一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 [クルマ]スマートフォンみたいに新世代のAクラスに話しかけてみて♡

CAR

[クルマ]スマートフォンみたいに新世代のAクラスに話しかけてみて♡

2018.11.15

港区のとある交差点。信号待ちのメルセデス。車内には独り言をつぶやくドライバーが…。 こんなシーンを見かけても、決してアブナイ人だと思わないでくださいね。 これからは愛車に語りかける、ユーザーフレンドリーなメルセデスなのですから。

ウワサの新型Aクラスがついに日本上陸。ローンチは最高出力136ps(100kW)を発生する新開発1.4リッター直列4気筒ターボを搭載するA180から。新世代メルセデスを象徴する精悍なデザインと、AIを活用したマルチメディア・インフォテイメントシステムのMBUXが特徴。

メルセデスベンツAクラス
322万円~479万円
全長×全幅×全高:4419×1796×1440mm
※数値はすべて欧州値となります。(メルセデス・コール)

やばいよやばいよ~って、この前置きも今やスルーされそうですが、見逃せないのがメルセデス・ベンツの新型Aクラスです。なんかもうこの誌面では書ききれないかも…なので、冒頭から飛ばしていきます。

まず、アナログ的にハード面をご紹介すると、新型はホイールベースを30mm延長。よって、先代比で居住性が向上しました。AからAへ乗り換えるだけの魅力があるというか、ランクアップした印象さえ受けます。

そして、サイコーにやばいのが上位モデルにも装備されるマルチメディア・インフォテインメントシステムである"MBUX"を、同ブランドのエントリーカーである新型Aクラスへ搭載したこと(ちなみにMBUXとはメルセデス・ベンツユーザーエクスペリエンスの4頭文字です)。

MBUXを簡単にご紹介すると、アイフォンのSiri、アンドロイドならグーグルアシスタントのようなAIなのですが、ドライブに特化した音声アシスタントなのです。港区パパのために補足すると、このシステムはAIコンピューティングのNVIDIAとダイムラーが互いに専門チームをつくり、大掛かりに開発しているというものです。

で、実際の操作は、タブレットのようなモニターでも行えますが、「ハイ!メルセデス」の掛け声で始動。「暑い!」といえば車内の温度設定を下げることができ、音声入力でアンビエントライトのカラーも変更が可能。アナログ操作を含み使い込むほどにフィット。まさに相棒な新型Aクラスなのです。


ー Point 1 ー

近未来に近づいて
よりパパもママもラクになったテクノロジー

AIを活用した新マルチメディア・インフォテインメントシステム"MBUX"搭載。
使い込むほどフィットするその様は、デキるコンシェルジュそのものかも知れません。

美しい高輝度モニターが並ぶクリーンなインパネ

メルセデスベンツAクラス インパネ
進化したミニマルデザインと申しましょうか、もはやハンドルがなければクルマらしさも希薄な新型Aクラスです。スマホ世代にふさわしい各種操作系など、カジュアルさが魅力の新世代メルセデスなのです。


細部に宿る新世代メルセデスデザインで格上げなAクラス

メルセデスベンツAクラス ステアリング
マニアックな視点で見れば、Sクラスなど上級モデルと同じデザインのステアリングを採用する新型Aクラス。また、エアコンのブロワー口など共通するデザインもチラホラあり、不思議と安心感さえ漂う車内です。


ワイヤレスチャージングを全車標準装備

メルセデスベンツAクラス ワイヤレスチャージング
もはやスマホの充電は、ドライブ中には欠かせない。新型Aクラスには、置くだけで充電してくれるワイヤレスチャージング機能を全車に標準装備している。充電コードを接続しないで簡単に充電できるのはうれしい!


操作系はスススのサーッ! 楽ちんマルチディスプレイ

メルセデスベンツAクラス マルチディスプレイ
エアコンや灯火系、オーディオやナビ設定もMBUXの音声入力でOK! 仕事のグチは聞いてくれませんが、語りかけるほど愛しくなってきます。アナログ操作はスマホ同様、スススのサーッ!でございます。

 

ー Point 2 ー

Aクラスサイズでも
一緒にいる家族がラクになるインテリア&エクステリア

ひとまわり大きくなったボディは快適そのもの。チャイルドシート卒業後も十分に対応してくれます。
また、走りの面でも格上げ効果をもたらしました。


子育て世代はラゲッジも注目しておきましょう!

メルセデスベンツAクラス ラゲッジ
ラゲッジ容量は、先代モデルよりも実用性がさらに向上しました。大は小を兼ねると申しますように、ゆとり=楽ちんでございます。子育て世代は2名乗車でも後席を使いますからね。これはありがたい進化の部分なのです。


ホイールハウスも一工夫。家族に優しい新型Aクラス

メルセデスベンツAクラス ホイールハウス
ホイールベースが30mm延長された恩恵は、車内のゆとりへとつながります。特に後席専門なんて方は実感されることでしょう。港区パパならずともママやキッズも大喜びです。乗降性のいいボディ形状にも注目です。

 

適正サイズに進化したライフスタイルカー

メルセデスベンツAクラス
新型Aクラスを簡潔に表現すれば、それは時代を先取りした真のライフスタイルカーといえるでしょう。スマホに代表される操作系=日常ですしAIも日進月歩。さらに、ひとまわり大きくなったボディは快適そのものです。


問い合わせ先
メルセデス・コール ☎0120-190-610

教重誠一/文

RELATED

記事の一覧へ