一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 [九島辰也のDRIVEN MADURO]東京、箱根間を快適MAXにドライブ!

CAR

[九島辰也のDRIVEN MADURO]東京、箱根間を快適MAXにドライブ!

2018.10.10

DSオートモビルズ初のSUV、DS 7 クロスバックが日本上陸して数ヶ月。じわじわと注目度が高まってきたのは気のせいでしょうか。ということで、その魅力をロングタームテスト中の九島編集長がレポート。注目の装備はやっぱりアレかな?

DS 7 CROSSBACK

Cセグメントと呼ばれるSUVが乱立する昨今、どのクルマがいいの?

ということで、気になっているDS 7 クロスバックを8月からロングタームテスト中。グレードはグランシック、ボディカラーはブルーアンクル、シートはリヴォリ(レザー)です。

エンジンは2リッター直4ディーゼルターボ。最高出力は177psとフツーな感じですが、最大トルクは400Nmあります。なので、これが運転をラクにしてくれます。ドライブモードをエコにしていなければどの領域からでもグイッと加速してくれるので、高速道路での追い越しに大きく貢献しています。

一番気に入っているのは、やはり乗り心地。ハイドロニューマチックを現代的に解釈した、アクティブ・スキャン・サスペンションが、ふわっとした乗り味を実現しています。

でもってコーナーでは、しっかりロールを抑えて踏ん張るから絶妙です。東京、箱根間を仕事で日々往復しているので、これはありがたい。フランス車の美点にうっとりですね。

DS7クロスバック

 

スタイリッシュなフォルムを
演出する20インチホイール

DS7クロスバック
グランシックの標準タイヤはなんと20インチ。格好いいホイールデザインは見かけをよくするだけでなく快適な乗り心地を具現化する。ソーシックは18インチがスタンダード。こちらもホイールデザインはグッド。
DS7クロスバック

 

トルクフルな走りと
燃費が魅力!

DS7クロスバック
パワーソースは2リッター直4ディーゼルターボ。トルクもさることながら燃費も注目ポイント。いまのところメーターに表示される燃費はリッターあたり11~12キロ。峠ではそれなりに走ってもこのくらいは維持してくれている。今後この数字はもっと高まるに違いないはず?
DS7クロスバック

 

九島辰也/文 プジョー・シトロエン東京/協力

RELATED

記事の一覧へ