一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 【化粧パフ生地を使ったマスク】ふわふわなめらかで、肌荒れや不快感にさよなら!

NEWS

【化粧パフ生地を使ったマスク】ふわふわなめらかで、肌荒れや不快感にさよなら!

2020.11.21

オーシンは、化粧パフを採用した「PUFF MASK」を販売開始。マスク着用による肌荒れや不快感にお悩みの方におすすめのアイテムです。

肌トラブルの原因となるマスク摩擦を軽減させる「PUFF MASK」。寝具メーカーの強みである豊富な素材の中から、ガーゼマスクと比較して約2.8倍ものなめらかさを実現する化粧パフを採用しました。

マスク

「PUFF MASK」の特徴
マスクの内側にはやわらかな化粧パフを使用。マスク着用時に発生する摩擦を最小限に抑えてくれます。生地の毛足の長さは、こだわりの3mm。素材はもちろん、肌触りを左右する毛足の長さまで配慮することで、ふわふわ&なめらかな肌触りを可能にしました。

マスク
化粧パフ部分(毛足3mm)の拡大画像。

カラーは清潔なホワイトとアイボリーの2色展開。ビジネスシーンにもマッチするシンプルなカラーです。

マスク生地の摩擦比較試験
摩擦軽減が肌トラブル解消につながることを受け、今回は実際に「PUFF MASK」で使用している化粧パフがどの程度摩擦を軽減できるのかを検証。不織布・ガーゼ(綿)の2つとの摩擦量を比較するための実証実験を行いました。

マスク
実証試験正式名称/表面特性試験。数値が小さければ小さいほど、摩擦量が少ない証拠となります。

平均値で比較すると不織布の約1.8倍、ガーゼ(綿)生地の約2.8倍、化粧パフがなめらかという結果となりました。検証結果から「PUFF MASK」が摩擦レスなマスクであることがわかります。

マスク肌荒れに関するコメント(表参道スキンクリニック院長/松木 貴裕医師)

マスク

マスク生活が続き、肌荒れを訴える患者さんが多くなりました。マスクによる肌荒れの原因は大きく2つあり、1つ目はマスクによる摩擦です。マスクと肌が擦れることによって、目には見えない細かな炎症が起こります。

そこにもう1つの原因であるムレが加わります。呼気によって多湿になり皮膚のバリア機能が低下し、さらに摩擦で炎症が加わることにより肌荒れを起こすのです。マスクの肌荒れを防ぐためには摩擦の少ない素材、湿度が高くなりすぎない構造のものを選ぶようにしてください。

商品名/PUFF MASK
サイズ/普通(約18.5×14.5cm)、小さめ(約17.0×13.5cm)
カラー/ラベンダー(アイボリーパフ)、ラベンダー(ホワイトパフ)、ホワイト(アイボリーパフ)、ホワイト(ホワイトパフ)
価格/1980円(税込)
素材/ポリエステルスムース(外側)、パフ(内側)
販売ページはこちら

●オーシン
☎︎0778-24-5555
http://www.osin.co.jp/

LINEお友達登録はこちら

記事の一覧へ