一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 家族みんなで楽しむクルマ。3密を避けて家族でアウトドアを楽しむならキャンピングカーも! その①

CAR

家族みんなで楽しむクルマ。3密を避けて家族でアウトドアを楽しむならキャンピングカーも! その①

2020.07.27

キャンピングカーを使うと自分たちのペースやプランで旅ができて、旅費が大幅に節約できます。 しかもアウトドアライフを豪華かつ快適に楽しめるとあって、巷ではキャンピングカーがブームなんです!

機能性&快適性が200点満点!!
モーターホームの代名詞!

WINNEBAGO FUSE 23F

ウィネベーゴ フューズ 23F 1430万円〜(税込)

アメリカ人に「モーターホームって何?」と聞くと、「ウィネベーゴ!」と即答するくらい人気が高い老舗ブランド。個性的なボディにオートキャンプに必要な設備…っていうか、日常生活にも通用する設備がほとんど標準で搭載されているので、究極の快適キャンプを楽しむことができます。ディーゼルエンジンなので、好燃費なのも嬉しい!

ここ最近、クルマで移動し、そのクルマの中で泊まるオートキャンパーが急増し、郊外のキャンプ場や一部の道の駅は彼らが乗るキャンピングカーで大賑わい!
その理由としては、まず旅行の費用が大幅に節約できることが挙げられます。仮にキャンピングカーで東北を旅行した場合、往復800㎞で燃費10㎞/ℓとするとガソリン代は約1万円、高速代は往復約2万円で済みます。一方、家族4人で新幹線や飛行機を利用した場合、軽く6万円をオーバーするうえ、ホテル代もかさみます。
また、新幹線や飛行機チケット、ホテルを事前にしなければいけません。お盆や年末年始などのトップシーズンになると、パパやママの仕事の休みとの調整が超面倒! ところが、キャンピングカーならそういう面倒臭さから解放されるのです。しかも、ペットと一緒に行くこともできるうえ、旅行先の市場などで美味しい食材を購入して、車内で調理して食べるのも嬉しい! そんな自由さが、キャンピングカーの魅力と言えるでしょう。
大きなボディに、デカい冷蔵庫や広いベッド、おまけにシャワー室などを装備した豪華な外国のキャンピングカーなら、ラグジュアリーなアウトドア&旅行が楽しめます。また、トヨタ・ハイエースをベースにしたカスタムカーは取り回しが良く機能的で、バリエーションが豊富でどれもリーズナブルなのが魅力。いずれも家族だけのごくごくプライベートなオートキャンプやドライブ旅行の頼もしいパートナーになってくれるでしょう!

ヴィネベーゴ
ヴィネベーゴ
ヴィネベーゴ

アメリカンテイストに溢れたインテリア
ベッドルームのベッドもリビングルームのテーブル&椅子も、上質でゆったりしているのはさすがアメリカン! さらにシンクやギャレー、水洗トイレなどもとてもキレイで使い勝手がいいのも魅力です。(ニートRV)

MTBやカヤックなどを載せて
アウトドアのフィールドへ出発!

WINNEBAGO HIKE H172BH ウィネベーゴ ハイク H172BH 561万円〜(税込)

ヴィネベーゴ

オフロードタイヤとパウダーコートされた堅牢なフェンダーを装備したトラベル トレーラーです。ボディ外部に取り付けられたエクソスケルトンに、MTBやカヤックなどの“遊び道具”を装着できるのが魅力。また、内部は家族4人が余裕を持って過ごすことができる広さと快適さがあります。※牽引免許が必要です。

ヴィネベーゴ
ヴィネベーゴ

自宅と変わらない(!?)装備がアウトドアの週末をグレードアップ
冷蔵庫や電子レンジ、ガスレンジ、バスルーム、水洗トイレといった機能的で快適な装備が充実。家族4人が楽ラク座れるリビング中央のU字ダイネットシートは、簡単位ベッドに早変わりします。奥にもベッドルームがあります。(ニートRV)

ビッグなキャンピングトレーラーが
アウトドア&旅を豪華にサポート!

WINNEBAGO Micro Minnie 5TH WHEEL 2405RL ウィネベーゴ マイクロミニー フィフスホイール2405RL 715万円〜(税込)

ヴィネベーゴ

全長約8.3m、全幅約2.1m、全高約3.4mのサイズを誇るアメリカントレーラーなので、リビング&ベッドルームは快適そのもの! また、キッチンまわりも広々としていて、余裕を持って料理が作れます。もちろん、広さだけでなく、装備は使い勝手がよく高級感に溢れているのも魅力です。※国産キャブオーバートラックで牽引可能。牽引免許が必要です。

問い合わせ先
ニートRV ☎043-234-5000

記事の一覧へ