一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 有名店のテイクアウトメニュー連載第12回東京・青山/イタリアン「トラットリア ブーカ・ジュンタ」

DINING

有名店のテイクアウトメニュー連載第12回東京・青山/イタリアン「トラットリア ブーカ・ジュンタ」

2020.07.31

新型コロナ感染症が心配で家族で外出して食事はちょっとまだまだ心配という方、多いですよね。そこでおすすめなのが、グルメ有名店が始めたテイクアウトメニュー連載。グルメ通として知られている食作家の園山真希絵さんが実際に食べてレポート。女性ならではの視点でチョイスしたお店は、ママや子供たちの味覚にも間違いなし! 第12回目は業界人からもファンが多い南青山のイタリアン「トラットリア ブーカ・ジュンタ」。

一番の名物と言っても過言ではない石川淳太シェフ曰く、「フィレンツェの街角にあるような、小さくてもお客様の活気に満ちたトラットリアを作りたい」という思いから「Trattoria Buca Junta(トラットリア ブーカ・ジュンタ)」をオープンさせたとのこと。石川シェフは、19歳で単身イタリアへ渡り、フィレンツェを中心に、イタリア各地で約8年間の料理修行。その後、日本へ帰国し、某イタリアンで10年間総料理長を務めて、2008年に満を持して自身のお店「トラットリア ブーカ・ジュンタ」を開店。そして、2017年に現在の場所(港区南青山骨董撮り)沿いに移転なさったという経緯ですが、つまりは、人生の半分以上がイタリアン。

9

そんなイタリア男児が、日本の侍魂を引き連れて作り出す料理は、男気とダイナミックさ溢れるものばかり。今年5月以降は、ランチとディナーでも人気メニューがテイクアウト可能になり、特に、オーストラリア産短角牛サーロインを180gも使った「ステーキ丼(サラダ別添え)」と、メイン具材はその時によって変わる「本日のカレー」が大好評とのこと。前者は、にんにく油と塩・こしょう・胡麻油で調味されたモヤシとステーキが豪快にご飯の上に乗り、しば漬けがアクセントに。自家製にんにく醤油ソースをかけて頂きますが、これだけで夏の暑さを吹き飛ばしてくれそうなパワーフードなんです。後者は、しっかり辛いカレールゥに、赤ワインをこれでもかってほど使用し、且つ、一度食べたら、毎日でも食べたくなるような中毒性あるスパイシーカレー。

1
短角牛サーロインステーキ丼1700円

それらのガッツリ料理に加えて、ぜひ一緒に購入して頂きたいのが、「前菜の盛り合わせ」と「生ハムサラダ」です。どちらもお肉やカレーに足りない栄養素を補ってくれますから。しかも、「前菜盛り合わせ」には、ブロッコリーのアンチョビガーリックソテー・タコのマリネ・鶏レバーパテ・サラミ・生ハムとフルーツ・玉葱とパルミジャーノのスフレ・生ハムと野菜のクネルetc...といった楽しいラインナップが集結し、お酒も進みます🍷また、ステーキ丼に200円だけプラスしたお得すぎる「ステーキカレー丼」という裏メニューがあるそうですが、私はその事実を取材を終えてから知ったので、まだ食べてません…。
なんとしても次回、ステーキカレー丼を求めに行かなくてはです。。。素敵で華麗なステーキカレーに違いないですから(^^)

 

 

4
前菜盛り合わせ1800円
4
生ハムサラダ1400円

 

 

東京・南青山/イタリアン
「トラットリア ブーカ・ジュンタ」
Data

☎︎03-6427-1029
東京都港区南青山6-7-2 VORT南青山11階
営業/11:45〜14:00、18:00〜24:00
※新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。
定休日/日曜

 

業界グルメ通・園山真希絵さん
紹介制飲食店「そのやま」経営者。自ら厨房に立ちながら、ゴーストレストランも手がけ、雑誌やTV出演・著書本出版・商品開発・講演会・料理教室や、メンタル心理カウンセラー・食育アドバイザー・ベビーシッター・六次産業・全国各地の親善大使も務める。

01

記事の一覧へ