一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 MADURO STYLEの家創り第56回「20代で手に入れた子供4人がダイナミックに暮らす平屋」

RECOMMENDS

MADURO STYLEの家創り第56回「20代で手に入れた子供4人がダイナミックに暮らす平屋」

2020.10.30

家族の幸せな暮らしを約束する、夢のマイホーム。静岡県を本拠地にする納得住宅工房のお客さまには、20代でそんな夢の一軒家を叶えるご夫婦がいます。それは地域だから、納得住宅工房だから、実現可能な夢。今回、クローズアップするのは、静岡・浜松市のMさん家族が6人でダイナミックに暮らす平屋建ての実例。

これから地域で
増えていく平屋建て!
格好いいのはもちろん
子育てがしやすく
暮らしやすさ抜群なんです

今回取材したOさん家族が暮らす浜松市の三ヶ日エリアはみかんの産地。三ヶ日みかんと呼ばれ、愛媛や和歌山に並ぶ名産地。そんな地域で暮らすOさん家族のご主人が5年前に20代で手に入れた夢の注文住宅は、ご実家が代々営むみかん農園の広大な土地に建てた平屋建てでした。みかん農園に囲まれながら、6人家族…20代の奥さまと30代になったばかりのご主人、そして4人兄弟がすべて男の子と…毎日楽しく元気に暮らしている理由は、ダイナミックな平屋建てにありました。平屋建ては、格好良さはもちろん、子育ても最高にしやすい実例が、ここにありました。
「小さい頃から広大なみかん農園に囲まれて、大きな実家で育って、社会人になってからは狭いアパート暮らしも経験して…。やっぱり、いち早く自分の家を建てたい!という強い願望が生まれ、5年前に建てました」と話す、Oさん家族のご主人は、31歳の若きイケメンパパ。今はまだ幼い4人の息子たちに、将来それぞれ部屋を与えることも考えれば、2階建ての一軒家になりそうですが、それでも平屋建てを建てた理由についてお聞きしました。「一番は、単純に格好いいという理由です。家を建てる際に、いろんなwebサイトを調べていたら、ウッドデッキ付きの庭がある平屋建てにたどり着いて、その平屋建ての印象が強く残りました。妻に平屋を建てたいと相談したのですが、最初は反対したんです。しかし、2階までの階段の上り下りがない分、子育ても掃除も1階の1フロアだけの導線なので、すごくラク。しかも、小さな子供が階段から落ちる心配がない。この2つの大きなメリットを説明して、説得したんです」。そんなご主人のプレゼンに奥さまは、「平屋建てと聞くと、昔ながらの古臭いイメージが強かったので、最初は反対だったのです。しかし、納得住宅工房のコンシェルジュの山元さんが提案してくれた平屋建ての設計図が素敵だったのと、主人の熱い想いが心に響いて、私も次第に平屋建てがいいと思うようになったんです」。ご夫婦2人がこだわった点をお伺いすると「寝室、子供部屋、洗面所、バスルーム、テラスなど、すべてリビングダイニングキッチンから直接アプローチできるようにお願いしました。やんちゃ盛りになってきた息子たちに目が届きやすい設計だから、すごく暮らしやすいんです」と奥さま。20代の若さで建てた家なので、息子たちが巣立ったら、もう一度、家を建てたいいうOさんご夫婦。再度建てるとしたら、どんな家にしたいですか?とお聞きしたところ、お2人から同じ答えが返ってきました。「もちろん平屋建てです!」。ゴミゴミした密集した都心から比べれば、はるかに土地代の坪単価が違う地域…悠々とした広さが取れる地域だからこそ「平屋建て」が叶うんです。

1
外装の黒いALCパネルは、ご主人のご希望。リビングの側面が一面窓なのは、テラスとみかん畑が一望できるように。デッキに砂利を敷いたのは、歩いた時にジャリジャリ音がする、防犯上のひと工夫。
3
2
玄関を上がると正面にシューズクローゼット、右には和室と子供部屋、左には子供用のオープンクローゼット、その奥にはリビングダイニングキッチンが広がります。
4
子供部屋は4人の男の子の宝箱。1日中遊んでも飽きがこないほど、遊具やおもちゃが広がっていました。
5
格子のドアを開くと、和室が。赤い和紙で創られたブラインドや銀色のふすまなど、ご主人のモダンな意向が盛り込まれています。
8
リビングに隣接した寝室。モノトーンカラーの壁と凹凸のある無垢のフローリングが好アクセントに。
7
横に並んだキッチンとダイニング。さらにダイニングの横にはリビングが広がります。お子さんがリビングでも勉強できるように、キッチンの対面に設置された机の配置は奥さまのリクエスト。子供が大きくなって使わなくなったら、ここはバーカウンターにも!
7
テラスに設けられた木枠の砂場、ベンチ、ブランコは、ご主人のDIYによるもの。
9

静岡県浜松市で、6人暮らしのOさん家族
ご主人の実家がすぐ近くで代々広大なみかん農園を営んでいることから、その周辺の土地を一部受け継いで、家を建てられたご主人。奥さまと4人兄弟の息子さんたちの6人家族。一番下の弟が走り回れるようになったら、早く6人で釣りやキャンプに行きたいそう。

地域に家を建てたい方、興味がある方は
MADURO STYLEの公式HPへ
https://www.maduro-style.com

公式HPではMADURO STYLEのコンセプトや仕様の解説に加えて、納得住宅工房の建てた家を巡り、その魅力やオーナーさまの感想をまとめた連載「週刊MADURO STYLE」も展開中です。またお問い合わせの方にはうれしい特典も!

01

記事の一覧へ