一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 ラグジュアリーなマイクロツーリズム!ベントレーコンチネンタルGTで古き良き鎌倉へ

CAR

ラグジュアリーなマイクロツーリズム!ベントレーコンチネンタルGTで古き良き鎌倉へ

2020.09.01

新しい生活様式になって、トラベル様式も新しい提案が…それが、車や電車で近場を旅する、マイクロツーリズム。で、今回、編集長九島が、ラグジュアリーなマイクロツーリズムをレポート。題して「新型ベントレーで古き良き鎌倉へ」。100年の歴史を持つブランドの最新モデル、ベントレーコンチネンタルGT V8は、なぜか古き良き日本の神社仏閣がよく似合います。そのさじ加減が英国流なのかもしれません。

英国人は不思議なもので、古き良き伝統を重んじながら、一方で新しいものを生み出すチカラを持っています。何百年も前の建物に住んでいながら18世紀後半に産業革命を起こしたり、今では世界をリードするITビジネスに勤しんでいます。外野から見ると、そのバランスが絶妙ですね。そんなことを感じたのは、ベントレーコンチネンタルGT V8で鎌倉に訪れたから。この100年の歴史を持つブランドの最新モデルはなぜか神社仏閣がよく似合います。そのさじ加減が英国流なのかもしれません。さて、今回のテストドライブですが、お供したのはベントレーコンチネンタルGT V8、舵を切ったのは鎌倉、逗子、葉山、といった三浦半島方面です。英国で例えれば、ロンドンからブライトンに出向く感じでしょうか。都心から1時間半もあれば目の前に海が広がります。

九島辰也
九島辰也
九島辰也

 

コンチネンタルGT V8はその名の通りV8エンジンを搭載します。日本上陸は今年で、じわじわと浸透し始めました。先にリリースされた12気筒がコンチネンタルGTのフルモデルチェンジということでかなり話題となりましたが、今回はその意味コロナ禍もあり、密かな発売開始といった印象です。ですが、パフォーマンスは相当なもので、最高出力550ps、最大トルク770Nmはドライバーを悦な世界へ誘ってくれます。アクセルを踏むとシートに身体を押し付けられるGフォースとレーシーなエキゾーストサウンドにドライバーは思わずニヤけてしまうことでしょう。最高速度318km/h、0-100km/h加速4.0秒は伊達じゃありません。まぁ、このスペックを公道で発揮することはできませんが、その一部を垣間見ることはできます。

九島辰也
九島辰也

また、このクルマはハンドリングが楽しいのもポイント。12気筒モデルとは異なる操縦する楽しさを与えてくれます。ステアリング操作に対するリニアなサスペンション周りの動きは秀逸です。今回東京からのドライブではその辺を強く感じました。首都高速や横浜横須賀道路でのレーンチェンジもそうですし、朝比奈峠での連続するワインディングでもそうです。レースで勝つためにクルマをつくっていたベントレースピリットは健全ですね。

九島辰也
九島辰也

 

九島辰也

三浦半島はクルマで走るのに楽しいエリアです。地元のクラシックカー乗りが「三浦半島のカタチはイタリアに似ているでしょ!」、とイタズラ小僧のように言ったのが頭に残っています。確かに海岸線のサンセットタイムドライブはそうですし、三崎まで足を伸ばせば海の碧さに心躍らされます。なかなかエキゾチックですね。それにマリーナが多いのも美点。逗子マリーナ、葉山マリーナ、佐島マリーナ、湘南サニーサイドマリーナ、シーボニアマリーナなど多種多様なマリーナが点在します。シーボニアのそばの白髭神社は密かな立ち寄りスポットですね。

九島辰也

宿は鎌倉古今を予約しました。鎌倉市二階堂にある隠れ家的スモールラグジュアリーホテルです。ホテルと言っても古民家を改造したそこはまるで別荘のよう。泊まれるのは2ルームで、それぞれがメゾネットタイプになっているのが個性的です。奥の部屋は蔵を改造して仕立てられました。敷地の半分以上が庭というのも風情があります。四季折々の景色を眺めるのは日本人ならではの楽しみ方。庭に面した縁側でボーッとしたくなります。歩いてすぐのところに鎌倉宮があり、その参道を散策するのもいいでしょう。そこから15分も歩けば、鶴岡八幡宮にも辿り着きます。

九島辰也
九島辰也
九島辰也
九島辰也

そんな鎌倉にベントレーコンチネンタルGT V8を乗り付けます。英国クルーの本社の方々はご存知なんですかね、この素晴らしいマリアージュを。いつかチーフデザイナーにこの世界観を見せてあげたい、なんて気持ちになりました。ラグジュリーかつレーシーなベントレーコンチネンタルGT V8は日本人の持つ原風景によくお似合いです。

ベントレーコンチネンタルGT V8
Spec
価格/2498万1000円(税込)〜
サイズ/全長×全幅×全高4850✕1966✕1405mm
エンジン/パワートレインV型8気筒3996ccツインターボ
最高速度318km/h、0-100km/h加速4.0秒
出力/最高出力550ps/5750rpm、最大トルク78.3kg-m/1950rpm

問い合わせ先
ベントレー コール 
☎︎0120-97-7797
https://www.bentleymotors.jp/

新井康介/撮影 鎌倉古今/撮影協力

記事の一覧へ