か確認できたでしょうか?

クマ別アプローチ

ご自身のクマのパターンを知らず、良かれと思ってマッサージしてみたり、冷やしてみたりしていませんか?自分のクマに合った対策法で対処しなければ、かえってクマを悪化させてしまうこともあります。

それぞれのクマの原因と対策方をご紹介しますね。

茶クマの原因と対策法

茶クマは、皮膚の色素沈着や古い角質によるくすみがも原因です。紫外線によるシミや、過度に皮膚に与えてしまった刺激が色素沈着に繋がります。例えば、花粉症などのアレルギーから引き起こる痒みで無意識に擦ってしまったり、洗顔時にゴシゴシしてしまったり。そんな些細なことの積み重ねで色素沈着が悪化してしまいます。

茶クマの解消には、この色素沈着を解消しなければいけません。美白効果のあるアイクリームなどを使用して、目元の美白に努めましょう。加えて、肌のターンオーバーを促進させ、色素沈着を解消する方法も有効です。ターンオーバーを促すために、目元の保湿も念入りに行うのがいいでしょう。ターンオーバーに必要な栄養素「ビタミンC(アスコルビン酸)」を含む食材を摂取することもおすすめです。ビタミンCは、赤ピーマンや、黄ピーマン、そしてブロッコリーなどに豊富に含まれています。

また、普段から紫外線に気をつけることや、目を擦らないなどの予防も大切です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ビーバー🎂(@harurun.1221)がシェアした投稿 - 2019年11月月5日午後5時17分PST

美白効果を与えてくれる成分に「ビタミンC誘導体」というものがあります。実は、ビタミンCを直接肌に塗っても角層のバリアによって浸透しにくく、その効果は得られない上に、非常に不安定な成分で化粧品に配合することができません。それを肌に浸透しやすく、化粧品にも配合できるように安定させた成分が「ビタミンC誘導体」です。

このビタミンC誘導体が多く配合された「パーフェクトCアイクリーム」は、茶クマ対策におすすめです。

パーフェクトCアイクリーム
URL:http://bijinpuro.hw.shopserve.jp/

青クマの原因と対策法

青クマは、睡眠不足や疲れから引き起こる目元の血行不良が原因です。まぶたは顔の中でも特に皮膚が薄く、血液の滞りがはっきり現れ、それがクマになります。

青クマを解消するには、目元の血行を促進する必要があります。蒸しタオルと冷えタオルを交互に目元に当てて血の流れを促しましょう。蒸しタオルは濡らしたタオルをレンジで30秒ほど温めて用意し、冷えタオルは濡らしたタオルを冷蔵庫で冷やしてご用意ください。冷やす工程は、清潔なスプーンを代用することも可能です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

LIMONE+(@limone_plus)がシェアした投稿 - 2018年11月月19日午後3時38分PST

青クマの方には、遠赤外線を発生させるノンクマシールはおすすめです。遠赤外線による保温効果は、寝不足や疲労によって悪化した血行を促してくれるはず。ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

ノンクマ
URL:http://www.nailbn.com/shop/products/detail.php?product_id=3420

黒クマの原因と対策法

黒クマは、目の下のくぼみによってできた影が生み出すクマです。顔のむくみや、加齢などによる下まぶたのたるみがこの黒クマの原因。目元のたるみは眼輪筋を鍛えることで改善していきます。さらにコラーゲンを促すケアを心掛けるといいでしょう。

アイケア商品を選ぶなら、レチノールやビタミンC誘導体、ペプチドなどの成分が入った品を選ぶといいでしょう。黒クマにお悩みの方は、トレーニングと並行してこれらの成分を配合されたアイクリームでケアしてみては。

MADURO ONLINE 編集部
滝波航河

記事の一覧へ