一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 昼はリバーサイドデッキで開放感 夜は夜景でシャンパン&ディナー sumile OSAKA

DINING

昼はリバーサイドデッキで開放感 夜は夜景でシャンパン&ディナー sumile OSAKA

2018.11.01

お友達家族とちょっとした集いがしたい!ってときにぴったりなのが、sumile OSAKA。 開放的なオープンエアスペースで、シャンパンやお料理をワイワイ楽しめます。 心地よい秋風に当たりながら、みんなで楽しく盛り上がりましょう。

川沿いの開放的なデッキで
イタリアンを堪能

大阪の中央に位置する中之島にある若松浜公園船着場を擁する中之島LOVE CENTRAL。大阪市中央公会堂の対岸に位置し、川沿いの景観が美しい絶好のポイントで、こちらに複合施設があります。

そのなかでも、今回ご紹介するのがレストラン sumile OSAKA。

こちらは、全席川面が見える店内に加え、川沿いのデッキでお料理が楽しめます。お料理の内容はイタリアンのコースが中心。

平日はランチコースが1800円~(※土日は2800円~)でいただけるので、ママと子どもたちとの集まりにもぴったりです。昼もいいですが、場所柄、夕暮れ時の空や川、そして大阪の街並みの夕景も美しく、開放的な気分で心地よいひとときが過ごせます。もちろん休日の昼間にみんなで集まって食事なんていうのにももってこい。開放的なオープンスペースでなら、大人はもちろん子どもたちも楽しい雰囲気で食事が進んじゃいます。

因みにお店の名前は中之島LOVE CENTRALの名付け人であるDREAMS COME TRUEの吉田美和のアルバム『beauty and harmony』のシンボルフラワーであるスミレの花をモチーフに、Smileと掛け合わせて「sumile」と名付けられたそう。店内に流れる音楽も毎月DREAMS COME TRUEが選曲しているとのこと。

どの時間帯も大人も子どもも一緒に楽しめるイタリアンレストランで、ぜひ美味しく上質な時間を過ごしてください。

リバーサイドのウッドデッキで
シャンパンからスタート!

sumile OSAKA
開放的なリバーサイドで食べるランチで、ついついお酒も進みます。お料理は季節の食材を使った月替わりのランチで。

 

料理

季節の食材を使用し
美しい見た目に
舌も心も大満足

スミレプレート
前菜の「スミレプレート」はアラカルトで一人前2000円(写真は2人分)。
sumile OSAKA
sumile OSAKA
sumile OSAKA

 

魚や肉、パスタ、前菜など美しい彩りが食欲をそそります。こちらにある写真は4800円のランチコースから。このコースにはスミレプレートも付いています。

ランチは1800円、2800円、4800円のコース。ディナーは4500円、8000円、1万円のコース。ほかアラカルトがあります。

sumile OSAKA「ワゴンドルチェ」
季節のフルーツやデザート、アイスクリームから好きなものを選んで目の前でサーブしてくれる「ワゴンドルチェ」。ママたちに人気のメニューのひとつです。
ドリンク付きで1500円。

 

外観

川沿いの
ウッディな外観は自然と調和

sumile OSAKA
中之島 LOVE CENTRAL 内に位置する sumile OSAKA。大きな窓が特徴的です。隣にはBBQラウンジNOCTURNEやウエディングチャペルがあります。
sumile OSAKA
大阪の中心街、御堂筋からほど近い中之島 LOVE CENTRAL。ここは公園となっており、中にはレストラン以外にクルーズ船の船着場もあり。犬のお散歩やのんびりくつろぐ人も見かけます。夜になるとBBQラウンジなどがライトアップして、お洒落な雰囲気がぐっとアップ。

 

インテリア

店名にちなんだ
パープルを基調とした店内

sumile OSAKA
sumile OSAKAはスミレ色でまとめた落ち着いたイメージ。大きな窓から陽射しが入る開放的な個室もあり、こちらは定員8名。
sumile OSAKA
パーティなど大人数の場合はレストランに隣接したチャペル「crystal vine」を借り切ることもできます。こちらは定員30名。親族の集まりなどにもぴったり。

中之島LOVE CENTRAL
なかのしまラブ セントラル

☎050-3196-3900
大阪府大阪市北区西天満2-1-18
営業/11:00~23:00
62席 1室定員8名の個室あり

ランチコース 平日1800円~、土日2800円~、ディナーコース4500円~。
※sumile OSAKAの情報

https://love-central.jp/sumile/
運営/カトープレジャーグループ

島津 明/撮影
早島芳恵/文

記事の一覧へ