一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 「週末は熱海」に要注目! 新緑の“テラス”が気持ちいいその宿は? 【熱海 ふふ】

VACATION

「週末は熱海」に要注目! 新緑の“テラス”が気持ちいいその宿は? 【熱海 ふふ】

2018.06.07

東京から新幹線で1時間かからない近場であり、今人気上昇中のリゾート、熱海。家族で週末にちょっと足を延ばして温泉を楽しむなら、他人を気にせずのんびり過ごせるスモールラグジュアリーリゾートが正解。家族も楽しめパパもリフレッシュできるリゾート、「熱海 ふふ」をご紹介します。

せっかくの家族旅行、遠くに出かけて親子ともども行き来だけで、ぐったり、なんてことは避けたいもの。でも都内から気軽に行けるスモールラグジュアリーリゾートならそんな心配無用。中でも東京駅から新幹線で1時間足らずで行ける熱海は、近年人気上昇中のリゾートなのです。

とはいえ、家族での旅行となると普通の温泉旅館に泊まって、周囲やカップルに気を使ってぐったり、なんてことに陥りがち。そこでおすすめしたいのが、こちらの「熱海 ふふ」。小さなお子様がいる家族でも我が家のようにくつろげるスモールラグジュアリーリゾートです。

熱海駅から程近くに位置するとは思えない深い緑に囲まれ全26室から成るこちら、初川のせせらぎが耳に心地よく、お部屋はすべて自家源泉掛け流し個室露天風呂付き。家族だけでのんびりお風呂に入れるのです。

そして熱海といえば海。豊かな自然に育まれた魚介類をはじめとする豊富な食材のお料理がいただけます。また、夜の海をバックに打ち上がる花火を、施設内の「月読テラス」からゆったりと座って観賞できるのも魅力。熱海の花火は夏場だけでなく、毎月不定期に開催されており、高い頻度で楽しめます。

大人はもちろん家族みんなが満足できるこんなリゾート、次のお休みに出かけてみませんか。

 

熱海「ふふ」に行くべき6つの理由

1.周りを気にせずゆったり家族だけで入れる個室露天

個室露天
各部屋に露天風呂がついているので、おうちにいるような感覚で入りたいときにすぐに入れます。ガラス張りとなっているので、お風呂に入ったママが部屋で遊ぶ子どもを見ながらゆったり、なんてことも可能。もちろん家族揃って入ってもOK。身も心もくつろげる、スモールラグジュアリーならでは。

2.広々としたお部屋は家族揃って泊まるのにぴったり

部屋
部屋はすべて60㎡以上の、ゆとりあるスイートルーム。2人部屋に子どもと一緒に3人で宿泊しても余裕なのです。また専用テラスが付いているので、外で川のせせらぎを聞きつつのんびり、なんて過ごし方も。旅行で疲れきって帰ったなんてことになりません。枕やベッドは事前申請で好みのものを選べます。

3.ママへのご褒美はラグジュアリーなスパで

スパ
リゾート内には植物エキスを使った高級化粧品で知られるシスレーのスパが。お疲れのママへ日頃の感謝を込めてぜひ! スパで使用されているトリートメントや化粧品は購入も可能。写真は長時間保湿し、クリアな肌へと導くフィトブラン ブライトニング デイリー ディフェンスキット2万9000円。

4.熱海なら、源泉掛け流しの大浴場でしょ

大浴場
ひと口に温泉といっても循環のところもありますが、こちらは湧きだしたお湯をそのまま使用している源泉掛け流し。疲労回復や美肌などの効能があります。内風呂と露天風呂、サウナが楽しめ、湯上がりには脱衣所の麦茶やコーヒー牛乳、ビールなどがフリー。自然派シャーベットも3種類あり、ほてった身体に嬉しい。

5.子どもが喜んで食べられる専用料理をご用意

ご飯
温泉旅館での食事は子にはなかなかハードルが高い。苦手な食材があったり、量が多かったりで、結局残すことになった、なんて事も。でもこちらでは事前に予約すればお子様プレートを用意してくれます。洋食や和食、大人と同じ食材の料理を、などわがままに応えてくれるのです! ※写真はオーダープレート。

6.バトラーが様々な要望をかなえてくれます

バトラー
「熱海 ふふ」ではバトラーシステムを採用。お出迎えからチェックアウトまでのすべてのサービスを通してバトラーがリクエストを聞いてくれます。例えばチェックイン時の案内に始まり、食事の内容のリクエストなどトータルでフォロー。面倒な手間がかからず、ラグジュアリーなおもてなしを受けられます。

 

熱海 ふふ

☎0557-86-3646

静岡県熱海市水口町11-48 

料金:2 名1 室利用時の1 名分料金4 万650 円~(1 泊2 食付、税込み、入湯税別)  

チェックイン:15:00 チェックアウト:11:00

運営/カトープレジャーグループ

 

 

島津 明/撮影 早島芳恵/文

記事の一覧へ