一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 ゴルフでモノトーン?コースで品よくみせる秘訣とは

FASHION

ゴルフでモノトーン?コースで品よくみせる秘訣とは

2018.06.07

スポーツウェアと聞くと、ついビビッド&アクセントカラーを思い浮かべがち。でも、そろそろ子どもっぽい色使いのウェアは卒業しませんか? アラフォー港区パパのこれからは、モノトーンで楽しむのも悪くないのです。

今、ゴルフにモノトーンが効くワケ

スポーツミックスがトレンドを牽引している昨今。カラフルな色使いを楽しむ人が散見されます。確かに、コーデに派手色を取り入れるとスポーティに見えるのはもちろん、春夏らしい軽快さも漂い、気分も上がるってものです。

しかし、ファッションに関する様々なスタイルやテクニックをひと通り経験してきたアラフォーには、モノトーンが注目なのです。

扉
右●ポロシャツ2万8000円/セント・アンドリュース(セント・アンドリュース)、ニット1万4000円/キャロウェイアパレル(キャロウェイアパレル)、パンツ2万8000円/マスターバニーエディション(マスターバニーエディション 広尾店)、ベルト1万4000円/ビームス ゴルフ(ビームス&ウィンズ 有楽町)、ハンチング4600円/カンゴール(クリハラ コーポレーション カスタマーセンター)、グローブ、シューズともにオープン価格/フットジョイ(アクシネット ジャパン インク) 
左●ブルゾン5万2000円/シェルボ(グリップインターナショナル)、ポロシャツ1万3000円、キャップ6000円/ともにJ.リンドバーグ(J.リンドバーグ 新丸の内店)、パンツ8900円/アディダス ゴルフ(アディダス ジャパン)、グローブ オープン価格/タイトリスト(アクシネット ジャパン インク)、シューズ オープン価格/ニューバランス(ニューバランス ジャパン お客様相談室)

というのも最近、アウトドアやスポーツといったシーンが、シティやライフスタイルといったシーンとの結びつきを強めています。その代表的な例が、モノトーンアイテムの充実。派手色を使わない、シンプル&シックなゴルフウェアが人気を集めているんです。モノトーンのメリットは、やはり落ち着きと品の良さを示せる点。

とはいえ、全身モノトーンは、ともすればのっぺりと味気なくもなりがち。野暮ったく見えないよう、引き締め効果のある黒をどこかに取り入れるのがおすすめです。

天気の良い日なら、白アイテムをメインに据えると、モノトーンでも爽やかな雰囲気に。意外なメリットとしては、汗染みなんかが目立ちにくいこと。ゴルフは紳士のスポーツですから、そういうことも結構大切だったりします。

 

モノトーンだからって地味なんかじゃない!

モノトーンでも、ニット地の柔らかな質感とショーツスタイルでなら軽快に。

コーデ1
ニット4万6000円/ムニタルプ(グリップインターナショナル)、ポロシャツ1万9000円/ラコステ(ラコステお客様センター)、ショーツ2万9000円/セント・アンドリュース(セント・アンドリュース)、ハット1万2000円/ZOY(タキヒヨー)、ベルト1万7000円/J.リンドバーグ(J.リンドバーグ 新丸の内店)、グローブ オープン価格/フットジョイ(アクシネットジャパン インク)

 

爽やかな白ベースにはちょっとだけ差し色を

青空と芝生に映えるクリーンな白。チェックパンツとさりげなく配したトリコロールで、シックな中に遊びを。

コーデ2
カーディガン3万円、ポロシャツ1万6000円/ともにパーリーゲイツ(パーリーゲイツ)、パンツ1万8000円/ビームス ゴルフ(ビームス&ウィンズ 有楽町)、ベルト8900円/マンシングウェア(デサントジャパン お客様相談室)、キャスケット1万6000円/カンゴール(クリハラ コーポレーション カスタマーセンター)

 

さりげな柄と差し黒で地味グレーをおしゃれに

モノグラム柄と大胆なラインが、ともすれば地味なグレーベースのモノトーンに表情を。カットソーとキャップ、グローブを黒で統一し引き締めを。

コーデ3
スウェット1万2000円、ハイネックカットソー8000円/ともにニューバランス(TSIグルーヴアンドスポーツ)、パンツ2万5000円/パーリーゲイツ(パーリーゲイツ)、バイザー5400円/マスターバニーエディション(マスターバニーエディション 広尾店)、グローブ オープン価格/タイトリスト(アクシネット ジャパン インク)

 

たった2色だけでもこんなにキャッチー

爽やかな白地に、黒のパイピングをアクセントに効かせたパーカー。白と黒に徹した潔いカラーリングでも、こんなちょっとしたデザインが入ることで、退屈には見せません。キャップなどの小物まで白黒で合わせて統一感を演出するのも、洒脱に見せるためのポイント。

コーデ4
パーカー3万2000円/ランバン スポール、ポロシャツ1万5000円、パンツ2万2000円/デサントゴルフ(以上すべてデサントジャパン お客様相談室)、キャップ5600円/パーリーゲイツ(パーリーゲイツ)、2万2000円/アイヴォル(アイヴォル トウキョウ ストア)、グローブ オープン価格/タイトリスト(アクシネット ジャパン インク)

休日ゴルフで浮かれる気持ちはわかりますが、アラフォーにもなって色使いがあまりに奇抜なのは、もはやマナーとして好ましくありませんからね。グリーンに映える色遊びは、女性に任せるとしましょう。

 

 

 

トヨダリョウ/撮影・人物 島本一男(BAARL)/撮影・静物 髙塩崇広/スタイリング

記事の一覧へ