一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 [時計]日本の江戸切子の職人芸と最先端デジタルが合体した次世代時計

WATCH

[時計]日本の江戸切子の職人芸と最先端デジタルが合体した次世代時計

2018.11.19

スマートフォンリンクを搭載し、印象的なブルーが表現されたカシオの新作時計をご紹介します。

カシオの代表作のひとつであるのが電波ソーラーウォッチ「オシアナス」。最もエレガンスな「オシアナス マンタ」から、ブルーが印象的な新作が登場。

OCEANUS Manta-OCW-S4000D [オシアナス マンタ]

オシアナス マンタ カシオ
20万円
ケース径:43.3mm/ケース素材:チタン/防水:10気圧/電波受信方法:自動受信/通信仕様:Bluetooth low energy

こちらなんと江戸切子のカッティング技法が光るサファイアガラスベゼルに、薄瑠璃をイメージした ブルー蒸着で、夕暮れ時の東京の空と街並みを表現。伝統と電波ソーラーウォッチという先進を両立させた革新のスリムモデルウォッチ。

江戸切子は江戸時代から受け継がれている伝統工芸のひとつでガラスの表面に彫刻を施す技法。見た目の美しさや着想の面白さに加え、標準電波受信機能による時計単体での時刻修正、ブルートゥースを利用したスマートフォンリンクによる時刻修正を搭載。またスマートフォンアプリとの連携でワールドタイムの時刻を約300都市から簡単に設定できるという機能面も。厚さ11.4ミリのスリムケースで見た目もスマート。世界限定3000本なので、気になる人は急いで。
 

江戸切子の職人がべゼルの制作・監修を担当

三代秀石 堀口徹氏
今回の江戸切子のべゼルを担当した三代秀石 堀口徹氏

祖父が江戸切子職人であるという環境の下、2008年に堀口切子を創業。伝統的な手法と現代的なものづくりを信条とする。
 

問い合わせ先
カシオ計算機 お客様相談室 ☎03-5334-4869

島本一男(BAARL)/撮影
早島芳恵/文

RELATED

記事の一覧へ