一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 旨さ炸裂!ニンニクが香ばしい~!ビールが進むガーリックチャーハン/おつまみレシピ第4弾

LIFE

旨さ炸裂!ニンニクが香ばしい~!ビールが進むガーリックチャーハン/おつまみレシピ第4弾

2020.09.13

ビールを飲みながら食事もとりたいときは、お酒が進むガーリックチャーハンがおすすめです。ニンニクの風味と牛肉の旨味が口の中に広がり、晩酌の時間がより良いものになるでしょう。ここでは、ガーリックチャーハンの作り方のコツからおすすめのレシピまでご紹介します。

ガーリックチャーハンとは

ガーリックチャーハンとは、ニンニクと牛肉を使ったチャーハンのことです。ガーリックライスの味つけは塩コショウのみですが、ガーリックチャーハンには鶏がらスープの素を使用します。ニンニクはさまざまな中華料理で使用されているため、チャーハンとも相性抜群です。


 

ガーリックチャーハンの作り方のコツ

1.ニンニクチップを添える

ガーリックチャーハンには、細切れにしたニンニクだけではなく、ニンニクチップを添えることがポイント。ただし、かすかなニンニクの風味を楽しみたい方は、添えない方がよいでしょう。
 

2.脂身が多い牛肉を使う

脂身が多い牛肉を使うと、ご飯に脂がからまって味わい深くなります。バラ肉や肩肉など、比較的脂が多い部位を選びましょう。
 

3.牛脂を使う

サラダ油では、どうしても植物オイル系の味になるため、中華料理らしさが失われます。牛脂を使えば、油の味ではなく牛肉の味に仕上がりますよ。


 

美味しいガーリックチャーハンの作り方

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Casual Dining Maple(@casualdiningmaple)がシェアした投稿 - 2020年 6月月9日午前12時45分PDT


ガツンとした美味しいガーリックチャーハンは、下準備が非常に重要です。材料と作り方の流れをみていきましょう。

【材料】
ご飯・・・200g
ニンニク・・・1.5片
牛肉・・・50g
白ネギ・・・10cm
鶏がらスープの素・・・大さじ0.8(好みに合わせて調整してください)
粗びき胡椒・・・適量
牛脂・・・1個
醤油・・・少々
 

【作り方】
1.牛肉は食べやすいサイズに切って、軽く塩コショウをする
2.ニンニクは0.5片をみじん切り、1片をスライスする
3.白ネギは刻んでおく
4.フライパンにオリーブオイルを多めに敷き、スライスしたニンニクを揚げる
5.フライパンをきれいにして、中火にかけて牛脂を溶かす
6.牛肉を炒めて、完全に火が通る前に温かいご飯を入れる
7.軽く炒めてから鶏がらスープの素を入れる
8.ご飯がパラパラになったら、ネギを入れる
9.15秒ほど炒めたら火を止めて、お好みで醤油を少々回しかけて混ぜる
10.皿に盛って、ニンニクチップを添える

冷やご飯を使うと、フライパンの温度が下がってくっついたりダマになったりするため、必ず温かいご飯を使いましょう。


 

赤身ステーキを添えるのもおすすめ

赤身ステーキ

もっとガッツリ食べたい場合は、赤身ステーキを添えるのがおすすめです。赤身ステーキを添えるのなら、バターをきかせた焦がし醤油のガーリックチャーハンもよいですね。赤身ステーキは、次のように作りましょう。

【材料】
赤身ステーキ・・・150g
塩コショウ・・・少々
醤油・・・少々
牛脂・・・1個
 

【作り方】
1.赤身ステーキを包丁の刃の反対側で叩き、格子状に隠し包丁を入れる
2.焼く直前に塩コショウを振る
3.フライパンを強火で熱して牛脂を溶かす
4.赤身ステーキを投入して、表と裏をしっかり焼く
5.アルミホイルで赤身ステーキをつつんで5分ほど放置したら完成

焼きあがってすぐにカットすると、肉汁が漏れ出すため、アルミホイルでつつんで休ませましょう。


 

ガーリックチャーハンで上質な晩酌を楽しもう

ガーリックチャーハンは、ガツンとした味わいによって、上質な晩酌タイムにしてくれる料理です。赤身ステーキを添えれば、栄養たっぷりの夕食にもなるでしょう。子供も好む味なので、家族全員分を作って一緒に楽しむのもおすすめです。

LINEお友達登録はこちら

MADURO ONLINE 編集部 
加藤良大

記事の一覧へ