一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 編集長・九島辰也が体験!3世代目となったコンチネンタルGT、ベントレーの懐の深さに感服!

CAR

編集長・九島辰也が体験!3世代目となったコンチネンタルGT、ベントレーの懐の深さに感服!

2020.12.23

最近つくづく思うことがあります。「真の高級車とはなんぞや」ということ。2020年もたくさんの最新型高級車をテストドライブしました。ベントレー、ロールスロイス、アストンマーティン、4シーターフロントエンジンのフェラーリもそうですよね。もしかしたらマクラーレンGTなんかも仲間に入るかもしれません。GTカー、つまり、注目したいのはグランドツアラーの高級車です。そうした中でぼんやり結論が見えてきました。

真の高級車とはドライバーを含む乗員を疲れさせないこと。どこまでも快適に走れるクルマがそうではないかと。運転の上手い下手を問わず目的地まで誘ってくれるのが必要条件かと考えました。まぁ、このクラスのクルマを選ぶのに運転が苦手という方は少ないでしょうが。

九島

そんな見地からピカリと光るクルマがあります。ベントレーです。これまでもこのクルマのGTカーとしての実力には散々触れてきました。新型車が出るたび世界中でそれをテストドライブしてきましたし、今年は春先に京都まで走りました。6リッター12気筒エンジンを搭載したコンチネンタルGTで。いずれもスタートからゴールまで快適そのもの。あらためて振り返ると、ドライバーを疲れさせない走りはダントツかもしれません。

九島
九島

さて、そんなベントレーで今度は奈良までドライブしてきました。クルマはコンチネンタルGT V8コンバーチブル。この冬日本上陸したばかりの新着モデルです。3世代目となったコンチネンタルGTシリーズはご覧のようにさらにスポーティな雰囲気となりました。スリーサイズはほとんど変わっていないのに低く構えたように見えるのはさすがです。デザインの勝利と言っていいでしょう。そしてコンバーチブルの屋根にはファブリックのトップが覆いかぶされます。4層からなるそれは遮音性の高い仕上がりとなっています。効果は言わずもがなですよね。キャビンを静かに保つのは真の高級車の証ですから。

九島

トップは時速50キロ以下であれば走行中も操作できます。その間約19秒。なので、信号待ちで稼働中に青になっても焦ることはありません。ゆっくりスタートすれば大丈夫。突然の雨にも対応できます。それに屋根を開閉する優雅な動きに周りは見惚れてしまいます。寒さ対策は、シートヒーターの他にステアリングヒーターとネックヒーターがあります。首元が温められることで体感温度はグッと上がります。

九島

エンジンは4リッターV8ツインターボを搭載。最高出力は550ps、最大トルク770Nmを発揮します。今回は東名高速、伊勢湾岸道、東名阪自動車道など高速道路中心だったので、とにかくトルクの太さが目立ちました。少ないアクセルの踏み込みで十分走行できます。それに気筒休止システムやコースティング機能もあるので燃費も期待できます。デジタル表示では常に1リッターあたり9キロ以上でした。ACCもありますからそちらを使ってもいいかもですね。

九島

ところで、今回奈良へ向かったのはあるホテルを取材したかったからです。名前はJWマリオット・ホテル奈良。マリオットインターナショナルのラグジュアリーブランドの1つ“JWマリオット”日本初進出のホテルです。客室は16のスイートを含む158室。SPAやインドアプール、24時間利用可能のフィットネスジムを備えます。

九島
九島
九島

また客室をはじめ館内のいたるところに和のテイストが散りばめられます。古都奈良に見合った佇まいですね。例えば、風鈴をモチーフにしたシャンデリアは言い伝えによるところの魔除を意味しますし、バーのミストファイアは伝統行事「若草山焼き」の炎を表しているそうです。シルクロードダイニングの壺のアートは正倉院宝物の二彩の壺をモチーフにしているとか。

九島

考えてみれば、古都奈良には新しいデザインやコンセプトのモチーフになるものが豊富にあります。今回も春日神社、東大寺、そして奈良公園を散策しましたが、あらためて深く感じるものがありました。若草山の夜景も絶景です。

九島

 

九島

ベントレーとJWマリオット・ホテル奈良のマッチングはいい感じでした。2つのブランドは真のラグジュアリーを知る共通点があります。落ち着いた大人の雰囲気がそれですね。

九島

さて、冒頭に記述した「真の高級車とは」の結論ですが、ベントレーでの今回のロングドライブもまた疲れ知らずといったところでした。乗り心地の良さは天下一品。ドライブモードを“スポーツ”にしてもそれは破綻しません。どんなにアグレッシブな走りをしても最後までベントレーの味は貫かれます。このエアサスペンションのセッティングは業界一でしょう。真の高級、真のラグジュアリーを知るベントレーの懐の深さに感服です。

コンチネンタルGT V8コンバーチブル
Spec

価格/2790万7000円(税込)〜
サイズ/全長×全幅×全高4880✕1965✕1400mm
エンジン/V型8気筒3996ccツインターボ
最高速度318km/h、0-100km/h加速4.1秒
出力/最高出力550ps/5750rpm、最大トルク78.3kg-m/1950rpm

問い合わせ先
ベントレー コール 
☎︎0120-97-7797
https://www.bentleymotors.jp/

豊田亮/撮影 JWマリオット・ホテル奈良/撮影協力

記事の一覧へ