一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 MADURO STYLEの家創り第58回「MADURO STYLE FLAT(平屋建て)始動!」

RECOMMENDS

MADURO STYLEの家創り第58回「MADURO STYLE FLAT(平屋建て)始動!」

2020.11.20

前回 、MADURO STYLEに加盟する、群馬、長野、埼玉の3社長が集結し、地域の平屋建ての魅力について語っていただきました。さらに、今回、群馬の翼創建の稲津社長と、MADURO STYLE総合プロデューサー兼納得住宅工房の久保代表が緊急ミーティング。で、今回のミーティングで生まれたのが、新しい平屋建てプロジェクト。住宅メーカーの革命児の久保代表と地域の平屋建てブーム仕掛け人の稲津社長の、MADURO STYLE第2章というべき、地域の格好いい平屋建て新プロジェクト「 MADURO STYLE FLAT 」の幕開けです。

久保 当連載で取材をさせていただいた平屋建てのオーナーさんたちは、口を揃えて「お洒落で格好いいから、平屋建てを選びました」とおっしゃっています。平屋建てを選んだ皆さんは、20代後半〜30代の若い世代なんですが、平屋建ては昭和の古臭い住宅ではなく、次世代のラグジュアリー新住宅だと感じているようです。コルビジェをはじめとする、私が敬愛して止まない欧米のモダニズムの巨匠たちの作品は、そもそも平屋建てが多かったという事実もあります。かくゆう私も平屋建てに魅せられているのは、頭のどこかで、その功績を追いかけているのかもしれません。

3

稲津 確かに都市に人口が増えて、家を建てる上で土地価格が高くなって、しかも建築技術が向上して、2階建て、3階建てと、上に伸びていったワケで…。当然、そう考えれば、土地に余裕がある昔は、平屋建てが多かったのです。平屋建ての歴史的建造物が多いのも、うなずけます。

久保 そうですよね。考えてみれば、上に伸びる建物の大代表が、都心の一等地にそびえるタワーマンション。確かに眺望はいいのですが、せせこましい感じがする。同じ眺望の良さでいえば、小高い丘の上に建つ広い平屋建ての方が、優雅さを感じますよね。地域で平屋建てを建てた若い世代は、名よりも実を取る方が格好いいと。つまり見栄だけではなく、暮らしやすさや、ライフスタイルの充実を優先した好例とも言えるでしょう。コロナ禍で、新しい生活様式になり、さらに平屋建ての機運が高まりました。

1

稲津 確かに3密を避けた安心安全面だけでなく、都心のマンションよりも、地域の平屋建ての方が格好いい、ラグジュアリーだという意識に変わってきました。昔は、平屋建てといえば、日当たりの悪い古臭い印象があったと思うのですが、翼創建が平屋建てを推し始めた10年ほど前から、そんな先入観は見直され始め、今や群馬で平屋建ては、誰もが憧れるトレンドとなっています。最近では、これといった理由がなくても、当然のように自然と平屋建てをお選びになるケースが多い。そうすると、ただの平屋建てでは、差別化が図りにくくなってくる。そこで、オリジナリティ溢れた、スタイリッシュな平屋建てを望む。そんな願望を叶えてくれる住宅メーカーといえば…という流れで、弊社の「thinks」の名前を挙げていただけるようになりました。さらに、その評判が近隣に広まっています。また、「thinks」ブランドの平屋建てに住んでいる若いお客さまのご友人にも興味を持っていただいて、口コミ的に広がっていく。そんな風に、平屋建てって格好いい!というイメージがより強く広まっているようです。で、家を建てるなら、翼創建のブランド「thinks」の平屋建てにしよう!というお客さまが増えて…、今や我々が群馬でお受けする受注の6割近くが、平屋建てです。

久保 素晴らしい好循環ですね。今回、この連載の取材陣が、「thinks」ブランドで手掛けた2軒の邸宅にお邪魔させていただきました。その平屋建てのデザインや細部の意匠に感動していました。私も「thinks」さんの平屋建てを拝見させていただき、素晴らしいと思いました。と同時に、納得住宅工房が手がけてきた家創りと通じるところが多いと感じました。

9

稲津 もちろん設計の表現方法で違うところはありますが、地域で家族のサステナブルな幸せ、最上の生活を創る!という、目指しているゴールが一緒だから、自然と共鳴してきますよね! 創っているのは住宅ですが、提案しているのは暮らし方です。我々「thinks」では、コンシェルジュと設計士に加えてインテリアコーディネーターの3人で、お客さまの理想の家創りをサポートします。その点でも、家とセットで家具までインクルーズされる納得住宅工房さんと親和性を感じて、止みません。

久保 納得住宅工房が今、平屋建てに着目しているのも、「thinks」さん並びに稲津社長の影響が多分にあります。「thinks」さんが手掛ける細部のディテールは本当に美しいんですよ。例えば、家のライン取り。どこにも出っ張りがなかったり、窓や天井の高さが揃っていたり…機能美が素晴らしい。他にも、コンセントや巾木の隠し方にまでこだわっているから、どの家もシンプルに見えるんです。稲津社長の元宮大工の経験から現場での指示も的確だろうし、職人さんも指示に対してNo!と言えないのではないでしょうか。

4

稲津 ありがとうございます! 私も当然のことながら、パティオや吹き抜けを多用することで、外からの目に触れることなく、住む人のプライベートが守られた開放感をもたらす納得住宅工房さんの家創りに、一目置いています。いや、家創りだけじゃありません。メディアとタッグを組んで、我々のような地域の工務店をパートナーにMADURO STYLEを展開する推進力、新しい暮らし方の提案力と改革に頭が下がります。でなかったら、私も他の工務店の皆さんも、こんなに加盟していません!

5

久保 でしたら、稲津社長! MADURO STYLEからさらに一歩先に進めて、地域の平屋建てバージョンの家創りをプラットフォーム化して、全国展開しませんか!? 納得住宅工房も、先ほど述べた「thinks」さんのディテールに対するこだわり、平屋創りのノウハウを学ばせていただきたいと思います。MADURO STYLEから派生した平屋建てプロジェクトなので、その名も「MADURO STYLE FLAT」なんて、どうでしょう? 翼創建さんの「thinks」ブランドと共同でプロデュース。部材はMADURO STYLEの最上級品を使いながら、御社の真骨頂たるディテールや仕上げは、ぜひ腕をふるっていただきたく…! この2社のコラボレーションによる、最強の平屋建てが全国各地に建つと思うとワクワクしませんか!?

稲津 久保さんの発想やスピード感には、いつも驚かされます! すごく面白い!! 細かい話を詰めながら、群馬県と静岡県から、全国に平屋建てブームを巻き起こしていきましょう!

06

納得住宅工房
代表取締役CEO
MADURO STYLE総合プロデューサー
久保 淳

1999年、納得住宅工房を設立。静岡県内にショールーム5店舗とモデルハウス3棟を展開。住宅、エクステリアに関する数々の賞を受賞。施主の感性や理想を引き出す設計提案、欧州のトレンドや伝統を取り入れた建材やオーガニック素材、ハイスペックな住宅性能をトータルコーディネートしたオーダーメイド住宅を年間150棟ほど手掛けている。アパレルショップ「ポルタロッサ」のオーナーでもある。https://www.maduro-style.com 

MADURO STYLE 静岡
☎︎054-344-7109
静岡市葵区上足洗3-13-49
 

9

MADURO STYLE群馬
翼創建(thinks)
代表取締役社長
稲津幸司

space creative 「thinks 」というブランドを立ち上げ、工務店のイメージをお洒落に一新する稲津社長。MADURO STYLE群馬のショールームを併設する翼創建のthinks伊勢崎には、海外の有名高級デザイン家電や海外のハイデザイン住宅ブランド商品が並び、カフェも併設。アルフレックスやミーレ、グローエなどの海外ブランドの正規代理店であると同時に、バルミューダやリーデル、レズレーなどのラグジュアリーキッチンツールも手がける、地域唯一のラグジュアリーライフスタイルのセレクトショップ的な役割も果たす。稲津社長ご自身は数々の同業社長たちから慕われる良き兄貴分的存在。

MADURO STYLE群馬
☎0270-32-8411
群馬県伊勢崎市富塚町221-11(thinks伊勢崎)
 

地域に家を建てたい方、興味がある方は
MADURO STYLEの公式HPへ
https://www.maduro-style.com

公式HPではMADURO STYLEのコンセプトや仕様の解説に加えて、納得住宅工房の建てた家を巡り、その魅力やオーナー様の感想をまとめた連載「週刊MADURO STYLE」も展開中です。またお問い合わせた方には嬉しい特典も!?

01

記事の一覧へ